食べ物/飲み物

2021年5月 4日 (火)

マルゲン醤油醸造元 “手造り 糀みそ”

 昨日の納豆の記事に続いて発酵ネタ、行っときましょか。
 うちではここ数年、アホげに昔よりコメント頂くぽんぽこやまさまにお教え頂いた堺は津久野の雨風製の堺生味噌を定番としているんですが、味噌切らすも緊急事態宣言下とあってはなかなか買い出しに行く気にもならんなぁでどうしよと思ってたんですが…そや!、茶の湯の稽古でしょっちゅう行く八尾の山裾、恩智にも醤油屋さんがあってそこも味噌を手がけてはったはずやということでネットで調べるも…まぁ情報がなくて。やってるんかなぁと思いつつ連休中の祝日に行きますれば…やってるやってる。で、味噌は一手のみということで“手造り 糀みそ”を買ってきました。
Marugen1 Marugen2 Marugen3 見ての通り白味噌に近いその色合い。これは糀がたくさん使われている証でしょう。“糀みそ”の名に偽りなしって感じです。
 そのまま食べてみますと「味噌は豆でつくられてるんやなぁ」と再認識しました。熟成感よりも新鮮でさっぱりとした旨味が広がります。
 で、もちろん味噌汁にして食しました。せっかくですから基本形の昆布鰹ダシに大根人参わかめにネギ…でひとくち。キレイな甘みでよろしいなぁ。いらん主張がない澄んだ味わい。熟成の進んだ味噌もそれでええ時もありますが日々口にするそれはこういうキレのええ甘みのが好みですから、ええお味噌と出会えたわぁと思いました。ここのお味噌もうちの定番になること間違いなしですわ。
 先に触れました通りネットにもほとんど出てませんしこれといって宣伝もしてはれへん風情…これもまたくすぐられる要因かも。“マルゲン醤油醸造元”…あっ、そう言えば高校の学食の厨房の片隅に置いてあったポリタンクに“マルゲン”って書いてあったことを思い出しました。そう思うと何ぞ縁あってこの味噌にありついたのかも。地場の醸造元がほぼ失われつつあること思うと、なおのこと贔屓にしよと思ったのでした。

品名:糀みそ 原材料:米(国内産) 大豆(北海道産) 食塩(国内産)  製造者:マルゲン醤油醸造元 山本 克也 大阪府八尾市恩智中町5丁目124

醤油は…以前買った時とは違い“混合”になってたのが、ちと残念。

※関連記事:
雨風醤油の白味噌のこと、改めて。』 2014年1月 記
お雑煮の白味噌は雨風醤油の“手づくり糀ぎょうさん 生みそ”で決まり!』 2013年12月 記
雨風醤油の“堺味噌”』 2013年10月 記

| | コメント (0)

2021年5月 3日 (月)

らくだ坂納豆工房の“谷町納豆”、本日初売り。

 ご近所さんが納豆屋さんを始めはりました。
Natto1 Natto2 加熱処理した大豆に6本ほどの藁を添えたら納豆に…記せばそれだけのこと。ですけど「へぇ〜」って感じ。藁に納豆菌が付いてることも知りませんでしたし、それで仕込んだ納豆がこないに旨味たっぷりで旨々というのもびっくり。ま、当たり前のことながら20年研究し工夫して続けた結果やと思うと頭がさがります。こんな旨いもんがこれから常時食せるこの幸せ。本日10時から販売開始で1時間で売り切れたとか…みんな旨いもんはよう知ってはります。大阪名物が今日ひとつ生まれました。この納豆にまつわる諸々の物語、詳しくはらくだ坂納豆工房さんのFacebookで、ぜひ。

  このご時世に新しいこと始めはるってのがまたすごいねんなぁ。

関連記事:
日本酒ゴーアラウンド、二日目。』 2020年10月 記
かむなびさんの“谷町小茶の湯”へ』 2016年10月 記
某お店の料理雑感。』 2013年5月 記

| | コメント (0)

2021年1月 9日 (土)

今のうちやと府外でドーナツ。帰路モルタル建屋見かけてあれこれ。

Kusamirasite15 大阪にも緊急事態宣言が再び出ると府外へは行くづらなるでと例のドーナツ屋さんへ。いつもながら美味なのは言うまでもありませんけど、何度か記事化したときより変わったのは、営業日が金・土・日になったことと、イートイン限定でチョコ味とかトロッと系の味わいのものが味わえる様になったこととかケーキがしばらくお休みとか…ま、それよりコロナ禍で基本持ち帰り中心になって店内飲食も紙皿に紙コップのセルフサービスになってるってことですかね。まぁ…しばらくはこのスタイルが続くことでしょう。ま、それでも美味さと快適さは何も変わりません。
 とまぁドーナツ話はここらにして、帰路、信号待ちでふと見た建屋が何げに懐かしいなぁと思ったので一枚撮って…そのことを。
Taiheiji1  どうしたことない木造モルタル建屋ですわ。思えば…小学生時分からありますなぁ。確か昔は食料品系の何でも屋やった様に思うも定かに覚えているわけでもありませんが、ふとした今日のタイミングで目にしてサクッとながら琴線に触れたのでした。
 モルタルの荒っぽい仕上げ、アルミサッシに変えられることなく昔の建具のまんまの窓…半世紀はスリップしますわ。どこにでもありそうな図にして探せば案外ない風情の建屋。信号待ちも悪ないもんですなぁ。

(於:奈良県上牧町、柏原市) 柏原の山手全体が昔の風情のまんま。一帯が懐かしわ。

| | コメント (0)

2020年4月11日 (土)

ソース 番外編 ▲ 関西を味わう だしソース & マヨ

 “ソース”とあるけどマヨネーズやしなぁ…ってことで記事化せんとこと思ってましたけど外出控えんならん日々、ネタも尽きつつあるわってことで番外編として載せることにします。
Saucemayo1Saucemayo2Saucemayo3 10ヶ月ほど前に半額で出てたってことでうちのひとが買ってきたのが、これ。パッケージ中央に堂々“だしソース”と記されています。な割にキューピーも描かれていて…そう、左端に記された“&マヨ”、これがメインの商品。まぁはやい話がお好み焼ソースにマヨネーズを混ぜた…いや、封を開けて出しますればチューブの形状から色合いから“マヨネーズにソースを足した”って表現するべきか。そらまぁキユーピーの商品ですからそれでええんです。
 で、今回はちょっといつも通り“焼きそば”で食すのも勇気いるなぁってことで、とん平焼に用いるとんかつソース代わりに玉子焼の上に焼いた豚肉を乗せてドバドバっといや、にゅるにゅるっと出して食べてみました。で、そのお味は…これはいけまんなぁ。とんかつソースみたいに垂れ出してこないというのもポイント高し…ってただのマヨネーズ好きってだけかもしれませんけど。あ、余談ですけどあの“マヨラー”ってコトバ、嫌いですわ。“マヨ”はまだしもその後に付く“ラー”って何なんでしょ。何がラーや。マヨネージストならええよ、まぁ。
 味自体はやっぱり想像通りソース味のマヨネーズって感じで美味しいながらもリピーターになるかと問われれば、否。すき焼きのタレとか出汁醤油みたいなもん買いとない心理と一緒です。
 で、そもそもこの商品がどういう位置づけのもんなのかも知らずに今に至ってましたけど、調べますればキユーピー創業100周年を記念して各部署の社員により結成された「地元×マヨ プロジェクト」が、日本各地のご当地味+マヨネーズで7種類を開発、限定発売したもののひとつとか。それが去年の春やとのことですから全くタイムリーさに欠けてまんな。
 で、そうそう。食べた印象はそもままパッケージの裏にあって“ご家庭でも作れます”の文字が。そんな大事なレシピ教えてさすがは太っ腹。“キユーピーマヨネーズ 大さじ3、お好み焼きソース 大さじ1、粉末和風だし 小さじ1”でオッケー…は?そもそも商品化するまでもなかったのとちゃうますのんと思ったり。
 おかげさんでネタがひとつ助かった訳で有り難うキユーピーさん。言うときますけど、マヨネーズはキユーピーしか買いませんわ、ソースと違ってマヨはキユーピーこれ一筋、昔から。

  賞味期限半年以上切れてまだ残ってる。味はええものの出番がないねんなぁ…食べ切るけどな。

名称:半固体状ドレッシング 原材料名:植物性油脂(国内製造)、ウスターソース、醸造酢、卵黄、かつお節エキス、食塩、こんぶだし、砂糖、香辛料/増粘剤(加工でん粉、キサンタンガム)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、甘味料(ステビア)、香辛料抽出物(一部に卵・大豆・りんごを含む)  製造者:キユーピー株式会社 東京都渋谷区渋谷1-4-13 製造所:愛知県豊田市日南町2-1

| | コメント (3)

2019年4月25日 (木)

池田の丸福できつねうどんを

 例年春になるとお世話になる仕事があります。かつては先方が昼ご飯食べさせてくれたり、出前のコーヒー飲ませてくれたりしたもんですけど謝礼が減り食事なくなりコーヒーはPETお茶、そして何も出なくなり…世知辛いことです。てなわけでここ数年はいつも昼食悩むんですけども今回は行く前から「あこ行こ」と。で、うどん屋さんへ。
0fuku1 0fuku2  ここへは二度目。3月に別の仕事でここらに来ていた折、アホげ民の某がこのお店見つけて…「…美味しいわ」で、今日はここ。うどん屋さんではありますが丼モンも美味そげ。昼ならうどんに180円増しくらいでそれらも食せるも…まぁ年相応に食細なってきましてつねうどんだけを注文。
 四国の某うどんをあざ笑う…いやいや最初から相手にしていないであろうはんなりとした口当たり、ちゃんと出汁とったおつい特有であろう酸味のある旨さにジュワッと滲み出る揚げさんの甘み…ええなぁ普通のうどんの底力ですわ。
 歳とったなぁ…って思うこと数あれど、以前は「ラーメン行こ」が当たり前やったのに近年「うどんがええわ」。しかも「普通のでええねん、普通の」な気分。その思いに充分、いや十二分に応えてくれはる大正二年創業の敷居低い老舗。おついもネギも残さず完食。おおきにごっそうさんでした。

(於:池田市) 今日もおどろきのワンオペ。先を行ってるなぁ老舗ながら。

| | コメント (3)

2019年4月20日 (土)

榎の新緑とタンポポの綿毛とドーナツと

 新緑の記事多発すぎやと思うも、勢いよくて心地よいので今日もいっときましょ。
Kusamirasite12  いつものドーナツ食しに奈良は上牧町へ。以前の記事通り3月初旬は葉一枚もなかった榎が新芽で青々になってますわ。もうほとんど“初夏”って感じ。
Kusamirasite14 Kusamirasite13  地面見ればタンポポも咲き終わって綿毛状態に。大きなってもう興味なさそうにしていたお子でしたが、誰にも見られてへんとわかると「フゥ〜」としてましたわ。まぁひとつだけでしたけど。
 帰路、クルマのエアコン入れたこと思うとほんまもう夏近し。こんなことやってるから地球があつくなるんやと思いつつ、窓開けて外気入れて花粉まみれで鼻グズグズになるのもかなんわけで…ま、そんな一日でした。

(於:奈良県上牧町) 今回も鉄塔がさりげなくええ仕事してますやろ。

※関連記事:
榎のシルエットに送電線の鉄塔の図、上牧町でドーナツ食べながら。』2019年3月 記
エノコログサ西日で光る』 2018年10月 記
榎の枯枝の風情、麒麟か龍か。』 2018年10月 記
上牧町でケーキにドーナツ 2』 2018年9月 記
上牧町でケーキにドーナツ』 2018年5月 記

| | コメント (2)

2019年4月 7日 (日)

ボンカレー、50年経ったらエバーグリーンな松山容子さんも手指が…

 昨年ボンカレーは発売50周年やったってことで、こんなボンカレー50ってのがミニストップで売ってまして思わず買ったはええものの食べる機会ないまま「缶詰みたいなもんやからいつでもええわ」とほったらかしにしてますと賞味期限ギリギリ。このバージョン、電子レンジで温められるとかで、通常のそれより長持ちせんみたいで…食した次第。
Bonc1 Bonc2  味は…復刻してるのかとかスペシャルな味なんかとかは滅多に食べんので全然わかりません。懐かしの松山容子さんのパッケージに惹かれて買った…ってのもまぁあるにはあるんですけども、それより、こっちに反応したんですよ、じつは。
Bonc3   エバーグリーンな松山容子さん…と思いきや、やっぱり…ちゃんと手指だけは歳とってはりますわ…なんてね。
 きっともうオリジナルの画像なんか残ってなくて、昔の商品なんかから複製して今回のパッケージを作ったんやと思いますけどきっとこの手の部分が文字にかかってしもてたんでしょうね、そこだけ描いてある感じ。
 しかしながら…なんでこんな下手くそ(失礼)な絵なんでしょ。よく知りませんけどきょうびでしたらもっとうまいこと描けるんとちゃうんですかね。まぁ…ある意味昭和テイストたっぷりにする為にちょっと雑い仕上りにしてあるとも考えられますが。
 てなわけでアホげ的ボンカレーの考察はここまで。ボンカレーやら松山容子さんのことはネット上に溢れかえってますので興味ある方はどうぞそちらをご覧くださいな。あ、ひとつだけ。今も沖縄と沖縄県民の多くいる大正区なんかでこの松山容子さんバージョンのボンカレーも販売されているそうですけど、大塚食品としてはもうパッケージから降りてもらおうとしたところ、松山さん側から「(全霊をもって)ボンカレーにかけたのに会社都合で降板とは…」と難色を示された結果、この様なかたちで一部の商品に松山容子さんが残っているって話を昔々耳にした気がするんですけど…あれは記憶違いなんかなぁ、そんな話はネット上からは見つけることができませんでした。
 では最後にこれ、いっときましょか。
Bonc4  昨年春、徳島は鳴門へ行った時に遭遇した大塚倉庫の壁面に描かれたボンカレー2種の図。不意に現れ慌てて運転しながら撮りましたけど、なかなかうまいこと撮れてるなぁ。ま、そんなことよりストリートビューで見ますとこの倉庫の左右の別棟には大塚グループの商品がいっぱいダイナミックに描かれてますわ。ある意味ここも鳴門の名所…やと思いますな。

(於:徳島県鳴門市ほか 大塚グループって…大塚グループやわぁ。

| | コメント (4)

2019年3月23日 (土)

さかなのさけ

 12年ぶりに訪れたそこは、ぬくもりある上質な時間が流れていました。
Sakasake1 Sakasake2 Sakasake3 Sakasake4 Sakasake5 Sakasake6 Sakasake7 Sakasake9 Sakasake10 Sakasake11 Sakasake12 Sakasake13  船場にあったお店が六本木に移って…訊きますればもう14年になるとか。確かその頃大阪発祥の大企業は本社機能をどんどん東京へ移していた頃でした。その流れに合わせて確か大阪から東京へお店を移さはったんやったと思います。
 思い切ったことしはるなぁと応援したい気持ちとさみしい気持ちと。いずれにしてもすごいことです。
 徐々にお客さんが増えていくも、品の良い空気は乱されず…どころかますますぬくもりのある空間となってゆくのでありました。懐かしかったなぁ美味しかったなぁええ時間の流れやったなぁ。「品の良い大阪がそこにある」って感じかな。やっぱりそんなお店が船場にないってのはさみしいことですわ。
 てなわけで今日から3日間は東京の日々。お子が受験の合格し、そのご褒美何がええかと尋ねますと「東京行き」って。あのなぁ…と思いつつ約束やしと来てみて初日、疲れるもここ“さかなのさけ”で一日を終えて超満足。ええきっかけをくれたお子とうちのひとに感謝しつつ…明日へ続きます。

(於:東京都港区) ある意味“虎屋”みたいやな、御菓子司の。

| | コメント (0)

2019年3月 2日 (土)

榎のシルエットに送電線の鉄塔の図、上牧町でドーナツ食べながら。

 木の又から鉄塔生えてまっせ。
Kusamurasite11_2
…なんてね。しかしまぁうまいこと溶け込んでからに。ちっちゃい鉄塔やと想像するとなおのこと可愛らしい図に見えてきますわ。適度な空の青さがまた春近しと思わせてくれまんなぁ。
 春を感じるええ天気。明日は雨…ドライブがてら行こ行こドーナツ、上牧町。この景色は何度か訪れてはゆったりしつつ軽やかに感動する上牧町のそのお店の中から見えた図です(写真は外で撮りましたけど)。
Kusamurasite9 Kusamurasite10  木・金・土の昼間だけしかやってはれへんのでなかなか行くことできず、たとえ行けても満員で入られへんこともあって、今日は一番乗り。当然昼食はドーナツにキャロットケーキですわ。右の飲み物は“しらぬいレモンとぶんたんレモンのシロップのソーダ割り”これも自家製で旨々。美味いは当たり前、やっぱりええわぁ何がってそらもう山本龍造の日常が店空間に全くないから…ですな。うん。前にもチラッと記した通り、飲酒をともなわずしてリラックスすることができるってことをこの歳になってはじめてわかった様な気がします…って、ほな茶の湯はどうなん?…は、やっぱり呑んでこその世界、かな、知りませんけど。

(於:奈良県上牧町) 本来甘モンにあんまり興味なかったんやけどなぁ。
※関連記事:
エノコログサ西日で光る』 2018年10月 記
榎の枯枝の風情、麒麟か龍か。』 2018年10月 記
上牧町でケーキにドーナツ 2』 2018年9月 記
上牧町でケーキにドーナツ』 2018年5月 記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月26日 (土)

“TOKYO隅田川ブルーイング”にして名古屋製ってなぁ…

 過日、調子に乗って京阪特急のプレミアムカーに乗車。「プレミアムにはプレミアムでプレミアムなひとときを…」って缶ビールプシュッといわせて京都へ。プレミアムな酔いで車窓の景色までプレミアム…にはなりませんな。
Tsb3 Tsb2Tsb1 で、ですわ、なかなかホップも効いて…大阪発祥のアサヒがTOKYO隅田川ブルーイングってのが何とも悔しいけれどなかなかやりよってからに。素直に認めたがらんのが大阪モン…って私だけか。そんなこと思いつつ何げにふと缶見たらチラッと“名古屋”の文字が目に入った気が…する。
 改めてよく見たらこんな文言書いてありますやん。

 東京隅田川ブルーイングが開発を行い、アサヒビール名古屋工場で製造した商品です

 はぁ、こんなんあり? 何や騙された気分ですけど。この感じ、“丸亀製麺”とか“築地銀だこ”等と違うけど同じ様なモンを感じますわぁ。
 てなわけですっかりプレミアムな気分は消え失せてしまい…というほどでもなく、ただ悶々としたまま京都へ向かうのでありました。

例えば“松竹梅/白壁蔵”名にして伏見工場製やったら許される?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧