看板

2020年7月12日 (日)

十杯呑み屋

 確かに“一杯”では終わることはまずないこと思うと、これが偽りなき表示やとも思いますけども。
417a 417b  屋号からするとなおのこと十杯は呑まんと帰れんことでしょう。ま、残念ながらもうおやめになってはるみたいですけど。

(於:寝屋川市) 417”は経年変化のチリチリ加わりより独特の…

| | コメント (3)

2020年6月28日 (日)

何となく和む“駐車お断り”

 琺瑯看板激減となると、この手のサラ金系ブリキ看板でも愛でてんと…やなくて。
Nanige1 Nanige2  その下の“駐車”の看板、これが何げにぷちええなぁと。丸みを帯びた形状にその色合い…もあるんですが、“駐車”のまわりを水色が配されたその感じが妙にかわいいなぁと。
 まぁ“かわいい”と思われては効果も半減やんと思うも、これくらいマイルドに世間と接した方が世の中潤うってもんですなぁ。残念ながら自分にはない感覚ですけどね。

(於:寝屋川市) じつに小ネタやなぁ。

| | コメント (2)

2020年6月21日 (日)

読めるも妙な感じがする原因は何か?

 過日見かけた集合住宅の表札。まぁ…読めはしますが何か妙な感じが漂っています。多分…“”の  が変なんでしょう。
Ce1  けどまぁどう変なんかもひとつ説明できませんわ。それから“”の “  も何やおかしい気がします。まぁそもそも“シ”が“ヤ”と同じ大きさってのもおかしな感じです。
 これはどう変なんか…そやっ、よく似たフォントを打って検証するのがええんちゃうかと“HGS明朝E”と言う文字を使って打ち出して比較してみました。
Ce2  その結果は見ての通り。まず“シ”はやはりひとまわりほど小さめ、“エメ”もやや小さめ、で…やはり   、これですわ、これがおかしいですね。“シ”のそれは180度間違い、“ド”のは…右へ持ち上げすぎ…施工した人のセンスが際立ってまぁそれも良しとも思いますけど…ね。
 で、もうひとつ発見。それは“ー”。これが天地逆。そうか、こいつも変な風合いの一翼を担っていたんですね。
 あぁこれで“妙”な理由が判ってスッキリ。けどまぁやっぱり落ち着かん文字の並びですなぁ。味ある…とはあんまり思えなくて。ま、あくまでも個人の感想ですけど。

(於:住吉区) 暇人丸出し…

※関連記事:
HONDAの“N”、天地逆。』 2010年8月 記

| | コメント (2)

2020年6月 6日 (土)

サトコちゃんもマスク着用

 過日バスから眺めた光景。
Satokochan  今日見るもやはりマスク着用。さすがはサトコちゃんサトちゃんも隅っこに追いやられ拗ねつつちゃんとマスク装束でした。念のため。

(於:中央区) ちゃんと鼻も覆ってはります。さすが薬局の看板娘。

※関連記事:
サトちゃん兄妹、セレッソ色に染まる。』 2011年3月 記
サトちゃんに制服があったとは…』 2011年2月 記

| | コメント (0)

2020年4月10日 (金)

最高の土産 “鶯の宿”の看板

 梅に鶯の頃載せよと思ってましたら、忘れてまして…昨夏、川湯温泉で見かけました。
Uguisunoyado1Uguisunoyado2 古くない木造建屋に状態のよい琺瑯看板…さほど古いものではないのかもしれませんが、草木茂る山あいに溶け込む様で目立つその色合いが独特の風合いを醸し出しています。近寄りよく見れば初春を思わせる風流な絵もあって…よろしいなぁ。しかも3つも…は、ちょっとくどいですか。
 “鶯の宿”…紀州名産・梅の甘漬とあります。あっ、その前に“最高土産”なる文言も。「つまらんもんですけど…」な奥ゆかしさとは逆を行くんやと思いましたけど、看板に“それなりの土産”はないですわな。
 調べますれば田辺市の梅屋さんが90年前より仕込む数量限定商品で塩漬梅に赤しそ巻いて何回も繰り返し砂糖漬けにするとか…わっ、甘そう。ま、梅干しとは別モンなんでしょう。
Uguisunoyado3

(於:和歌山県田辺市本宮町) かつお梅とかハチミツ梅…苦手。塩辛てナンボや。

| | コメント (2)

2020年3月21日 (土)

純粋広告塔

 お彼岸でお墓まり。クルマでの行き帰り、どこもって言ってええほど渋滞してました。やっぱり公共交通機関を使うの控えてはるからなのか何なのか。そんな状態のお陰で車窓の向こうにこんなオブジェ発見。
Libero  純粋広告塔って感じ。あぁそう言えばこんなんあったなぁと思いつつも何やったっけとストリートビューで調べますれば…あぁそうそう、いかがわしいホテルやったところですな。ま、それはどうでもよくて(=廃墟マニアにあらず)、この手の広告塔ってやっぱり独特な雰囲気を醸し出していてよろしいなぁ。純粋にかっこええ様でちょっと気色悪い様で。よく見るとテレビのアンテナ付き。これも妙にええ味だしてますわ。数年前まで広告部分もありましたけど、やはりあの強風の台風で飛んでしもたんでしょうかね。ま、今日のところは渋滞さまさまかな。

(於:京都府八幡市) 昔のその手のホテルって、何や見るからにいかがわしかったわなぁ。

※関連記事:
広告塔、錆びサビ…2』 2019年6月 記
広告塔、錆びサビ…』 2016年2月 記
昔の広告塔のいま。』 2008年1月 記

| | コメント (2)

2020年3月14日 (土)

“広告お断り”記すも看板だらけの小屋

 前からその存在知るもじっくり見たことなかった看板で覆われた田んぼ脇の小屋。信号待ちで車窓越しに眺めていたら…あ。
Okotowari1 Okotowari2 手前の柵が邪魔している上に錆びサビですからちと読みづらいですがそこには“広告お断り”の文言が。これ…看板付けられてから記しはった様には見えません。どう見ても看板の方が新しい様に見えます。
 なんか虚しいなりますな。まぁ「これは“看板”であって“広告”ちゃいまんねん」てな言い訳も聞こえてくる様に…いやいやこの手の、やめとこ。
 この手の看板と言えば“電話金融”のマルフクが全国的に知られた存在でしたけど、その看板のことは以前…もう11年前にも記しました様にどうも勝手に貼られていたのではないかという感じで…詳しくは過去記事をご覧ください。しかしまぁたまりませんな、農家のお方にとっては…って景観的にもかな。

(於:八尾市) 納屋よく見れば電気メーター付き。これはモーター小屋かな。

※関連記事:
サラ金系看板に汚染された小屋…』 2009年10月 記
ほか多数。

| | コメント (2)

2020年3月 4日 (水)

トタンの上にトタンの看板

 例年の仕事で昨日は天満宮あたりへ。ちと早く着いたのであたりをグルッと一周時間潰し。ふと見上げますと、建物の隙間に琺瑯看板がひとつ。
Fujitetsu1 Fujitetsu2  大阪は北区でもまだこの手の看板が残ってるんですな。手前の電線が邪魔して何て書いてあるのかすぐにはわかりませんでしたが何なに…フジテツトタンとかいてあります。
 見たことも聞いたこともないなと帰宅後調べますればいつもの兵庫県在住の主婦、安倍さんのサイトがヒット。やっぱり頼りになりますねぇこのお方の研究は。で“材料2 建材”のページを参考に記すと、“フジテツ”というのは“富士製鉄”の略やということがわかりました。富士製鉄と八幡製鉄が合併して新日鐵となったのが1970年ということですから、半世紀以上前の看板ってことですね。その新日鐵も住友金属と合併して新日鐵住金を経て去年日本製鉄に…もう“富士製鉄”と聞いても「知らんなぁ」って感じでしょうからそらぁフジテツもわからんで当然かもしれません。
 で、ここは何屋さんやったのかはわからんままでしたが、この看板の下がきっちりトタンのナミイタやというのが素晴らしいなぁと思いまして。錆びてはいるものの半世紀経っても大丈夫と実証しているわけですよ。素晴らしい。やっぱりトタンはフジテツでっせ…って頑張ってるも意味なしか。ちと気の毒ですな。

(於:北区) 富士山4つのマーク微妙にかわいい。

| | コメント (0)

2020年2月10日 (月)

現KANBIにグラムールのブリキ看板…

 どれもこれも味あるブリキ看板が貼られた木造家屋の壁面ですけど、特に気になるのはこれですな。
Kanbi1 Kanbi2  お嬢ちゃんも僕ちゃんも…ついでにフェンダーミラーのクルマも昭和そのもの。で、どこの看板やねんと見ますと“関西高等 美容/理容 専門学校”と肝心の“美容・理容”の小ささに違和感を覚えます。その割に“フランス国立理美容学校姉妹校”なる文言も書かれていて、絵の持つ世界観と全然統一感がないところが…よろしいなぁ。
 で、電話番号や住所からすると、上の“テンマ校”と記されているのが現・関西美容専門学校で、下の“ナンバ校”は現・グラムール美容専門学校の様です。あれこれ調べてみましたが、どうやら同根の学校ながら、今は別の法人となっているみたいです。
 で、大概古い看板ですけど、関西美容専門学校の沿革を見ると先に触れたフランスの学校の姉妹校になったのが1977年とあるところをみると、たかだか40年ほど前の看板なんですね。いかにも古そうに思うもそんなもんか…って充分古いですか。っていうことは我がもえかげん古い古い人間やってことですな。客観視するとこの看板レベルの老いぼれか…と思うと、しんどなってきました。

(於:和歌山県有田川町) 大阪に何や美容の学校多いなと思ってたら、こんな風に学生集めてたんや。

| | コメント (2)

2020年2月 5日 (水)

1ビルの、虚しさ漂う広告枠。

 全体の形状も中央部にあるスイス風写真(?)もかなり前時代的ですなぁ。
Ichibirunaka  電飾看板というよりもはや照明器具としての余生を過ごしているって感じに思うも諦めることなく貼り紙には“広告枠契約者募集”の文字。この状態ももう何十年と続いているに違いないわと思うもストリートビューでチェックしますれば、かろうじて4つの広告が載ってました。でも逆にその方が不憫に見えるってもんです。しかしながら1〜4ビルってのは…微妙でんな。

(於:北区) キタはますますキタへって感じ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧