看板

2024年5月23日 (木)

肥料小屋

 今日もいっときましょか琺瑯看板、大和郡山の。
 過日仕事で行った大和郡山市。帰りは関西本線は大和小泉駅まで歩きました。
 昔風情な街並みに郷愁を覚えますがこれと言って特別感はないなぁと思ってますれば、こんな一角に。
Hiryo1 Hiryo2 ブリキ看板はともかく琺瑯看板すべて肥料のもの。よって自分としてはどれも馴染みない看板ばかりではありますが、これだけたくさん残ってますと心惹かれますわね。
 ここの味わいと伝えるのは引きの写真やでと一枚。瓦屋根とナミイタ、それから鉄門と懐かしアイテム勢ぞろいでっせ。いいなぁ、このタイムスリップ感。
 とまぁ現場ではサクッと撮ってその場を後にしましたけど、画像処理しつつよく見ると一枚の看板に「?」。
 何がってその“社名”がです。“化成肥料”と大きく書かれたその横にあるのは“日本鋼管”。製鉄所大手、現・JFEスチールの源流企業の名前が肥料の看板に記されている訳で…何でやろ、ですね。
 きっちり調べ上げた訳ではないのでちょっと間違ってるかもしれませんが、どうやら製鉄所の排煙脱硫装置で浄化して生じた硫黄を“肥料”として商品化していた様で、近年もJFEケミカルという系列会社が肥料を手がけているとのことです。
 意外な副産物で社会貢献…これも持続可能な開発目標(SDGs)のひとつ、ですかね。

(於:奈良県大和郡山市)人気ブログランキング 日本鋼管のマークがこれまた潔いと言うか何と言うか…

| | | コメント (0)

2024年5月22日 (水)

ずっとナナメ“カバンと袋物は吉田”

 昔ながらな建屋に昔ながらな琺瑯看板ひとつ。
Kfy1 Kfy2 ですけど見ての通り変な感じ。
 タテでもなくヨコでもなくナナメ。しかもまた中途半端なナナメっぷり。
 かつてはタテやったものの経年変化でこうなったんかもしれませんなぁ。
 ですけど打ち付けられたクギの錆具合から想像するに当初よりこの状態やったと考えられます。
 「ケッタイななぁ」と思うも…あっ、この感覚若き日の自分そっくりかも。
 ハタチ前後「ナナメのセンス」とか言うてこんな風にステッカー貼ったりして悦にいっていた我がを思い出しました。
 何なんでしょ、この巡り合い。
 出会うべきして出会った琺瑯看板やと思ったのでした。
 ちなみにこの“吉田”という「カバンと袋物」のお店はネット上では確認できませんでした。
 しかしながらずっとナナメ…しんどいことでしょうなぁ。

(於:奈良県大和郡山市)人気ブログランキング 強い!”と“安い!”が並列なんやな。

| | | コメント (0)

2024年5月19日 (日)

大和郡山市若槻町のヰセキ

 焼杉板に看板三つ。
Iseki1 Iseki2  左からブリキ、琺瑯、プラスチック。その味わい、真ん中の琺瑯製がぶっちぎってます。
 ヰセキの看板の下部には“東部奈良ヰセキ販売”とあります。その社名、調べてももひとつ出てきません。代わりに“奈良ヰセキ販売”という会社が出てきます。その会社、元々“西部奈良ヰセキ販売”と名乗るも昭和55年に現社名に変わったとありますので“東部”と“西部”がひとつになって今に至っているんでしょうかね。
 ちなみにヰセキ農機は“井関農機”が正式社名で愛媛県松山市発祥の会社やということです。

(於:奈良県大和郡山市)人気ブログランキング 右端のは…「そうでっか」やなぁ。

| | | コメント (0)

2024年5月15日 (水)

マルフクのある風景

 風景をぶち壊してる一枚のブリキ看板。
Marufuku5  時代は令和、これも味わいを添える一枚とも言えるかな。
 まぁ…そう思って撮ったんやろから、ね。

(於:奈良県大和郡山市)人気ブログランキング とは言え琺瑯看板の味わいとは比べもんにならんな。

※関連記事:
マルフク三景』 2022年6月 記
消されるも滲み出るマルフク…とか。』 2022年5月 記
むかし大今里本町1、いま大今里西2。』 2013年3月 記
サラ金系看板に汚染された小屋…』 2009年10月 記

| | | コメント (0)

2024年5月 9日 (木)

ナミイタに覆われた工場懐かし

 ナミイタで囲われた工場。懐かしい気分になります。
7373119a 7373119b しかもこの色ですょ。昔の個人タクシーみたいなこの薄緑色がこれまた’60年代って感じがします。
 真ん中には啓蒙の琺瑯看板が一枚。もう滅多に見かけませんが“火の用心”を訴える消防署名の入った看板です。
 この看板は確か二度目の登場。再度過去記事見ますれば…まぁ思うとこは一緒ですかね。
 ですけど“デザインが冴えん、愛らしくない”と酷評していた自分が「青かったなぁ」。この何とも言えんマヌケっぽい“間合い”こそが過去にタイムスリップする重要な要素やというのにね。
 余談ながら前回の看板にあって今回のにないのは“浴場組合東成支部”の文字の有無。ま、それくらいのことですか。

(於:東成区)人気ブログランキング 幼少期うちにあったクルマがこんな色…ミゼットも然りやな。

※関連記事:
“浴場組合東成支部”と小さく…“火の用心”の看板』 2009年10月 記

| | | コメント (0)

2024年5月 6日 (月)

塗り込められてニチデンまっ赤いけ

 剥がせんほど強靭に貼り付けられているんかね。
Nichiden  気持ちはわかるも…逆効果、かも。強烈。

(於:東大阪市)人気ブログランキング 元々はほぼこれ以前は立憲民主党のポスター貼って凌いでいた模様。

※関連記事:
消されるも滲み出るマルフク…とか。』 2022年5月 記
民家の壁に忍ぶ虎の子』 2016年10月 記
銀で塗り潰されるも残る理容院のプラ看板』 2015年6月 記
限りなく黒に近い茶色で塗りつぶされたヤマザキパンのプラ看板。』 2013年12月 記
黒く塗り込まれつつも生き延びる“みや古染”の看板』1012年8月 記
ライオンは○、金鳥は×…らしい。』 2010年1月  記
塗りつぶされたハエonキンチョールの琺瑯看板』 2008年1月 記

| | | コメント (0)

2024年4月26日 (金)

とびだしちゅういの啓蒙看板、本家かまどやの広告入り。

 彦根市某所で仕事。東海道本線は南彦根駅で降りしばし探索すれど…もひとつ興味の湧かんエリアなこと。東海道線ながらきっとそないに歴史のない駅なんやって感じ。何もないなぁ…と思いつつ見かけたネタは、これ。
Hkkmdy1 Hkkmdy2 まぁどぉってことないっちゅやどぉってことないです。けどそれなりに味ありますよ。
 最初に目についたのは下の広告部。“本家かまどや”ってそないに古い屋号のほかほか弁当屋さんという認識がありませんでしたけど、こうやって見ると、ほか弁誕生から半世紀弱のれきしがあるんやなぁって感じ。で、この店舗は現存するのかどうなんかと調べてみましたが、全くヒットしませんでした。
 で、上部の啓蒙看板ですが、よく見ると結構ぶっ飛んでまっせ。牧歌的ニュアンスを犬に託しつつも本音はパンキッシュな感じ。この看板って多分’80年代のモンやと思いますけど…そんな時代でしたっけ。まぁ…’70年代はこんな感じやったとは思いますけど。
 ほか弁…まぁすっかり市民権を得てますけど10年以上口にしてません。我がの生活スタイルに合わん様になっただけの話かな。勿論学生時分には260円のお店探して“のり弁当”のお世話になったんですけども。
 それから先に触れた“南彦根駅”はやっぱり歴史なく1981年の開業とのこと。と言っても40年以上前にはあったと考えると…

(於:滋賀県彦根市)人気ブログランキング 駅あたりで遅々昼食+飲酒試みるもよう見つけんで遠くのラーメン店で瓶ビール4本…ふたりで。

| | | コメント (0)

2024年4月25日 (木)

現役の、パピプペンギンズ。

 住吉区某所で仕事。時間あるわと地下鉄は長居駅から現場へ向かってますと、懐かしいもんがピッカピカ。
Papipupenguins1 Papipupenguins2 ペンギンがビールで乾杯。えぇっ、令和も6年の2024年ですけど…ちょっとびっくり。
 サントリーでペンギンと言えばめっちゃバブルの頃ですやん。調べますればこのキャラはパピプペンギンズ言うて1980年代に活躍したそうです。そこから40年…ずっと現役かぁ。ご苦労さんです。
 な割に何かそないに古くさいと思わんなぁともいっぺん調べますれば、昨年より昭和ブームに乗ってか様々な形でリバイバルしてるんですね。と言うことはこの酒屋さんの看板も…?否々。正真正銘昭和の元祖もんです。
 で、こんだけサントリーを売り出してはるのに自販機のラインナップよく見れば、“金麦”こそあるもサントリーのビールは一本も入ってませんわ。「えぇ?」と思う様で「そやろなぁ」とも思いますけど、どうでしょ。

(於:住吉区)人気ブログランキング 大昔はサントリービールやったなぁ…未成年の頃ね。

| | | コメント (0)

2024年4月12日 (金)

漢字+数字と思われるも読めん意匠

 奈良市某所で仕事。関西線は郡山駅から1時間ほど歩いて歩いて汗ばんで畦道行きますれば…ん?
Mojippoi  田んぼの向こうに謎のメッセージ。漢字と数字と思われるもさっぱり判読できませんで。ま、ただの意匠と解釈しときますか。

(於:奈良県大和郡山市)人気ブログランキング 読めたらネタにもなりません。

| | | コメント (0)

2024年4月 9日 (火)

貸洗濯機( 太陽 )貸乾燥機

 地味にええ感じ。
Coinlaundry  喫茶店を思わせる瓦屋根との取り合わせも味わいのひとつですかな。
 しかしながら、漢字表記に懐かしさを覚えるとは…ちょっと寂しい現実がありますわ。

(於:八尾市)人気ブログランキング 屋号も直球で良いなぁ。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧