看板

2023年1月20日 (金)

“ に お 上 ガ リ ”

 谷四で飲食の後、谷五の交差点を越えますれば相変わらず気になるあのお店の看板が今日もデンと歩道を占拠しています。何が気になるのか?。別段間違っている訳ではないんですけど…そっか!、妙にカタカナ混じりやというのも変な要因やったんやと今夜発見!。
Nioagari1 Nioagari2  “ に お 上 ガ リ ”…これは変やわ、やっぱり。
 “2Fにお上がりください”と記してはるつもりでしょうけどこれではいつまでも“餃子の将王”を名乗っていた頃の近寄りがたい存在のままですかなぁ、うん。
 調べますればここのお店のこと記事化したのももう12年前になるんですね。飲食店が10年以上もつのは1割ほどと言われていること思うと…たいしたもんで、それなりに評価されているってことなんでしょう。やっぱりいっぺん行ってみんと…とは思うも、ね。

(於:中央区) 横のエステな看板が余計に近づきにくい空気を醸し出しとるわ。

※関連記事:
『餃子の将王』、“餃子の”が消えてる。』 2011年2月 記
餃子の“将王”???』 2011年2月 記

| | | コメント (0)

2023年1月10日 (火)

警察(局番ナシ)1.110番

 平野郷にいまも残る琺瑯看板。その味わいを愛でつつ一枚二枚。改めて写真見ますれば…え?警察の緊急電話が“1.110番”と“1”がひとつ多くて4ケタ…こんな初歩的な間違いあってええんかいな。
1110a 1110b  とは言えこれまた何も知らんだけでかつては“1110番”やった…わけないないでと思いつつも一応調べてみましたら、これで正解やった時代があるとのことでっせ。
 警察への緊急電話が開始されたのが昭和23年の10月。当初は北から札幌・東京・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・熊本の8都市のみやった様で基本現行の“110番”ながら、京阪神の3都市だけは“1,110番”と4ケタが採用され、10年後の昭和33年に全国統一で110番になったということです。
 知らんかったなぁ…と言うのもありますが、この看板が70年近く前のものやというのもちょっと驚きですわ。と思うも我がの年齢から考えるとそんなもんかと。そっちの方が驚きかなぁ個人的には。1月10日は110番の日

(於:平野区) 広告主の電話番号が記されてないこの奥ゆかしさ!やるなぁニコニコ釜本店

| | | コメント (2)

2022年12月22日 (木)

極狭扉 2

 思えばこれも極狭扉。先日アルミ製のドアのこと記事にし、頂いたコメントにレス付けつつふと「木製建具やとそんなに違和感ないのでは?」と。そんなこと思いながら過去写真を見ていましたら、こんなんがありました。
Gokkyo2 Gokkyo3  撮った時点はもう見ての通り“ECCの看板が木で出来てる”とそっちやったんですけど、土台はこれ、扉。蝶番は見えないものの上部には扉を開けたままに固定する金具がありますで間違いなく扉です。
 で、どうです? これも大概極狭ながら「せまっ」と感じませんよね。と言うことは「アルミ製のドアとは大体こんな感じ」というイメージが頭にあって、そこから逸脱してるからそう感じるってことなんでしょう。
 ってそないなこと分析するっても無粋なことでした。しかしながらあのECCの教室にしてここが入り口?…それはない様で。

(於:京都府舞鶴市) 手前に杖っぽい木一本…とことん木やわここ。

※関連記事:
極狭扉』 2022年12月 記

| | | コメント (2)

2022年11月12日 (土)

“洋服裁縫工技能者養成指導員”の看板

 民家にひっそり藍色の琺瑯看板。労省公認…“”が味わいをより深いものにしてますなぁ。
Yofuku1 Yofuku2  一部剥げて判読不明。調べますれば“洋服裁縫工技能者養成指導員”と記されているみたいで、洋服の仕立て屋さんの中でも指導する立場の人のお宅ということでしょう。ま、どうやら今は別の人が住われている風情でしたけど。
 下部に“全日本洋服組合連合会印”。仕立て屋さんの全国組織かと思いますがヒットせず。よく似た名前で“全日本洋服協同組合連合会”というのがある様な記述をある記事で見つけるも記されたHPアドレスは現存せずで、結局よくわかりませんでした。
 解ったのは世の中すっかり既成服だらけの時代に仕立て屋さんは大変やということですかね。じつは20年ほど前にカッターシャツを仕立ててもらったことがあるんですが、あまりにピッタリすぎて着心地が悪かった記憶が。ま、たまたまやったんかもしれませんけど。今日11月12日は洋服記念日。

(於:城東区) 洋服バンザイっ! キモノは苦手やわぁ気楽に便所も行かれへんもん。

| | | コメント (0)

2022年10月21日 (金)

いっしょに 政治しま せんか

 言葉は不要かと。
Iss

(於:摂津市) 滲み出るモンやで。

| | | コメント (0)

2022年10月17日 (月)

くたびれた酒の自販機沁みる光景

 細い自販機が4つ並んで商い中。
Ishimikei1  なんか沁みる光景。古ぼけた風情に微妙に垂直に立っていない状態がそう思わせるんでしょう。
 何か見るからに「もう動いてへんで」と思うも…そうとも言えん感じ。気になって後日確認に行きましたところ右端と右から3台目のは稼働していました。ワンカップ大関がリタイアとはちょっと意外です。
 で、この4台の自販機だけで充分な味わいなんですけどその奥にこれまたええモンが隠されています。
Ishimikei2  これは“白鶴”のレッテルを模した木製看板でしょう。こっちの方がもっと味わい深いのにもったいないですなぁ。
 改めて見ると手前の自販機に白鶴はありません。と言うことは以前は友好な関係ながら何ぞあって白鶴を消し去ったとも考えられますが…どうでしょ。
 余談ですが稼働する自販機には“白雪”と“万代老松・純米酒”と看板にありますが中身は別モン。いったい看板ってのは何のためにあるんやろと思ったりしましたけど、「酒や酒っ」な需要にはこれでええんかもしれませんね。

(於:東成区) ま、いまレトロ自販機ブームらしいからなぁ…

| | | コメント (0)

2022年10月 2日 (日)

三ノ瀬二丁目4に残るブリキ看板にあれこれ

 東大阪は三ノ瀬に残る昔ながらな一角。かつてそこここで見かけた様な啓蒙を装ったブリキ看板が一枚。
Maruso1 Maruso2  とりあえずそれらしき絵やマークに文言をちりばめたってニュアンスが感じられます。中でも“児童愛護協会”なる文字。調べても出てきませんけどホンマにそんな組織があったんでしょうか。たまらん胡散臭さ感じるんですけど。ちなみに下部の仕出し弁当屋さんは現存。馴染みないものの、何となくうれしいなるもんです。

(於:東大阪市) “親と子は何でも話すよい家庭”…そらそうやが。

| | | コメント (2)

2022年9月15日 (木)

勝手に植林ダメ公園

 羽曳野市某所で仕事。現場の前が竹内街道やということで、せっかくやから新金岡駅目指して旧街道を行くもまぁおもろないことで。1時間以上歩いて何やこれと大泉公園の前を歩きますればこんな看板が。
Kattedame1 Kattedame2  言われてみれば…そうですわなぁ。
 街中の植え込みとか街路樹のネキに市民が勝手に“緑化”してる図を時折見かけますが、公園にもそういうことする人がいるってことですね。広大な公園やったらなおのことこっそり植えてもばれへんやろとやりとなる気持ちはわかります。
 ま、実際にはペット飼ったけど飽いたと自然に放つ人がいますけど、それ同様で観葉植物とかをこっそり植えにくるのでしょうか。それを思えばやっぱりアウトですね。「けしからん!」とまでは思えませんけど。

(於:堺市北区) ほな“花咲か爺さん”にもレッドカードかもな、勝手に花咲かしてからに。

| | | コメント (0)

2022年9月10日 (土)

民家にレリーフ、進々堂の名残り。

 シャッター閉まる民家にまるで扁額の様にレリーフが一枚。ちょっと不思議な光景。
Boule1 Boule2  昨日の夕刻、仕事終えて近鉄は弥刀駅へ向かってますとそこにこんなレリーフが。バタくさい男女が草原を歩く絵、その下に記された“BOULE”の文字。これはここがかつて“ブール進々堂”であった名残りですね。
 ストリートビューで過去を見ましたがパン屋さんやった時代の画像はなく、いち時期理容室やったことが2009年の画像から確認できました。それでちょっと妙なのが理容室時代にもこのレリーフが活用されていて、“BOULE”の部分だけ別の看板で隠されるも堂々、この建屋のシンボルとして残されていた様です。
 それで“ブール進々堂”ですが、それなりの年配のお方やマニアの人しかもう知らない存在かもしれません。今も京都市中を中心にパン屋さんを営む進々堂さんですが、2003年まではヤマザキやパスコ同様、工場で大量生産する様な規模の会社でした。その時代に“冷凍生地を店内で焼く”というスタイルのパン屋を展開していて、その屋号が“ブール進々堂”。残念ながら進々堂のサイトにはそのことがいっさい記されていませんので、ほんとのところはわかりません。ちなみに今も“ブール進々堂”を名乗るお店がいくつか残っているみたいですが、今も進々堂と取引があるのかなどもわかりませんでした。それから“BOULE(ブール)”はフランス語のボールのことで丸いフランスパンのことを指すそうです。
 業界4位の神戸屋も事業のほとんどを山崎製パンに譲渡して大量生産ビジネスから撤退すると先日発表がありました。関西資本最後の砦がこうなってしまうとは。ま、今の進々堂さんを見ると神戸屋さんの未来も明るいかもしれません。余談ですけど伏見にある進々堂の工場直営店、めちゃお得でっせ。お得すぎていっつも並んでますけど…

(於:東大阪市) まぁ何や言うても近年は鳴門屋タマヤやが。

※関連記事:
限りなく黒に近い茶色で塗りつぶされたヤマザキパンのプラ看板。』 2013年12月 記
かつてあった地パン 3 ◆『進々堂』』 2008年7月 記

| | | コメント (2)

2022年8月23日 (火)

極小渋しぶ二次元神社

 実に有り難いシチュエーション。拝んだら…効果あるんかな?
Minitorii1 Minitorii2  そもそも“効果”てな考え持ってる時点でアウトか。そこここに神宿ると常日頃から感謝の気持ちを持ってたらええだけの話か。ただの糞尿対策にあれこれ思う必要もおまへんな。

(於:城東区) 景観に配慮しすぎて効果半減ちゃいます?

※関連記事:
エア神社』 2022年6月 記

お寺の土壁に赤い鳥居が描かれてますな』 2019年10月 記
安定感を欠く鳥居サイン』 2010年6月 記

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧