路上観察

2021年2月 8日 (月)

播磨町一丁目11角の庭

 住宅街の十字路、角にこんな庭があります。
Harimacho1  南も西も駐車場。ふつう“庭”と言えば家屋と共にあると思うんですけど…ここは何でこうなってるんでしょ。クルマが止めてあるところを含めていわゆる“家”だったものの、建物が解体され庭だけ残されこうなったのか。今回はストリートビューで過去にさかのぼるもわかりませんでした。しかしまぁ…なかなかええ一角やことで。

(於:阿倍野区) 樹木を残すことが税金対策になるとかあるんかもな。

| | コメント (0)

2021年1月12日 (火)

“自分の言った事した事全て(中略)必ず自分に返る”…

 クルマで信号待ち。右前のトラックにこんな言葉が。
888a 888b 888c   “正しい”か否かはわかりませんけど、新年を迎えて思っていたことなんですよねー、これ。
 じつは昨年の今頃も思っていたことで「うん、今年は自分勝手な感情や思想は、まず封印」を“一年の計”のひとつにしていたはずがあんた…全然やったことを思い出したところにこんな啓蒙看板が目の前に現れて…たまたまやないですな、これは。
 などと記しておりますが最初見た時には全然他人事の様に見つめていたという事実も報告しておきます。すぐに“ムカッ”はとりあえずどんな状況においても封印してみたろ…と。これが案外できてしもたら楽チンに生きられるのかもしれんなと思たりしますがどうでしょ。そこに自分の判断は不要やと思うと気楽なもんでっせ…などと思うと何や違う気もしますなぁ。それでもいっぺんそういうこと心がけてみるのはええ実験かもしれんなと思ってます。「できるもんならやってみぃ」…そんな声が全方位、内からも外からも聞こえてきますけどもね。

(於:高槻市) 気ぃつけとけへんと「キレるジジイ」になりかねへんからな。

※関連記事:
トラックに“恥ずかしいの極みでございます”』 2020年6月 記

| | コメント (0)

2020年12月27日 (日)

無用扉…ほぼ。

 “用無し”とは言いませんけど。
Door3 Door4  これって…意味あんの?って感じ。まぁ善良な市民は入らんでしょうけどドロボーはこんなんあってもなくても入りますわ。で、善良な市民はそもそもこんな扉なくても入りませんわなぁ。ある意味“無用扉”かな。

(於:門真市) もっと言うたらこの段差では…入れません、普通は。

| | コメント (0)

2020年11月16日 (月)

畑でフォンテーヌ

 奈良市某所で仕事。最寄駅が帯解って…桜井線って列車の本数少なそうやしと関西本線は郡山駅から歩いて歩いて小一時間。まぁあっちふらふらこっちふらふらとあるからこないな時間がかかるってことなんですけど。
Fontaine1 Fontaine2  普通の道ではおもろないわと田畑やため池の端を歩き進みますれば…ゲッ、なんやこれ。
 怖い。あぁ〜怖。ですけど…よろしいでっしゃろ。まぁ…これは“案山子”代わりなんでしょうけど、効き目はどうも人間にしかない気がしますなぁ。
 とまぁ「意味ないやん」とも思いましたけど、これ案外ドロボー除けなんかもしれませんな。農作物は当然、最近は豚まで盗まれること思うと…ね。
 劣化して薄毛になってより効果バツグン。首の下には“FONTAINE”…フォンテーヌとありました。フォンテーヌと聞けば…まぁ関西の人間にしかわからんでしょうけど横山ノックさんですよね。そんなフォンテーヌが経年劣化でノックさん的ヘッドに。何とも時代を感じますわ。

(於:奈良県大和郡山市) 上岡バージョンの動画がアップされてるけど…残念。

| | コメント (2)

2020年11月 8日 (日)

道の脇の夏の名残

 上町台地、道に階段。上がって左脇見ればこんな光景。
Natsunagori2 バラバラにされた扇風機。何とも痛々しい図に思うもマットレスの上…これは長年回り続けたことに対するいたわりなのか。そうとも思うも後ろに見えるプランターやら焦げたアルミ鍋、ビニール傘のくたびれ様からすると、全部まとめて粗大ゴミなんでしょう。
 一瞬凍えて温まって、そして何とも言えん気分に…とっくに夏も終わったこと思うとまぁあり得る光景ではあるんでしょうけどちょっと相容れん感覚かな。ただでさえ秋は物悲しいなるというのに、ね。

(於:天王寺区) “駐車禁止”もパイロンも含めて無言ながら伝えてるなぁ、何かを。

| | コメント (0)

2020年10月21日 (水)

民家に餃子の赤ちょうちん

 住之江区某所で仕事の前にちょっと探索。清々しい青空の下、ふと目に入った“赤ちょうちん”。何でここに?
Akachochin1 Akachochin2  はい、見ての通りです。綺麗な令和か平成かの民家の玄関袖にほれ、赤ちょうちんが付けられてます。歳末警戒やあるまいにこれまたけったいな図やことでと近寄りますればそこに記されているのは…“餃子”。益々もってはて?。
 ネットで調べるもさっぱりわからんまま。ま、こちらのお宅で美味しい生餃子が作られていて、それをおすそ分けしまっせってことなんやろうなと考えるのが妥当でしょう。けど…ですわ。
 仕事終え、再度ここに。「餃子二人前とビール」ってインターフォン押しましたところ…なんて嘘ウソ。そんな勇気はいつもながら出せんまま帰路に。ま、「あれは何やったんやろ?」のままの方が妄想膨らんでええっちゅうもんですやん…と、言い訳してこの辺で。

(於:住之江区) まぁ酒屋やないのに杉玉やら酒の琺瑯看板掲げてるお宅と一緒やろ…って誰の家や。

| | コメント (0)

2020年10月 3日 (土)

伐られたらそれはオブジェ…ちょっとちゃうけど。

 切り株…と言うには幹が残りすぎですなぁ。
Objet1 Objet2  砂子井路の淵に伐採された木の残りが一体。幹や枝が金網の向こうにこっちに入り組んでこの様にしか伐れなんだんでしょう。ちょっと悲しい図やなぁ…と最初思いましたけどなんかオブジェとして捉えるとなかなかな造形物に見えてきましたで。
 根元をよく見ると、かなり初期の段階で金網を取り込んで一体化しています。桜並木で知られたところの様ですので植樹された末にこうなったんやろと思うと、当初よりこの状態を想像していたのかもしれません…んなことないでしょうけど。
 二年前の風台風で傷んでしもて伐られたのか…こうなってしもたことは悲しいものの、オブジェとしてこれからも人々を和ませる存在として第二の人生を歩んでほしいもんです…って、誰が愛でるってか。

(於:門真市) 転落防止も大事やろけど、延々金網が続くってのも…なぁ。

| | コメント (2)

2020年9月28日 (月)

ツタと自転車

ツタ絡み 自転車取られて 徒歩移動…かな。
Tonanboshi1 Tonanboshi2 まぁ見かける光景ながら何とも感じ入るもんがあります。秋になり冬になりやがて茶色になるのかねー。そうなったらまるで錆びた鎖。これ、勝手にツタ絡まっている様に見えてますけど案外盗難防止でわざとこんな風にツタ生やしてはるんかもしれませんで、うん。カギなら「壊したれ」と思うもこういう状態やと逆に案外「めんどくさいな」と盗んだれ意欲も低下するってもんですよ、きっと…わからんけど、いや絶対。

(於:都島区) この前だけストリートビューの映像ないわ…

| | コメント (2)

2020年9月23日 (水)

PETボトルや缶のなる木…うそ。

 お彼岸ってことでクルマでお墓参りへ。信号待ちでふと見に入った庭木がちょっと変。
Caps  大きなりすぎたのか一定の高さで皆ばっさり。その断面にひとつひとつPETボトル(一部は缶)でフタがしてありますわ。その数23(たぶん)。伐ったところから腐ってくるタイプの木なんでしょうかね。そう思うと何とも心優しい対処ですなぁ…ですが、ね。

(於:京都府宇治市) 断面に塗る薬もあるけどもこれの方がおもろいからええわこれで。

| | コメント (0)

2020年7月22日 (水)

ガードレールに牛乳箱

 牛乳屋さんも大変でんなぁ。
A_milk  “宅配”基本やと思ってましたけど、こんなところに配達せんならんとはねぇ。何なんでしょ…そうか、ここらで路上生活してはる人のためかもしれませんな。それとか、“密”避けて自宅から離れたところを中継点にしてはるのか?
 とか何とか空想しましたけど、まぁ本来の目的以外に使われているんでしょうなぁ。ほれ、“薬”の密売とかありそうですやん…とかあれこれ思うんやったら開けて中を確認したらよかったなぁと思うも、その勇気ありませんでした。

(於:住吉区) ストリートビューで見ると場所が少し移動してる…何かあんな。

| | コメント (3)

より以前の記事一覧