看板

2021年2月13日 (土)

NGK

 NGK…っても“なんばグランド花月”のことやないよ。
Ngk1Ngk2  過日仕事帰りに目にした看板がこれ。ここに昔ながらな風情の自転車屋さんがあるのはもうずっとずっと前から知ってましたけど…こんな看板あったんかなぁって感じ。ストリートビューで調べますと…あぁそういうことかと。かつては軒先のテントが前に降りていて看板類が見えなんだってことなんですね。
 で、この看板。製品と商標のみ記された潔さがたまりませんなぁ。品質と、世間に認知されているっていう自信の裏付けがあるからこそこんな堂々のデザインにできるってもんですわなぁ。いやぁ実に眩しい。
 で、NGK日本特殊陶業のスパークプラグの商標な訳で勝手に社名の英語表記の頭文字を3つ書いてあるんやろ程度に思ってましたら、これは源流企業である日本碍子の略“Nihon Gaishi Kaisha”(…かな)の様で、その発祥は同業の米国チャンピオンの工場見学に端を発しているとのことでプラグの世界シェア30%やとか。知らなんだですわ。余談ながらTOTOノリタケが同グループってのは知るも日本ガイシも同社も同根企業やとは…これも知りませんでした。
 しかしまぁ…スパークプラグって長いこと目にしてませんわ。もう30年は見たことも触ったこともありません。学生時分やら社会人なりたてのころはボンダスーパーカブやスズキキヤリイのプラグをしょっちゅう磨いたり乾かしたりしたもんです。こんにちのクルマはもうどこにプラグがあるのかも知らん状態。そもそもプラグがガソリンでかぶるとかしないもんね。エンジンもさることながらプラグの性能も向上した結果なんでしょうなぁ。イラン心配せんでええ有り難さ…な反面、手をかけんと機嫌よく走らなんだあの頃のクルマにバイクが愛おしく感じますわ。

(於:柏原市) このお店、廃業しはったんかもしれん雰囲気が漂っていたけど…

| | コメント (0)

2021年2月 6日 (土)

世界人類が平和でありますように

 さて、願いの実現に向けて何を掲示しましょうか。
Peace  何の掲示もないこの事実こそが、この願いにいちばん近い形なんかもしれません。いやほんま。

(於:岸和田市) 死後さばきにあう”てなヤツより全然ええわ…って「一緒にすんな」か。

| | コメント (0)

2021年2月 5日 (金)

若竹住宅

 最初は「何と風流な字やこと」と興味持って近寄ったのですが引いて見ても…全体もこの字の世界観があります。
Wakatake1 Wakatake2  形状も色合いも調和がとれてる…格安とは思えませんなぁって、あ、保証金がですか。

(於:住吉区) アロエがまたええ仕事してますわ。

| | コメント (0)

2021年1月30日 (土)

“これがラジアル”なサビ看板。

 バイアスとラジアル…そもそも“ラジアル”って何や?。それは「ええ」ってことやと解釈してますけど…ちゃいまんな。
Radial1 Radial2  で、これ、これがラジアル。と図解されても素人には「すごっ!」とは思うほどの基礎知識おまへんけど。
 とか思いましたけど自分を標準やと思てることが間違ってるかな。そんなとこより見事な錆っぷりに惹かれて立ち止まったのは言うまでもありません。

(於:奈良県大和郡山市) その昔、バイアスからラジアルに変えたら地面に“吸い付く”って感じたんやが…

| | コメント (0)

2021年1月27日 (水)

犬糞罰金一万円

 過日所用で訪れた東大阪は俊徳道界隈。行きますと前に小さく可愛い看板。近寄り見ますればそこには“ 犬 糞 罰 金 一 万 円 ”の文字。小さな見かけながら…なかなかな価格ですな。
Kenpunx1 Kenpunx2  「ええよ、一万円かいな」てな可能性あるかも思えば。賽銭箱よろしく“罰金箱”を置かはったらそれなりに儲かるんちゃうんでしょうかと思ったり思わなんだり。
 ま、いっそのこと“愛犬の排泄ここで承ります”として“処理費:一万円也”とした方が逆に効果バツグンやないかと思ったりするんですけど…どうでしょ?。 ま、「ほな一万円」ってテンコ盛りに犬のババ持って来よる輩がおるやもしれんかと思うと、それも洒落とはいかんかな。

(於:東大阪市) このコンモリ状態は…犬糞換算00万円分くらいやな。

| | コメント (0)

2021年1月16日 (土)

ママドライ、クターエングに台座だけ。

 あの風キツイ台風でテント吹き飛ばされたか奥から長年隠されていたであろう昔の屋号が露出。
Mamadry1 Mamadry2 “ママドライ”…あぁ懐かしいその響き。具体的に何かママドライと接点があった訳ではないですけど「そう言えばむかし見たわぁ」って感じ。特にこのロゴの持ち味がいかにも昭和は30年代な味わいで…とまぁそっちにつられてその上見ますれば“(ママ)ング”。こっちもまたあんたええ感じでございます。
 台風の被害を愛でてる様な後ろめたさも若干感じつつ改めて全体見ますれば、右端のみシャッターが閉まっていない状態。少し見える格子戸に台座。近寄り確認…これはお地蔵さんの“空家”ですわ。
 台座に“ 蔵 地 卍 命 延 ”文字あるも、その上に祠なし。背景の化粧板にうっすら残る祠の屋根の形に供花なき花立…令和は昭和にあらずかな。ストリートビューの映像では2009年までは神さんはおられた様です。ママドライにクターエングに台座だけの地蔵さん、見どころ満載の…何と罰当たりな。すんませんすんません。

(於:東大阪市) ママドライ、長年“白星舎”に隠されて。

※関連記事:
台座の上に祠なく…』 2018年9月 記
空き祠 2』 2017年4月 記
赤い自販機、祠の中。』 2015年4月 記
出世地蔵尊、お寺へお引っ越し。』 2014年9月 記
空き祠』 2014年8月 記

| | コメント (0)

2021年1月12日 (火)

“自分の言った事した事全て(中略)必ず自分に返る”…

 クルマで信号待ち。右前のトラックにこんな言葉が。
888a 888b 888c   “正しい”か否かはわかりませんけど、新年を迎えて思っていたことなんですよねー、これ。
 じつは昨年の今頃も思っていたことで「うん、今年は自分勝手な感情や思想は、まず封印」を“一年の計”のひとつにしていたはずがあんた…全然やったことを思い出したところにこんな啓蒙看板が目の前に現れて…たまたまやないですな、これは。
 などと記しておりますが最初見た時には全然他人事の様に見つめていたという事実も報告しておきます。すぐに“ムカッ”はとりあえずどんな状況においても封印してみたろ…と。これが案外できてしもたら楽チンに生きられるのかもしれんなと思たりしますがどうでしょ。そこに自分の判断は不要やと思うと気楽なもんでっせ…などと思うと何や違う気もしますなぁ。それでもいっぺんそういうこと心がけてみるのはええ実験かもしれんなと思ってます。「できるもんならやってみぃ」…そんな声が全方位、内からも外からも聞こえてきますけどもね。

(於:高槻市) 気ぃつけとけへんと「キレるジジイ」になりかねへんからな。

※関連記事:
トラックに“恥ずかしいの極みでございます”』 2020年6月 記

| | コメント (0)

2021年1月 8日 (金)

光竜寺川の柵の注意看板ふたつ

 川に沿ってずっと続く転落防止柵に劣化した看板がふたつ。
Koryuji1 Koryuji2  まぁコトバは要らんかと。ストリートビューで見ると10年前からほぼ同じ。まぁこれからも“目立つ”という本来の使命を果たさず寡黙に佇み続けることでしょう。仕事しいやー…って「あんたもなー」か。しばらくは、たぶん。。

(於:堺市北区) まぁ“味わい”を売りにしてるとしたら、ふたつとも充分仕事してますわな。

| | コメント (0)

2020年10月24日 (土)

劣化でCenturyの一部欠落

 その内容思うと写真の大きさこれくらいで充分やろ。
Century21 茶の湯の稽古で八尾の東部を自転車で走ってたら賃貸住宅物件の入居者募集のプラ看板がこんな状態に。肝心の屋号が抜け落ちてしもてどこの物件やねん…ってこれでも充分わかるんやが。しかし何や、普通黒い部分が太陽光の熱で劣化して脱落してしまうと思うんやがこれは白い部分が欠落してる。何やわからんけどこれも良しか。
 思えば十数年前のアホげは写真も小さかったもんや…ってこれよりもっとちっさかったか。そうそう、言葉づかいもこんなんやった。何か下品な感じ…ってそれは今も変わらんか。初心忘れたらあかんなってことで。いや、写真の大きさはともかく品のなさは…まんまやな。

 以下、追記(口調が異なっておりますこと、ひとつお許しを)

Century21b と、当初ここまでの記事でしたが、今ふと「あれもそうちゃうか?」と半月ほど前に松原市で見た物件を確認しましたところ、やっぱりですわ。
 こちらは“一部欠落”どころか文字はほとんど抜け落ちた上、役目を終えたと悟ったのかの様にエビ反ってもう看板としても使命を放棄してるって感じ。こっちの方がインパクト大ながら写真にすると…もひとつですな。
 “Century21”の文字欠落、
ふたつも目にしたということはきっと全国あちこちでこんな状態になってるはず。それ思うと珍現象でもなんでもないってことと言える訳で…何や急速に盛り下がってきました。あぁあ。

(於:八尾市/松原市) 何かなぁ…寂しいのは秋のせいだけやないわ。

| | コメント (0)

2020年10月14日 (水)

北新町六丁目自治会地図

 昨日歩いた長尾街道沿いにこんな案内図がありました。
Kitashinmachi1  見ての通り表面あちこちチリチリになって何やよぅわからん状態。過日の記事で取り上げた物件もたいがいでしたけど…これの方が「どうなん?」って感じ。こっちは“平成の”で先のが“昭和の”って感じに思うも…どっちも平成なんですよね。ほんの30余年の平成と思ってましたけど、この様に見比べるとそれなりの年月やってんなぁって思います。
Kitashinmachi2Kitashinmachi3 で、どっちの劣化も役立たずには違いないですけど、味わいって点では全然錆び劣化の勝ちですなぁ。ま、時折見かけるカッティングシートの劣化はそれなりにええ感じに思うんですけど。

(於:松原市) しわしわの“しあわせ”って…たまらんな。

※関連記事:
三ッ島(一部)自治会地図案内板』 2020年9月 記
駅前のイケズ案内板』 2017年3月 記

| | コメント (0)

より以前の記事一覧