写真

2020年1月15日 (水)

雨上がり、大川越しに見たOMMビルだけ晴天の図、午後3時12分。

 都島区某所で仕事終わって外に出ますればポツポツと雨。まぁ大丈夫やろと少し先の天満橋まで歩いたれと行きますれば雨本降りに。しばし雨宿りして天満橋に向かいますと大川越しのOMMビルは青空ですやん。
2001151512  まわりどんよりにしてここだけ青空という不思議な図。振り返り見上げれば北の空には青空が広がって…あぁそういうことね。当たり前な光景ながら非日常な景色やなぁと一枚二枚。ま、それだけのこと。

(於:北区→中央区) 今日の昼食焼飯スープ付290円也。しかも税込。

| | コメント (2)

2020年1月10日 (金)

鈴蘭台南町3丁目、午前9時7分。

 鈴蘭台は…えらい起伏の多い街でんなぁ。
2001100907  昔から何度も耳にはするものの、どこにあるんかとか知らずだった鈴蘭台が今日の仕事の現場。神戸電鉄は鈴蘭台駅からえらい坂登って目的地まで歩いて時間あるしとそこをやり過ごしますれば今度はえらい下り坂。ええ街並みながら、老後には住めんかも…とか思いながら路地を抜け先に進んでちょっと空気が変わった気がして一枚。何がどうってことはないものの、何かいいなぁこういう景色。あ、ちなみにここ鈴蘭台は、全国で最初に“◯◯台”の名がついた住宅地やと先方で聞きました。すごいな、日本初の“台”やて。

(於:神戸市北区) 頭髪部だけの衆議院ふな氏、ええ仕事してくれてはる。

| | コメント (2)

2020年1月 4日 (土)

旧京阪国道牧野駅前、午後3時14分。

 写真見たら、信号“青”ですわ。
2001041514  年末に行けなんだお墓参りに行き帰路、信号待ちのクルマから見える西陽に雲に鉄塔のシルエットに「ええなぁ」と写真撮り始めたら後ろのクルマ(スバルサンバー)に警笛鳴らされて「なんじゃい」ってムカッときましたけど…しょうないですな、これじゃ。

(於:枚方市) 他人に厳しく自分に甘い山本龍造。

| | コメント (2)

2020年1月 1日 (水)

初春のお喜びを申し上げます 令和二年 元旦

 令和最初のお正月…そや、流行語大賞で昨年きっと“平成最後の”ってのが一等賞って思ってましたけど見る影もなし…何なん。
2020
 まぁそんなことはどうでもよろしいか。今年もまぁ世間的にはええ年になることないんちゃうかと思たりして…って我がの心が風邪ひいとるなぁと感じつつの令和二年の幕開け。マイナーながら十有余年のアホげ、見るだけもよし読むだけもよしついでに絡むもよしってことでよろしくお願い致します。

(於:和歌山県白浜町) 今年も356回の記せます様に。(間違いやっちゅうねん)

| | コメント (2)

2019年12月25日 (水)

有田川と夕焼け阪和自動車道から、午後5時13分。

 和歌山県は広川町某所で仕事して帰路、クルマで和歌山駅まで移動。後部座席でウトウトしつつも西の空眺めますれば地味ながら美しい夕焼け。
1912251713  水面に夕焼けが映ってるけどここはどこやったんかなぁとストリートビューで調べますれば、これは有田川ですな。みかんの里、空がみかん色に染まる…ま、こじつけです。

(於:和歌山県有田川町) 帰りは名店多田屋でめちゃええ時間をアホげ民と。自販機にこんな貼り紙、顔認証。

| | コメント (0)

2019年12月24日 (火)

東の空に夕焼け、京阪特急の車窓越しに。

 ぼちぼち仕事納めではありますがまだちと早いと思いつつ「今日しかないわ」で京都は西陣某所へ今年世話になったことのご挨拶に。行きはお歳暮の品の重さに負けて“阪急→京都地下鉄”ルートで入るも帰りは出町柳まで歩いて京阪特急で。「やっぱり京阪ってほっこりするなぁ」と思いつつ夕陽の美しさに左側の席に座ったことが大後悔。けどまぁガラスに映った夕景もそれなりにええなぁと、一枚。
1912241601  やみくもに撮ったらこんな写真に。その時点では「けっ、なんやねん」ってタイミング思ってましたけど結果的にええ写真に撮れたなぁと自画自賛。窓の向こうの東の空に反射した西の夕暮れ。オマケで車窓とわかる踏切のアイテムまでばっちり…こういう気楽な撮り方もデジタル様々ですなぁと改めて思ったのでした。

(於:京都府八幡市) 踏切音、むかし“カンカン”いま“クヮンクヮン”。

| | コメント (3)

2019年12月23日 (月)

// 高さ 3.8m // 200m先信号機あり 寝屋川南料金所下

 京阪は萱島駅で降り、寝屋川に沿って歩いて仕事の現場へ。陽が陰り始めた夕暮れに、吸い込まれそうな空洞がひとつ。
1912231615  無機的なコンクリ構造物ながら、沁み入る湿度を感じるのは…土地柄のせいなのかもと思ったり。まぁそれ以上にシチュエーションがそうさせているんでしょうけど。

(於:寝屋川市) そもそも違和感があるねんな、構想物の存在に。

| | コメント (2)

2019年12月11日 (水)

阪和自動車道東山高架橋、東八田交差点から。

 所用で運転中、信号待ちでふと目にした高架橋が何ときれいなことか。
Hdwhb  これ、阪和自動車道東山高架橋の図。泉北高速鉄道の上を行くからダイナミックなんでしょうか、三味線のバチを思わせる形状の橋脚が奥まで並んでいて気持ちよろしいなぁ。昭和49年竣工の様ですが実質本位でこしらえたものなのかデザイン性の加味したものなのか…どうなんでしょ。クルマの窓越しに撮ってシンメトリーに撮れなんだことを悔やんでましたけど、これの方が良かったなぁと自画自賛。しかしまぁ何とかっこええんでしょ。

(於:堺市中区) こんなん昔はごっついカメラでしか撮れなんだなぁ…

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

秋の終わりと冬空と、午後3時25分。

 東大阪某所で仕事して、歩いてますれば急に雲行きが怪しいなってきました。
1912051525  晴れているのにこの暗さ。公園の木陰で雨宿り。桜の紅葉も数えるほどに。令和元年も、またしかり…

(於:東大阪市) 中央大通と中央環状線交わるあたりは…いつもこんな感じ、心の中は。

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

のぞみ206号からの眺め、午前7時17分米原あたり。

 長野県は松本で仕事…って家を出ますれば朝から雨。新幹線に乗って名古屋へ向かえどずっと暗いままの雨模様続いてますけど仕事になるんかいね。
1912020717  のぞみ206号からの眺めはこんな感じ。絶望的な気分のまま現場に向かいましたけど…なんとかなるんですなぁ。何でもかんでも悲観的な方向へ思いを巡らすって思考回路、ええ加減にせなあきませんで…ってなかなか治らんのが性分ってもんですけど。

(於:滋賀県米原市) 写真にうつる場所がどこやったんか探すの時間かかったわぁ。中央本線沿い勘違いしてたから。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧