社会

2021年5月 1日 (土)

国立病院大阪医療センターの招き猫は眠り猫

 招き猫が寝ててどないすんねん。
Manekinemuri  てなこと思いましたけどここは病院、しかも疫病蔓延な現実思うと…そらそうでんな。吠えて追い返しよるような状況にならんこと心より念じて。いやホンマ。

(於:中央区) 座骨神経痛、ぎっくり腰で購入したコルセット装着でほぼ苦痛なくなる…すごいなコルセット。

| | コメント (0)

2021年4月13日 (火)

耐震補強

 東海道線は岸辺駅で落ち合って現場へという段取りの仕事。疫病蔓延を思えばうめだ界隈は避けたいわと阪急は正雀駅から徒歩で。道すがらふと目に入った建屋がこんな状態でした。
Taishinhokyo1 Taishinhokyo2  危機意識の高さのあらわれ、ちゃんと耐震補強してはります。しかも“見える化”で施工されていて安心あんしん…って。

(於:吹田市) でもやっぱりこれは“耐震補強”やなぁ、うん。

| | コメント (0)

2021年4月10日 (土)

公道上の祠

 楠木大神を思うとこんなの可愛いもんやわなぁ。と思うも…
Hokora2 Hokora1  公道の祠は…ええねんやと。そらまぁ道も守ってくれてはるやろう訳ですから、これでええんです。はい。

(於:住吉区) いちいちあれこれ思うことの方が不健全なんやもしれまへんで。

| | コメント (0)

2021年3月17日 (水)

滑り台、檻の中…。

 所用あって朝歩いてますれば、公園から鶯の声。「大阪の中心部でもウグイス居るんや」と軽くヘェ〜と思いつつ視線を移しますと、遊具がこんな状態に。
Shityokinshi  滑り台が完全隔離されてますわ。まぁ“完全”と言ってもウイルス諸々行け行けですけど。
 近寄り見ればテープに“⚠️きけん立入禁止”の文言。他に“使用禁止”やら“閉鎖中”なる表記もありますわ。小さい字で“一部に破損が認められるため---”とも。「転ばぬ先の杖」なのは重々理解するも、何とも言えんビジュアルやなぁと思いまして。ま、これも“令和な光景”のひとつなんでしょうなぁ。

(於:中央区) まぁこの図見ると“閉鎖中”がいちばんしっくりくる表現かな。

| | コメント (0)

2021年3月11日 (木)

2011年・春の夜のコンビニ。

 何が「The situation is under control」や。東京五輪に関わる今まで起こった諸々の状況は…必然に思えてならんわ。
201103a

 10年前は…気持ちも暗かったけど街も暗かった。それはある意味…今も一緒か。

 

(於:中央区-2011年3月 ここはその後、ローソンになった。

| | コメント (0)

2021年3月 9日 (火)

船場の商工案内地図に制作者の名前見つけ、雑感。

 船場で仕事へ行く前に、ふと目にした社名だらけの看板。
Senbamap1  最初はあまりに社名だらけでそれとは思わなんだんですけどよ〜く見ると、やっぱり付近の案内地図。ひと区画いち社名…ビルも高層化した今ではちと考えられませんなぁ。
 じっくり見ると“吉富製薬”やら“東京三菱銀行”、“大阪商業信用組合”など現存しない社名もちらほら。ま、それよりいちばん懐かしいと思ったのは“吉兆”ですなぁ。縦に吉兆横からも吉兆…“船場吉兆”の諸々不祥事は2007年から2008年のこととか。余談ですけどwikiに目を通すと…改めてびっくりって感じがします。
 ここに記された会社名で調べる限り、この案内板は2000年以前…四半世紀は前のものの様です。で、帰宅後写真を改めて見ますれば、最下部にこんな一行を発見。

Senbamap2

 “この看板は日本商工業案内社の苧坂が制作したものです。

 スマートになりつつも現存するこの手の看板ですが、制作者の名前入りははじめて見ました。名前入りという事実もさることながら、“”みたいな“”の字も気になるところ。「そんな漢字ないやろ」と思いつつも調べますれば“”は“チョ”、“からむし”と読み麻の一種とか。“苧坂”で“おさか,うさか,うざか”の読みがあるそうです…ってそこまで記すこともないですか。
 で、この手の案内板と言うか地図と言うか広告、何げに昔から見てましたけどこれのことを、業者さんは“商工案内図”とか“町内商工案内地図”と名付けてはる様です。今も新しく作られては設置されてますけど、まぁほとんどが出力のそれになってしもて…味わい激減ですなぁ。

(於:中央区) こんな記事もありましたので一応リンク貼っときます。

※関連記事:
北新町六丁目自治会地図』 2020年10月 記
三ッ島(一部)自治会地図案内板』 2020年9月 記
“肥後橋付近図”』 2019年12月 記
肝心の地図読めん案内板、下に明治製菓淀川工場の広告。』 2017年2月 記
駅前にあった付近の案内看板に思うあれこれ。』 2012年9月 記

| | コメント (4)

2021年3月 6日 (土)

分断

 原っぱが分断。“三ツ島の金網”…例えると“ベルリンの壁”。 
Bundan  他所モンの素人には金網の左と右で何が違うのかさっぱり判りませんけど…これが国家レベルになると大きな事柄になる訳ですなぁ。そもそも…何で土地が個人の財産になってるのか、そこがわからん訳で。あんまりそこを突き詰めますればまた逆に不自由な国になるんちゃうかというジレンマもあって。しかし何です、ここははっきりと“見える化”されているからあれこれ思う訳で、そこここがこんな状態なんやなと想像すると…やっぱり変かも。

(於:門真市) ここまでせなあかんこの現実。

| | コメント (0)

2021年2月22日 (月)

公道っぽい私道

 かすれた“とまれ”の路面標示を嗤うがごとく蛍光色で記された“私道”の文字。
Shido1
 “東大阪市”と記されたマンホールの蓋もあって「こんなん…書いてるだけちゃうん」って感じ。
Shido2Shido3 「胡散臭いでなぁ…」と思いつつよく見ると道に境界を示す杭がいくつかあります。そうか…やっぱりこの道の一部は“私道”で間違いないってことなんですね。疑いの目で見たことに反省。ごめんなさいでした。

(於:東大阪市) “料金所”設けなあきまへんな…ってもちろんETC対応のな。

※関連記事:
有料道路、先は砂利道。』 2017年3月 記
大阪市里道』 2016年5月 記
封鎖された道は私有地か…しゃない。』 2015年6月 記

| | コメント (2)

2021年2月19日 (金)

“防犯カメラ設置町内”

 過日たまたま歩いた商店街。見上げれば街路灯の袖にこんな文言。
Anan1Anan2Anan3 商店街の名前は全然目に入ってこなくて…というかそれ以上こころに刺さったのは、キャッチフレーズ(?)の文言。

 “防犯カメラ設置町内

 まぁ…事実を記してあるんでしょう、事実をね。
 しばらく行くとこんどは、

 “安全・安心

 これも事実…いやこれは願望かも。

 ストリートビューで過去に行きますれば少なくとも2013年にはもうこの売り文句(防犯カメラ設置町内)が掲示されています。
 まさに“安全・安心”。そう思う気持ちと薄ら寒なる気持ちと…微妙なとこですわな。

(於:生野区) 防犯カメラ、昔は嫌悪感持って見てたんやが…最近は“安全・安心”思う気持ちの方が強いな。

※関連記事:
防犯ブザーに防犯カメラで監視されたバッテリーふたつ』 2020年1月 記
徹底的に「不法投棄ダメ」を示す歩道の一角』 2014年5月 記

| | コメント (0)

2021年2月 9日 (火)

大邸宅風玄関に堂々PEPSIの自販機

 玄関に堂々PEPSI…これが戦後76年のニッポン。
Jihanki3  ハワイ州に次いで我が国は…悪ノリ失礼。
 仕事で降り立った阪和線は浅香駅。歩きますればこんな光景。大邸宅風情の門前に自販機が置かれていてこれがまた朝日に照らされ妙に清々しくてでも違和感あって。
 奥に目をやるとこれまた違和感あるプレハブな建屋。ストリートビューで過去調べるもわからずじまい。この下にはいま阪神高速が通っている様ですからかつては豪邸があったものの立ち退かれて今に至ってるってことですかな。まぁいずれにせよ玄関に自販機…なかなかなニッポンの光景です。

(於:堺市堺区) Coca-Colaの赤を思うと…PEPSIでまだ調和とれてるんやな。

※関連記事:
堂々の自販機二景、宝塚にて。』 2017年3月 記
玄関前にも堂々の自販機。』 2012年12月 記
ニッポンの春。』 2010年4月 記
奥行きなし、超小粒な酒屋さん。』 2009年3月 記

| | コメント (0)

より以前の記事一覧