路上観察

2021年7月30日 (金)

ぼっちポスト

 何があったか空き地の前でひとり…いやいっぽん佇む丸ポスト。
Malpos3  何や寂しい…ひとりぼっちな感じ。すっかりこころも折れたのか、いじけて斜めに立ってますわ。斜めは…垂直出てるか否かもそうですけど、道に面してこっちに向いてない…これも斜め。やっぱり変やわぁと思ってますれば…ん? これ、以前妙なやぁと記事化したヤツと同じなんとちゃいますかね。
 帰宅後過去記事探しますれば…あったあった。やっぱりこのポストです。そうか…当時は隣接する文化住宅との兼ね合いに妙やと思ったんですが、その建屋がなくなって更地になったんですなぁ。思えばその当時も妙でしたけど、今回ますますその妙なシチュエーションに磨きがかかったと言うべきことなんですね。
 普通この状態になると撤去もしくは移転する気がするんですけど…本ポスト、ここがお気に入りなんですね。丸ポストと言えば普通、景観に溶け込み市民生活になくてはならない存在って風情ですけど…きっとこれからもたまらん孤高感を漂わせて立ち続けることでしょう。
 で、写真は…ちょっと寒々しい雰囲気が漂っていますがじつはこれ、昨年の12月に撮ったもの。何か郵便絡みの記念日にアップしよと思うてるうちに月日が巡りまして先日、この前を通りますればこの空地に工事が入っている状態に出くわしさっさと出しとかんとと記事化したというわけです。さ、ここにどんなものが建ってそしてこのポストはどんな風に調和するのか はたまた違和感の歴史は繰り返されるのか。今後の状況はまた追って記事化することとします。

(於:東大阪市) 10年前はコメントたくさん頂いてたんやなぁとしみじみ。

※関連記事:
妙なシチュエーションに位置する“丸ポスト”。』 2011年8月 記

| | コメント (0)

2021年7月29日 (木)

緑化推進家屋

 あれこれ記すこともないでしょう。
Shigeruya  そこここにあるこの手の緑化とは格が違うというか…センスよろしいなぁ。夏を感じる街の一角。

(於:城東区) 意外と青いテントがええ仕事してるんかもな。

| | コメント (0)

2021年7月 9日 (金)

匿町名匿番地

 ここはどこやと目をやれば、雨でしっとりええ感じ。
338  目立つところに掲示してあって親切なふりしてますけど、実態は排他的やわぁって感じ。帰宅後調べますればここ“町”。あぁなるほどねー…って何が? いやその…ま、わかるひとだけでよろしいわ。

(於:滋賀県彦根市) 本来の目的果たしてへん方が存在感がある…妙なこっちゃ。

※関連記事:
町名も番地も剥奪された一角』 2020年6月 記
無町名無番地』 2019年12月 記
京のカメレオン町名看板…』 2010年11月 記

| | コメント (0)

2021年6月26日 (土)

ビルの壁面に細い階段がこびりついてますけど…

 ダメ元で昨日町医者に電話したら今日の昼過ぎで予約取れて…って新コロ対策のワクチン接種の話。まぁなんといともカンタンに。針の怖さ抑えつつの道すがらふと見上げますればめくれ上がったビニールシートの向こうに細っそい階段がふたつ見えまっせ。
Kaidan1 Kaidan2  えぇ、これ何ですの?。手前が更地であること思うとまぁ何がしかのビルがあってそれを解体したらこれが残ったってことでしょ。しかしまぁ…こんなところに階段が残って…この階段はいったい誰のものなんでしょ。
 帰ってストリートビューで過去を見ますれば…はぁ、なるほど。でも、わからんって感じ。2019年の時点でまだ更地の上にビルが残っていますが、残された右側のビルとどことなく“ふたご”な感じ。でも“ツインビル”てな風情でもなく別モンです。憶測ですけど同時に同設計でふたつのビルを同時に建てたのでしょう。しやからと言ってこういう風に(一応)隣のビルに荷がかかる様な施工をすることがあるねんなぁって感じがします。
 2020年の図ではこの問題箇所もシートで覆われてます。ええタイミングでここを通ったお陰でええもん見ることできて…即対応の町医者さんのお陰やなぁとしみじみ。で、ついでですからワクチン接種のことも記しておきます。

 指定の時間に行きますれば…今まで見たこともないくらいの混雑状況。いつもあり余っているスリッパも足らんほどの超密々。ちょっと怖かったわぁ…ってその密さ加減がね。まぁさすがにみんな無言を貫いてはりましたけど。で、怖い恐いとニュース映像で見て感じていた筋肉注射、それは…痛ないやん!。キツイ蚊に刺された時の方がよっぽど痛いわって感じ。まぁここの先生の注射はいつも痛ないのですけどもあれだけ筋肉に対して直角に打ってる映像何度も見てたら怖くもなるもんです…って、いっつもすぐにそのシーンになったら目をそらしてましたけど。ま、その後は妙な筋肉痛が…これは全然我慢できるレベル。けどまぁ2回目の方がしんどなるそうで…けど大丈夫、もう怖ないんでね。

(於:中央区) 混雑避けて打ってもろてすぐに出たけど…様子見せんでよかったんかいな。

※関連記事:
超純粋階段 in 上京区』 2009年8月 記

| | コメント (0)

2021年5月22日 (土)

扉ふたつ

 整形外科でもらった処方箋持って薬局へ。帰りしなふと目にした建物の扉に反応して一枚。
2doors  写真で見ればどことなく“旅先”な感じですなぁ…ってそんなニュアンスわかるかいな、ですかね。何なんでしょ、思うに妙な高低差とそれに対応する階段のせいなんでしょうかね。
 話戻って“扉”の件。ま、いわゆるトマソン物件でそれだけと言えばそれだけながら、なんか妙に空中を浮遊しながら通勤してはるんちゃうかと思わせるもんがあるなぁと。堂々ふたつあるからそう見えるのか先に触れた高低差がそう感じさせるのか。左端の看板よく見ればここは印刷屋さん。ただただ機械の入れ替え用の扉であるってことでしょうけど、そんな現実いちいち検証するとは…不粋なことで。

(於:中央区) この建物の向こうで生まれる谷町納豆

※関連記事:
庇、門灯付階段なし2階非常口。』 2010年10月 記

| | コメント (4)

2021年2月 8日 (月)

播磨町一丁目11角の庭

 住宅街の十字路、角にこんな庭があります。
Harimacho1  南も西も駐車場。ふつう“庭”と言えば家屋と共にあると思うんですけど…ここは何でこうなってるんでしょ。クルマが止めてあるところを含めていわゆる“家”だったものの、建物が解体され庭だけ残されこうなったのか。今回はストリートビューで過去にさかのぼるもわかりませんでした。しかしまぁ…なかなかええ一角やことで。

(於:阿倍野区) 樹木を残すことが税金対策になるとかあるんかもな。

| | コメント (2)

2021年1月12日 (火)

“自分の言った事した事全て(中略)必ず自分に返る”…

 クルマで信号待ち。右前のトラックにこんな言葉が。
888a 888b 888c   “正しい”か否かはわかりませんけど、新年を迎えて思っていたことなんですよねー、これ。
 じつは昨年の今頃も思っていたことで「うん、今年は自分勝手な感情や思想は、まず封印」を“一年の計”のひとつにしていたはずがあんた…全然やったことを思い出したところにこんな啓蒙看板が目の前に現れて…たまたまやないですな、これは。
 などと記しておりますが最初見た時には全然他人事の様に見つめていたという事実も報告しておきます。すぐに“ムカッ”はとりあえずどんな状況においても封印してみたろ…と。これが案外できてしもたら楽チンに生きられるのかもしれんなと思たりしますがどうでしょ。そこに自分の判断は不要やと思うと気楽なもんでっせ…などと思うと何や違う気もしますなぁ。それでもいっぺんそういうこと心がけてみるのはええ実験かもしれんなと思ってます。「できるもんならやってみぃ」…そんな声が全方位、内からも外からも聞こえてきますけどもね。

(於:高槻市) 気ぃつけとけへんと「キレるジジイ」になりかねへんからな。

※関連記事:
トラックに“恥ずかしいの極みでございます”』 2020年6月 記

| | コメント (0)

2020年12月27日 (日)

無用扉…ほぼ。

 “用無し”とは言いませんけど。
Door3 Door4  これって…意味あんの?って感じ。まぁ善良な市民は入らんでしょうけどドロボーはこんなんあってもなくても入りますわ。で、善良な市民はそもそもこんな扉なくても入りませんわなぁ。ある意味“無用扉”かな。

(於:門真市) もっと言うたらこの段差では…入れません、普通は。

| | コメント (0)

2020年11月16日 (月)

畑でフォンテーヌ

 奈良市某所で仕事。最寄駅が帯解って…桜井線って列車の本数少なそうやしと関西本線は郡山駅から歩いて歩いて小一時間。まぁあっちふらふらこっちふらふらとあるからこないな時間がかかるってことなんですけど。
Fontaine1 Fontaine2  普通の道ではおもろないわと田畑やため池の端を歩き進みますれば…ゲッ、なんやこれ。
 怖い。あぁ〜怖。ですけど…よろしいでっしゃろ。まぁ…これは“案山子”代わりなんでしょうけど、効き目はどうも人間にしかない気がしますなぁ。
 とまぁ「意味ないやん」とも思いましたけど、これ案外ドロボー除けなんかもしれませんな。農作物は当然、最近は豚まで盗まれること思うと…ね。
 劣化して薄毛になってより効果バツグン。首の下には“FONTAINE”…フォンテーヌとありました。フォンテーヌと聞けば…まぁ関西の人間にしかわからんでしょうけど横山ノックさんですよね。そんなフォンテーヌが経年劣化でノックさん的ヘッドに。何とも時代を感じますわ。

(於:奈良県大和郡山市) 上岡バージョンの動画がアップされてるけど…残念。

| | コメント (2)

2020年11月 8日 (日)

道の脇の夏の名残

 上町台地、道に階段。上がって左脇見ればこんな光景。
Natsunagori2 バラバラにされた扇風機。何とも痛々しい図に思うもマットレスの上…これは長年回り続けたことに対するいたわりなのか。そうとも思うも後ろに見えるプランターやら焦げたアルミ鍋、ビニール傘のくたびれ様からすると、全部まとめて粗大ゴミなんでしょう。
 一瞬凍えて温まって、そして何とも言えん気分に…とっくに夏も終わったこと思うとまぁあり得る光景ではあるんでしょうけどちょっと相容れん感覚かな。ただでさえ秋は物悲しいなるというのに、ね。

(於:天王寺区) “駐車禁止”もパイロンも含めて無言ながら伝えてるなぁ、何かを。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧