社会

2021年2月22日 (月)

公道っぽい私道

 かすれた“とまれ”の路面標示を嗤うがごとく蛍光色で記された“私道”の文字。
Shido1
 “東大阪市”と記されたマンホールの蓋もあって「こんなん…書いてるだけちゃうん」って感じ。
Shido2Shido3 「胡散臭いでなぁ…」と思いつつよく見ると道に境界を示す杭がいくつかあります。そうか…やっぱりこの道の一部は“私道”で間違いないってことなんですね。疑いの目で見たことに反省。ごめんなさいでした。

(於:東大阪市) “料金所”設けなあきまへんな…ってもちろんETC対応のな。

※関連記事:
有料道路、先は砂利道。』 2017年3月 記
大阪市里道』 2016年5月 記
封鎖された道は私有地か…しゃない。』 2015年6月 記

| | コメント (0)

2021年2月19日 (金)

“防犯カメラ設置町内”

 過日たまたま歩いた商店街。見上げれば街路灯の袖にこんな文言。
Anan1Anan2Anan3 商店街の名前は全然目に入ってこなくて…というかそれ以上こころに刺さったのは、キャッチフレーズ(?)の文言。

 “防犯カメラ設置町内

 まぁ…事実を記してあるんでしょう、事実をね。
 しばらく行くとこんどは、

 “安全・安心

 これも事実…いやこれは願望かも。

 ストリートビューで過去に行きますれば少なくとも2013年にはもうこの売り文句(防犯カメラ設置町内)が掲示されています。
 まさに“安全・安心”。そう思う気持ちと薄ら寒なる気持ちと…微妙なとこですわな。

(於:生野区) 防犯カメラ、昔は嫌悪感持って見てたんやが…最近は“安全・安心”思う気持ちの方が強いな。

※関連記事:
防犯ブザーに防犯カメラで監視されたバッテリーふたつ』 2020年1月 記
徹底的に「不法投棄ダメ」を示す歩道の一角』 2014年5月 記

| | コメント (0)

2021年2月 9日 (火)

大邸宅風玄関に堂々PEPSIの自販機

 玄関に堂々PEPSI…これが戦後76年のニッポン。
Jihanki3  ハワイ州に次いで我が国は…悪ノリ失礼。
 仕事で降り立った阪和線は浅香駅。歩きますればこんな光景。大邸宅風情の門前に自販機が置かれていてこれがまた朝日に照らされ妙に清々しくてでも違和感あって。
 奥に目をやるとこれまた違和感あるプレハブな建屋。ストリートビューで過去調べるもわからずじまい。この下にはいま阪神高速が通っている様ですからかつては豪邸があったものの立ち退かれて今に至ってるってことですかな。まぁいずれにせよ玄関に自販機…なかなかなニッポンの光景です。

(於:堺市堺区) Coca-Colaの赤を思うと…PEPSIでまだ調和とれてるんやな。

※関連記事:
堂々の自販機二景、宝塚にて。』 2017年3月 記
玄関前にも堂々の自販機。』 2012年12月 記
ニッポンの春。』 2010年4月 記
奥行きなし、超小粒な酒屋さん。』 2009年3月 記

| | コメント (0)

2021年2月 4日 (木)

昭和なプラ看板 218 ● 大阪府鮓商環衛同業組合貟

 そう言えば見たことあるかもしれんなぁ程度で具体的にどこで見たとかも思い出はなですなぁ。
Sushi1Sushi2 昔一膳飯屋でよく見た“めし”パターンで“すし”と赤地に黒で堂々と記された寿司組合の看板です。上部には“大阪府鮓商環衛同業組合員”の文字。その前にある目玉っぽい意匠は“すし”を図案化したものですね。最後の“”が“”と俗字になっているのも昔っぽくてええ感じ。ですけど食欲をそそる看板かと問われれば…否かなぁ。
 大阪府鮓商環衛同業組合…この名の組合は現存しない様子。よく似た名の“大阪府鮓商生活衛生同業組合”というのがありますので、たぶん組合名が変わったのやないかと思います。
 で、ですわ。一昨日の節分には恵方巻ってことで巻き寿司を食べはった方も多いかと思いますがこの風習、海苔業界が(昭和52年から)仕掛けたというのは某たこ焼き屋さん社長から聞いたことがありますがそれよりもっと以前にこの“大阪府鮓商環衛同業組合”が販促の一環として巻き寿司いっき食べの風習を復活させたのが始まりとも言われているそうです。ま、一応今年も食べましたが恵方向いて食したのはひとくちだけ。こころのどっかに「あほらし」ってのがあってね。

(於:阿倍野区) 残念ながらこちらのお店はもう廃業されている様子。

※関連記事:
“めし”?いや、『ねじ』。』 2009年8月 記

| | コメント (0)

2021年1月31日 (日)

開かずのシャッター

 緊急事態宣言中ってことで今日も家で悶々としつつ暮らしてました。しかしながら暇やなぁと11月の写真を元にブログの記事書いて…あぁアカン。このまま家におると魂にコケが生えるわと3時過ぎより東へ散歩へ。
 イヤホンでラジオ聞きつついつも通り当てなく歩いて1月やというのにうっすら汗かいて気分はスッキリな帰路、「そや、この先やったかも」と行くとそこに…家を出る前に記していたネタの場所が。元々の写真が「何でもっと引いて撮らなんだんやろ…」と悔やんでましたので丁度ええわと再撮影。相変わらず“開かずのシャッター”状態でっせ。
Akazu2  ストリートビューに写るツタは青々の茂りしげり。どっちもカナンですけどこの状態、放火されんかと…心配しすぎかなぁ。
 何げに見てましたけどこれ、シャッターの支柱に絡まって上へ繁茂してるんですんですなぁ…ってそらそうか。ま、ほんま言うとこれまたストリートビューの2年前の図を見て気づいたんですけども。
 で、話戻って…やっぱり篭ってるとアカン性分やわぁと再確認。まぁそやないと、アホげも続けてませんわな。

(於:天王寺区) ラジオシャングリラ”て最初相入れへん番組やわぁ思うも…最近楽しみにしてる自分がいるわ。

| | コメント (0)

2021年1月28日 (木)

落城…靴の病院。

 ちと記事化するのが遅なってしまいました。
 谷町五丁目にあった孤高…孤低(?)の靴修理屋さんのビル、先日所用で前を通りますればすっかり防塵シートに覆われてこんな姿になってしもてました。
Lafesta1 Lafesta3  あぁついに地上げられたのか…って感じ。五階建のビルながら、まわりがどんどんタワー化していって何とも取り残され感があったのは事実ながら「頑張ってるなぁ」とひそかに応援していたのに。あ、その建物自体も応援してましたけど、ここの靴修理に合鍵づくりがこれまたうまいことやってくれはる上に良心的価格やったので商い自体も応援していたのに。その腕を買われてでしょう、全国から宅急便で修理物が送られてきているらしく、店のカウンター上は荷物まみれになっていたのも…もう思い出になってしもたんですなぁ。
 もう既に解体が始まっていて貼り紙も何もない状態でした。ネットで調べるも移転されたのか廃業しはったのかもわからんまま。それがまたさみしいですわ。更地になって「…ん?以前どんな建物あったかいな?」と思うことがほとんどですがここは…違いました。そやっ!これは建て替えかもしれませんで。ヒョロッと細いなりにもタワー化して帰ってくるかもしれませんで…と、勝手な想像をしつつその日を楽しみにしておきますわ。

(於:中央区) 南隣のビルも建て替え始まってる…不要不急の外出控えているうちに。

| | コメント (0)

2021年1月27日 (水)

犬糞罰金一万円

 過日所用で訪れた東大阪は俊徳道界隈。行きますと前に小さく可愛い看板。近寄り見ますればそこには“ 犬 糞 罰 金 一 万 円 ”の文字。小さな見かけながら…なかなかな価格ですな。
Kenpunx1 Kenpunx2  「ええよ、一万円かいな」てな可能性あるかも思えば。賽銭箱よろしく“罰金箱”を置かはったらそれなりに儲かるんちゃうんでしょうかと思ったり思わなんだり。
 ま、いっそのこと“愛犬の排泄ここで承ります”として“処理費:一万円也”とした方が逆に効果バツグンやないかと思ったりするんですけど…どうでしょ?。 ま、「ほな一万円」ってテンコ盛りに犬のババ持って来よる輩がおるやもしれんかと思うと、それも洒落とはいかんかな。

(於:東大阪市) このコンモリ状態は…犬糞換算00万円分くらいやな。

| | コメント (0)

2021年1月23日 (土)

令和三年、冬の公園。

 きょうびの子供はネコと同じってことか。
Mejirojutaku  よろしいなぁ。自然と触れ合いつつ飽きたらブランコにコンクリ小山で発散…とか何とか。この状態にして遊具のメンテはそれなりに万全。“親の気持ち子知らず”…いや、ただの少子化か。

(於:此花区) シュロがまた何とも言えんええ仕事してからに…

| | コメント (0)

2021年1月18日 (月)

法円坂一丁目、1月17日午後3時39分。

 昨日のこと。非常事態宣言中やしと家にこもってるとたまらん不健康な気分になってきてひと気なきところへ散歩に行きますれば、こんな景色に。
2101171539  広大な更地、建って間もない集合住宅に建設中のタワーマンション…いかにもな寒空も手伝って「ここはいつのどこやねん」な感じ。26年前を連想するもその思考回路が何か不謹慎な気もして。しかしまぁ何というかこれも“大阪市中央区”なんやなぁと。

(於:中央区) 「ここらはマスク要らんで」思うも付けた状態が普通になってるな感覚的に。

| | コメント (0)

2021年1月16日 (土)

ママドライ、クターエングに台座だけ。

 あの風キツイ台風でテント吹き飛ばされたか奥から長年隠されていたであろう昔の屋号が露出。
Mamadry1 Mamadry2 “ママドライ”…あぁ懐かしいその響き。具体的に何かママドライと接点があった訳ではないですけど「そう言えばむかし見たわぁ」って感じ。特にこのロゴの持ち味がいかにも昭和は30年代な味わいで…とまぁそっちにつられてその上見ますれば“(ママ)ング”。こっちもまたあんたええ感じでございます。
 台風の被害を愛でてる様な後ろめたさも若干感じつつ改めて全体見ますれば、右端のみシャッターが閉まっていない状態。少し見える格子戸に台座。近寄り確認…これはお地蔵さんの“空家”ですわ。
 台座に“ 蔵 地 卍 命 延 ”文字あるも、その上に祠なし。背景の化粧板にうっすら残る祠の屋根の形に供花なき花立…令和は昭和にあらずかな。ストリートビューの映像では2009年までは神さんはおられた様です。ママドライにクターエングに台座だけの地蔵さん、見どころ満載の…何と罰当たりな。すんませんすんません。

(於:東大阪市) ママドライ、長年“白星舎”に隠されて。

※関連記事:
台座の上に祠なく…』 2018年9月 記
空き祠 2』 2017年4月 記
赤い自販機、祠の中。』 2015年4月 記
出世地蔵尊、お寺へお引っ越し。』 2014年9月 記
空き祠』 2014年8月 記

| | コメント (0)

より以前の記事一覧