写真

2021年5月 1日 (土)

国立病院大阪医療センターの招き猫は眠り猫

 招き猫が寝ててどないすんねん。
Manekinemuri  てなこと思いましたけどここは病院、しかも疫病蔓延な現実思うと…そらそうでんな。吠えて追い返しよるような状況にならんこと心より念じて。いやホンマ。

(於:中央区) 座骨神経痛、ぎっくり腰で購入したコルセット装着でほぼ苦痛なくなる…すごいなコルセット。

| | コメント (0)

2021年4月30日 (金)

大阪城公園の草むら、午後5時22分。

 久々に…十年ぶりくらいかな、写真を撮りに出かけました。
2104301722  家籠りに疲れたとか座骨神経痛が超ひどなって歩いてた方がラクやという理由もあるも、はよ導入せんとマズいでっていう強迫観念があって買ったミラーレス機を使ってみたなって行った次第。以前にも記したことあるかもしれませんが仕事柄使うもカメラにまぁ興味なくて“ちゃんとしたもんやったら何でもええわ”なんですが、今回のカメラに50mmの単レンズを付けたそのフォルムが妙にカッコよくて…この感覚は何十年ぶりかなぁ。
 で、ですわ。使い勝手も画質もすごい。カメラ屋の心意気というか意地を感じます。それはそうと…現状のパソコンでRAWデータの取り込みができませんやん。え…ってことはパソコンも買い換えかいな。物入りやけど…どうしよ。ソフトも買い換えやと思うと、滅入りまんな。

(於:中央区) 50mm単レンズだけ…新鮮やったわぁ。

| | コメント (0)

2021年4月29日 (木)

深い眠りの日産ローレル

 一昨日の朝は、いま話題のお方が市長として君臨してはる池田市で例年お世話になっている仕事。ちょっと早めに池田入り。昔ながらな酒蔵風情の呉春の出荷風景など眺めつつ小旅気分に浸っておりますと、時が止まった一角がありました。
Butaketsu  屋根付きの駐車場にシートで覆われたクルマが一台。ま、それだけではありますがかなり“ずっとそのまま”感がいっぱい。めくり上げてチラ見を許されたところからのぞくその形状に色合いに懐かしい雰囲気が漂ってます。
 ストリートビューに見られる10年前のその全容がなかなか時代がかっていてええ感じ。その後の図はずっと今と一緒。タイヤもへしゃがった状態であること思うとこれからもずっとシート被って眠り続けることでしょう。きっとずっと…ま、願望に過ぎませんけど。

(於:池田市) これは二代目“ブタケツ”って呼ばれてたらしいヤツなんかなぁ。

| | コメント (0)

2021年4月27日 (火)

堂島川に架かる大江橋から水晶橋眺める午後7時

 堂島あたりで16時より仕事。終えてビルから外へ出ればすっかり太陽は西の彼方に。
2104271900  見慣れた景色も薄暮は妙に壮大な雰囲気を醸し出すもんやなぁと堂島川に架かる大江橋から東に向けて数枚撮れば…いかにもな水都大阪な図。ま、それでよし。行き交う人々にはいつもの光景なんでしょうけど。

(於:北区) 写真にすると壮大レスでショボくなる…力不足や。

| | コメント (0)

2021年4月23日 (金)

町工場集まる地にそびえる巨大ダクト

 東大阪市某所で仕事。地下鉄は高井田駅で降りて…それなりに知る場所ながら普段はクルマで通るところ。仕事前、せっかくやからと細めの道へと曲がりますれば、そこにちょっと意外な光景がありました。
Img_1198  工場の多いエリアとは言えここらは町工場かそれよりちと大きい会社が軒を並べるところ。海辺の工場地帯ならともかく、こんなところに…と軽く驚いた訳です。
 でっかいダクトいっぱいすべて下向き。これが排気口やったら「堪忍してぇな」ですが、稼働しているのかどうなのかさっぱりわからん状態。今は所有者も変わったみたいですけど元々確かここは印刷関係の会社の建屋のはず。その業種にこんなでかいダクトが8本も必要なんですかね。
 で、これは吸気口やったのか…あと、廃棄物を搬出する為のモンとも考えられますけど…それももひとつ想像できません。
 ストリートビューで見るとこんな感じ。まぁ、向かいも工場ですから良しですけど、こんなのが家の前にできると…ね。たとえ何も害がなくても視覚的にかなり。ま、毎日が非日常っぽくてそれもええなと思う向きもあるかもしれませんげど。

(於:東大阪市) 仕事先で吸わざるを得なんだ苛性ソーダ等の気体で顔も喉も妙に痒い…問題ないそうやが。

| | コメント (0)

2021年4月20日 (火)

午後6時54分の難波宮

 今日も所用で難波宮の横を歩くことに。都心の原っぱはいつ見ても心地よい景色。
2104201854  とくに薄暮の頃は大阪の街の空気感が喧騒と共に深く立体的に感じられてこころに響きます(個人の感想です)。金網の隙間から数枚撮るもちゃんと撮れたのは一枚だけ。残念というか良かったと言うか。数週間後に入手するカメラはどうやらそんな失敗とは無縁の性能とか。恐ろしく日進月歩。そらぁスマホのそれ思うと当然ですか。いやぁしかし…大変な世の中ですなぁ、色々と。

(於:中央区) “密”とは無縁のこの空間…ってそや、“三密”って早くも死語か?耳にせんけど。

| | コメント (0)

2021年4月19日 (月)

青空に新緑で青々

 二日続きのも雨上がり、今日は朝から日本晴。東西南北どこ見てもいろいろ新緑の眩いこと。ちょっと前まで赤茶けていたツタも当然勢いよく茂ってシュロは幹まで緑々状態。
2104191211  涼しげなのか暑苦しいのか…ま、まだ前者かな。しかしまぁ…やっぱりシュロってヤツは何ともマヌケな味わいがあってよろしいな。あ。もちろん褒めてるつもり。難波宮の昼下がりの図。

(於:中央区) 難波宮南側の金網越しの植物、改めて見ると結構味わいがあるで。

※関連記事:
The 緑化』 2020年7月 記
シュロ、うまいこと別の植物を纏うてる。』 2012年12月 記
シュロ、ツタを着てる。』 2012年5月 記

| | コメント (0)

2021年4月14日 (水)

田川北一丁目7のY字路、午後1時5分。

 阪急は神戸線、神崎川駅で降りて三津屋商店街を歩いて仕事の現場へ。その街並みは自然発生的な地形でええ感じ。
2104141305  向こうの空は雨が降ってきそうな状態にしてこっちは微妙に晴れた昼下がり。Y字路には何げに錆びた風情の木造建屋。区画整理もええんやろとは思うも、歩いているうちに東西南北の感覚が麻痺してくる様な町の方が味わいがあって楽しいってもんです。

(於:淀川区) 淀川以北はあんまり縁がないから余計に非日常的で楽しいんやろなぁ。

| | コメント (2)

2021年4月 9日 (金)

柏村町三丁目、午後6時49分。

 コンビニ裏にも夜が訪れ…当たり前。
2104091849  所用で行った八尾市東部。夕焼けを愛でつつ入った某店舗から外へ出ますとすっかり薄暮。午後7時前という時間を思いますれば陽が長くなったもんです。鉄塔の向こうにかすかに残る夕焼け空。絵に描いたような暗い雲とコンビニ裏の駐車場。何げに沁みる八尾の夕暮れ。高校生の頃とあんまり変わらんなぁ…って、景色がですが、むしろ心の中が…ですわ。

(於:八尾市) 今日的なコンビニできてもマンマかな。

| | コメント (0)

2021年4月 8日 (木)

]◯ ◎◎◯ ◯ ◯◎C

 何げない道端の図。
Oooooooc  木造建屋に錆びたナミイタ、そしてガードレールの廃タイヤ、何げない道端の光景ながら妙に引き込まれるのは…昭和っぽいからなんでしょうなぁ。4月8日はタイヤの日。知らなんだ、忘れるなぁ。

(於:堺市堺区) やっぱりバイアスタイヤが味わいの決め手や。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧