何げな

2021年8月 2日 (月)

昭和に令和も昭和な一角

 阪堺線は寺地町電停で降りて…今日は堺市堺区某所でサクッと仕事。チン電はどんだけ乗っても一律230円。それやったら時間もあるしと仕事後は歩いて歩いて浜寺公園へ向かいました。お昼時ながらなかなかお食事処がなくて…は、どうでもよろしいね。いろいろアホげのネタと出会いつつ、今日のトップ賞は…これかな。
Showareiwa  “トップ賞”てな物言いも古おなんまぁ。まぁ何しかええわぁな一角。“昭和に令和”な図ながら…もう全然昭和やんな感じがよろしいなぁ。スコッと抜けた平成くささ…なんでしょうなぁ。ま、深く考える必要はなさそうです。

(於:堺市堺区) 昨日うちで話題になった“かん袋”のほん近くが現場。くるみ餅の持ち帰り、いちばん小さいので1,000円也。こんな値段やったかぁ? と思うも食べたら不満はさっと消えました。

| | コメント (0)

2021年7月31日 (土)

生野区巽北三丁目17-20の昼下がり。

 何度も前を通るも「ええ感じや」と気づいたのはつい最近。
2107311522  今日も「ええやん」と通り過ぎる前に信号待ち。これはチャンスやんと一枚。やっぱりええ光景。何がええのかコトバにしたいと思う煩悩の傍で「それは無粋やろ」な内なる声も聞こえてきて…ん、確かに。昭和チックなんよねー…あ、語ってしもたやん。

(於:生野区) “サビ”は当然、“セイタカアワダチソウ”も懐かしアイテムになってるなぁとしみじみ。

| | コメント (0)

2021年7月27日 (火)

“ブザーが鳴るとバックします”

 生コン車の後ろで信号待ち。何げに眺めてましたが…あ、懐かしいかも。何が? ってほれ、このフレーズ。
Buzzer  “ブザーが鳴るとバックします

 そうや、昔は当たり前の様に書いてありましたやん生コン車とかトラックとかに。懐かしいわぁ…て、最近の車両には書いてないと言い切れるほどチェックしてるわけでもないんですが。
 映画館やら劇場では耳にしますがそもそも“ブザー”ってもんが何やすっかり昔のモンって感じ。玄関やら勝手口の隅にあるボタン押したら「ブーッ」って鳴ったもんです。それが昭和は40年代後半くらいから「ピンポ〜ン♪」になってその後は電子音へ。話逸れますけどラジオやテレビのクイズもんの正解不正解の音表現が何で「ピンポ〜ン♪」と「ブーッ」になったんでしょうかね。その色分けにすっかり頭ん中が染まっているからうまいこと使い分けたもんやと思う様にも思いますけど、じつにピッタリとも思いますわ。
 きょうびのトラックは…「ピロンピロン〜」の電子音+「バックします、ご注意ください」でしょうか。まぁ…それでええんですけど絶滅近しと思えばあの、時々裏返って妙な音程になるブザー音が愛おしい思えてくるもんです。
 そうそう、“ブザーが鳴るとバックします”を検索すると、ボケかましてるネタがいくつかあって、そのひとつがこんなヤツ。あぁ…そんな感じでしたなぁ上岡龍太郎サンって。

(於:和歌山県紀の川市) 文字が手書きやから余計に懐かしいんやなぁ。

| | コメント (0)

2021年7月26日 (月)

汽車とネコ

 尼崎某所で仕事。その中身は…もひとつな感じ。現場はみんながその気にならんとアカンよね。やり遂げ感薄い中、いつも通り探索してますと公園に一台の蒸気機関車。“ナメクジ”と呼ばれた半流線形のD51の8号機ですなぁ。なかなかええ状態で保存されて…な割に“川崎車両”と記された銘板がパウチされた写真でなんじゃこれ…よりもですわ、ネコがいまっせ、こんなとこに。
D518  運転台と炭水車の間からこっち見てますけど…わかるでしょうか。眠そうにこっち見て…人の気配で起こされたんでしょうよ。すんませんな。汽車とネコ…妙な取り合わせの様でもなかなかええ感じ。ちいとは仕事の現場で感じたモヤモヤも解消されたのでした…ホンマかい。

(於:兵庫県尼崎市) きょうびの子供は動かん汽車見てどう感じるんやろか。

| | コメント (0)

2021年7月20日 (火)

OOoO、隙間から雑草。

 コロナ禍にあってはなかなか遠くが現場の仕事がなくてつまらんところですが最近ボチボチ遠方仕事も復活傾向。まぁ世間のコロナ慣れとあと、“オリンピック効果”でしょうなぁ…って、嫌味ったらしいモノ言いですけど。てなわけで今日は1年半以上ぶりに和歌山で仕事。酷暑の中あんまり歩くと仕事にさわるわとサクッと和歌山駅あたりを歩いてますと、まぁよく見る光景ながらちょっとええなぁと思いまして一枚。
00o0  アスファルトと止水栓(?)の筒とのわずかな隙間に根をおろすセイタカアワダチソウ…こういうのってその隙間にタネが飛んできたのか、それとも舗装前に元々あったのが、わずかな隙間を見つけて顔を出しているのかどっちなんでしょうなぁ。
 丸い止水栓のフタと雑草、それなりにバランスよくて妙にええ感じ…ってそれより、この状態でほっとかされている状態に和歌山を感じますわぁ。いや何となくですけども、ね。

(於:和歌山県和歌山市) どこも空いていたけど…いっぱい呑んで帰る気分にはまだならなんだわ。

※関連記事:
“ど根性セイタカアワダチソウ”に花が咲く』 2015年10月 記
ど根性セイタカアワダチソウ』 2015年9月 記

| | コメント (0)

2021年7月14日 (水)

北浜四丁目の茂み、午後4時12分。

 昨日の仕事中機材不調が発生。早いうちにとレンズ持って修理に行っての帰りしな、歩道で振り返りますれば「ちょっとジャングルっぽいやん」。
2107141612  ってまぁただただ草木が若干好き勝手に生長してる図ってだけのことですけど。昼過ぎにゲリラ的激雨があって傘さすも全身ツンパまでびしょ濡れ。そんな梅雨の末期な湿度が感じられるわぁ…で一枚。ま、それだけのこと。

(於:中央区) ここどこやと調べますれば“北浜四丁目6”…こんな西も“北浜”やとは知らなんだわ。

| | コメント (0)

2021年7月13日 (火)

尼崎センタープール前駅前、午後7時すぎ。

 尼で仕事終えて「飲んでいこか」と駅前のコンビニで缶ビール2本買うと仕事先のお方おつまみ買ってくれて…あぁ懐かしい。元々立ち呑みコロナ禍後駅前でいっぱいやってましたけど、それも「やめとこか」な日々でしたが…「ここは尼やし」と訳のわからん勝手な理由をつけて夕焼け眺めつつあれこれうだうだ。
2107131911 2107131917  何げないひとときなんですけど…ええなぁ。こういうの必要ですよねー。互いにモヤモヤ抱えるもしゃべると楽しいなるもんで…って歳下の氏に説教してへんなんだんやろかと気になるところ。ないつもりなんですけど…ま、気をつけといてちょうどええかもしれません。

(於:兵庫県尼崎市) 6分違いで空の色も変わるもんやなぁ。

| | コメント (0)

2021年7月12日 (月)

向日市寺戸町中垣内、午後4時46分。

 お中元にあら川の桃持って京都は西陣某所へ行っての帰りの信号待ち中、ふと見た景色にあわてて一枚。
2107121646  が、この写真。何に触発されてなのか…これではわかってもらえませんなぁ。こんなんボツや、ボツ…と思うも何か妙にヌメッとした湿度が伝わるなぁと気に入ってきてハイ採用。じつにそれだけ…すんません。で、本来は何を撮りたかったか? ですが、それはクーラーの室外機がまわりをモルタルでびっしり塗り込まれている状態を…やったんですけど。いやカンタンに買い替えできんやん…やからこんな状態であるんでしょうけど。いずれにせよこの写真からそんな情報わからんわ…ってことで、写真を愛でておいてくれたらさいわいに存じます。は?

(於:京都府向日市) 何げない光景もええもんや…いやほんま。

| | コメント (0)

2021年7月 8日 (木)

東海道本線は稲枝駅と河瀬駅の間からの車窓、午前9時29分。

 今日は参ったなぁ。朝から彦根行くっちゅうのに、快速も新快速も全然大阪駅にけぇへんやん。
2107080929  新快速乗ろとホームで待つもどしゃ降りで山陽本線において運転見合わせとかでダイヤ乱れまくり。急遽各駅停車のホームまで走って…密。京都駅からはさらに密度アップ。超かなり早めに着く算段してたのでギリギリ間に合いましたけど…って、他に三田と尼崎から来た人たちはもっと早くに着いていて…みんなの危機意識高さに驚く次第。これでこそ社会人。こっちはただ早めに彦根入りして探索しよと思ってただけのこと思うともう全然ですわ。ちゃんとした大人にならんと…ええ歳してからに。
 写真は彦根駅の手前、稲枝駅と河瀬駅の間からの車窓…らしい。便利ですなぁストリートビューってヤツは。で、奥に見えるは荒神山に手前のは山崎山城跡。焦りと安堵の入り混じった気分で眺めたのでありました。

(於:滋賀県彦根市) 滋賀は土地勘ないから東海道線と湖西線乗り間違ってへんかとかいっつもめちゃ心配。

| | コメント (0)

2021年7月 7日 (水)

梅雨も一ヶ月以上経って…雨の七夕。

 今日は七夕。かつては谷町六丁目やら鴫野駅近くの植え込みに笹見つけ短冊付けに行ったもんですけど大雨の警報出てるみたいってことで、この絵で気分を味わうこととしましょうや。
202107  で…それがこれ。先月持ち直し傾向にあるなぁと思うもまたまた今月もやっつけてるんちゃいますか。笹に短冊、扇風機…このふたつはかろうじてわかりますけど、左端の四色のだんごっぽいもんと右端の目玉っぽいもんがもひとつわかりませんなぁ。うちのひとの見立てでは左のは「スーパーボールすくいとちゃうか?」と。あぁなるほどねーと思うも…4つもすくえませんやろ。まぁ空想上ではできたんでしょうかねぇ。
 ええお歳におなりになられたお子ですから、もう“短冊に願い”てなことも卒業したなぁとちょっとしみじみしてますと、部屋から出てきてその手に色紙。そこには「◯◯◯◯に◯◯できますように」のコトバ。そうかそうか…とりあえず日めくりに貼りましたけどやっぱり小さくても笹を用意すべきでしたなぁ。諸々の風習と年々無縁になっていく…ちょっとしんみりの雨の七夕。

  短冊に願い書くより努力の方が効果あるよ…って、それは言ってはいけませんな。

※関連記事:
今年の七夕は、鴫野の笹薮で。』 2013年7月 記
笹薮に短冊、次いで大川でいのり星…今年の七夕。』 2012年7月 記

| | コメント (0)

より以前の記事一覧