何げな

2020年8月 3日 (月)

葉っぱ顔出すブロック塀が何げにええわ

 どことなく気になるブロック塀の一角。
Blockbei  透かしブロック、塗り込まれたのがふたつ、ちょろっと葉っぱ顔を出すのもふたつ。その配置も微妙で全体的にヌメッとした風合いもまたよろし。塀越しにマキの木いっぽん。どんな坪庭なんかいなと思いを馳せる夏の午後…うそ。

(於:東大阪市) 塞がれた覗き穴…ってところか

| | コメント (0)

2020年7月31日 (金)

透かしブロック全穴塞がれる図

 スマホの画面ではわからんのちゃいますか。まぁそれは仕方ないのでわかるモニタ環境のひと限定の地味ネタです。
Anafusagi  朝イチ所用で訪れた某所の駐車場。そこに面したブロック塀に凸凹がありまして、何かいなと思いますれば透かしブロックの穴が全部塗り込められた状態ですわ。
 そこは住宅街にあってこの駐車場もかつては戸建ての家が建っていたであろうこと思うと、隣家との境界に透かしがあったというのは変わってる様に思うもお隣同士親子兄弟親戚やとあり得る…か?。ちょっと感覚的にわかりませんなぁ…ってことより、こんなに並べて透かしブロックを積んで強度は大丈夫なんでしょうかね。鉄筋も効果的に入れられんと思うんですけど。ま、地震来たら皆さんもここに近づかんことをお勧めします…って、どこの話やねん。

(於:八尾市) カメラ忘れてスマホで撮影…ちょっとコクがない気がする。

| | コメント (3)

2020年7月11日 (土)

煮え切らん天気の町角

 雨残るもくもり、時折太陽まで顔を出す…梅雨らしい煮え切らん天気。
Shimokida12  まさにこんな感じ…ってこれは今日ではなく先月26日の図ですけど何か気分的に今日やなぁと思いまして。
 ざぁざぁ雨にギラギラ太陽糧にヒト空間を侵食するヤツ、管理され続け付けた種を全部取られるヤツ…用水路一本隔てて真逆な世界がそこにある、なんていちいち思ってなかったんですけど。

(於:寝屋川市) ドーナツ化現象てな言葉も懐かしな。

| | コメント (4)

2020年7月 9日 (木)

各々の要素絡んでえぇ一角

 何かがええなぁと思わせている一角。
Hidakagawa1 Hidakagawa2  各々の要素が絡み合って…いちいちの説明は無粋ってもんか。“懐かしい”だけではないねんなぁ。まぁ響かんお方にはつまらん光景やもしれませんね。すんません、いつもながら。

(於:寝屋川市) プラ看板にある“日高川”もこの豪雨で大変な状況

| | コメント (0)

2020年7月 4日 (土)

雨やんでハト小径を行く

 雨上がりの朝の公園、ハトが散歩してまっせ。
Hatonomichi  緑いっぱいの中、密避けつつ列なしてちゃんと“道”を行く…令和のハトは行儀がよろしい、なんてね。ま、たまたまなんでしょうけど妙に癒される図。普段はうっとぉしい存在なんですけども。

(於:中央区) しかしながらここの公園は何でいっつも湿気を感じるんやろ…

| | コメント (2)

2020年7月 1日 (水)

丘の上のトラック荷台はみ出しタイヤきわきわ

 7月に入って京都は西陣某所での仕事も再開。しばらくは実家から向かいます。山越えて奈良は生駒通って…昔は時間も距離も度外視でできるだけ細い道で行ったもんで久々に同じルートで。あぁ懐かしなぁ。ですが田畑や丘、そして道が無くなっていたりでやや戸惑いつつクルマ走らせてますればこんな一角が。
Hamidashi  こんな景色はなかったなぁ…ということよりも、大型トラックの荷台がはみ出て止められているのがちと恐ろしいなぁと思いまして。
 そらまぁタイヤさえ落ちなんだらそれでええのでしょうけど、こんな風に台地の端っこに重量かけて大丈夫なんでしょうかね。大雨とか地震で崩れへんのかいなと。ま、それ以上に視覚的にソワッとしたんですけど、どうです? 写真にするとそれほどでもないかもしれませんけど。

(於:奈良県生駒市) そもそもトコトンきわきわに止める行為自体が怖いがな。

| | コメント (2)

2020年6月29日 (月)

上下分離のマメツゲ

 これはマメツゲかな。何故か上下で分かれてます。
Mametsuge  限られた空間が個性的に品良くまとまってるって感じでええお庭。ぼんやり写真を眺めていたら…そうか、真ん中のマメツゲの隙間は“口”なんかもしれませんなぁ。左右の木の茂り具合と相まって全体で顔に見えんこともない…ややこじつけ。ま「何で?」を提供するだけで充分ですかね。

(於:寝屋川市) 瓦に合わせて青に塗られた面格子もええ感じ。

| | コメント (2)

2020年6月22日 (月)

黄昏し錆色の一角

 二←間違い。槽)式はいまだ根強い人気があると聞くも…
Tasogare …こういう景色にははまり役。脱水機まで従えしかも共に斜め立ち。何というか…妙に完璧な図。

(於:都島区) 青一点が山椒的。

| | コメント (2)

2020年6月13日 (土)

梅雨入りしてました

 ばたばたの日々…そや、そう言えば梅雨入りしてましたな。
R206  今日はまさに梅雨な天気でこの一週間のしんみり気分にしっとりまで加わって…でしたが、そうそう、この絵に救われました。お子は言います「歳児なみの絵やな」と。「いや、歳児や」の返事しますと「けど4歳やったらこんな傘描かれへんやろ」。こんな会話ができる嬉しさ…わかります? 何かええねんなぁ。年頃並みにあれこれ悩んではりますもどっか呑気なお子。今月もあれこれニコニコで癒されるのであります。おおきにな。

  可愛い絵やわ。描き手のキャラが出とる。

| | コメント (0)

2020年6月 8日 (月)

ガラス越しに夕陽雨戸に、午後6時20分。

2006081820 長引く疫病有り余る時間中途半端な実家の断捨離諦め障子張替えにガラス磨き…結果的に良き状態で過ごしてもらうことができること思うとこの状況、悪いこととも言い切れん気もして。あくまでも個人的状況においての話にすぎませんが。

  今日も一日ええ天気。太陽の光の有り難いことよ…って暑てかなんものの。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧