路上観察

2024年5月26日 (日)

瓦6枚の屋根、壁から。

 必要があっての屋根なんでしょうかねぇ。
6kawaras1 6kawaras2  アクセントとしてこの様に施工したという線も考えられますけれど、かなり謎。

(於:奈良県大和郡山市)人気ブログランキング ま、謎のままの方がええかもな。

| | | コメント (0)

2024年5月14日 (火)

桜ノ宮駅近く、煉瓦とコンクリの遺構。

 純粋に「かっこええわ」で、一枚。
Iko  都島区某所で仕事して、月末の仕事の備えて検便せんならんということでそのキットもらいに扇町方面へ徒歩移動。もひとつ土地勘ないエリアで左へ右へとウネウネ歩いてますと、環状線は桜ノ宮駅あたりの橋梁脇に昔っぽい煉瓦の構造物に遭遇。
 いかにも古そげ。これはどう見てもかつてこの上を鉄路があった風情やなぁと思うも、環状線以外の鉄路と言えばもう少し北側に貨物駅があったことしか知りませんわ。
 帰宅後調べますとかつて桜ノ宮駅から桜ノ宮線という鉄路があったとか。しかも100年以上前に廃線になっているみたいですから、この構造物が令和の時代に残っているとは…ホンマかいなって感じがします(写真の右側の方。左側は環状線の旧路らしいです)。
 まだまだ知らんことだらけですわ…って、知ってることの方が圧倒的に少ないこの事実。ま、知らんこと多い方がまだまだ日々発見で楽しいとも言えますけどね…と、開き直っときます。

(於:都島区)人気ブログランキング 撤去せん事実、不思議な気がする。

※参考にさせて頂いたブログ:
Kinoko Blog水道上陸橋:旧桜ノ宮線と城東線の合流地点
(ありがとうございました)

| | | コメント (0)

2024年5月10日 (金)

フレーム、屋根付き。

 フレームで区切られると、何ぞ意味ありそげに思いますけど…ありまへんな。
Frame  ま、写真に撮るって行為も同じ様なもんかもね。
 よく見ると屋根まで付いてまっせ…ってことで“掲示板”の板抜けただけのことでしょう。超小ネタ。

(於:東成区)人気ブログランキング 新緑がええ仕事してんな。

| | | コメント (0)

2024年5月 7日 (火)

“道路基準点”と記された鉄蓋

 仕事の打ち合わせで地下鉄は喜連瓜破駅で下車。しばし歩きますれば雨上がりの歩道に量水器の鉄蓋が。湿気帯びてええ質感やわと近寄ってよく見ますと大阪市の市章の下には“道路基準点”の文字とありますわ。
Kijunten1 Kijunten2  道路基準点と言えば路面に打ち付けられ太い釘みたいなモンはよく見ますが、こんな鉄蓋に守られたのがあるとは知りませんでした。よっぽど大事な基準点なんでしょうか。
 この形状のものはネット上では見つけられませんでしたが、丸型のものはそれなりに存在する様です。いつも参考にさせてもらってる姫路の主婦、安部さんの“お散歩 Photo Album”に“鉄蓋の殿堂”という括りがあり、その中の“基準点1”に色々と載っていました。

(於:平野区)人気ブログランキング 主婦安部さん…すごいなぁ。いつも有り難うございます。

| | | コメント (0)

2024年4月 1日 (月)

無用戸袋・無用庇

 地味ながら、ここにトマソンふたつ。
Wtoma  無用庇に無用戸袋…てな解説は無粋か。まぁ“無用出窓”かもしれませんけども。

(於:寝屋川市)人気ブログランキング そのうち戸袋ってなくなるんちゃうか。

| | | コメント (0)

2024年2月15日 (木)

煙突風オブジェ

 富田林市某所で仕事。近鉄は富田林西口駅で下車してしばし探索と思うも小雨降ってきやがって…はどうでもよろしい。まぁ何もネタ見つけられんやろと思いつつ歩きますれば、こんなのに遭遇。
Kazari1 Kazari2  煙突の様で…その役目を果たしてないところを見るとこれ、何ですのん?。そもそも玄関の軒を突っ切って刺さってるのが妙。ストリートビューで遡って見ても10数年前からずっとこのまま。ま、煙突っぽいですけどただのオブジェの様で。

(於:富田林市)人気ブログランキング いわゆる“純粋煙突”ってことや。

| | | コメント (0)

2024年1月31日 (水)

路上の記号、路面下の可視化。

 ちょいちょい目にする図ではありますけど、ここのは妙にカッコよろしいで。
Romen2  道路に何が埋設されているのかを表しているであろう図。素人には何ぞの暗号みたいなもんでもひとつわかりませんよね。その道の人しか解らん風情が何ともそそられるってもんです。
 二次元的に記されたものがまぁ普通よく見るヤツですけどこれは何となく立体的な感じがします。これ、埋設されたものがパイプ状やということなのでしょう。ちょっとした工夫(?)で素人なりにも地中が想像できると言うもんです。
 この画像サイズでは判りませんが奥の方に“不明”なる記号も書かれています。その道の人でもわからん管が埋まってるって何とも不思議な感じ。ま、大事故に繋がらなんだらそれはそれでええんとちゃいますか。

(於:中央区)人気ブログランキング 0”を“===”の両端に付けただけで、こないに想像しやすくなるとは。

| | | コメント (0)

2024年1月 4日 (木)

空中移動用扉 2

 実家へ一瞬帰省…“一瞬”を“帰省”は言いませんか。で、帰路、時々しか使わん道を走り南下。信号待ちでふと窓越しに見上げますればそこにトマソン物件。
Skydoor5  ここの前、それなりに昔からクルマ移動してますけどこんな解りやすい空中ドアあったあんかいなと思いつつストリートビューで調べますれば、かつての状態ではまぁ気づかんで当たり前…かな。
 リニューアルして扉も新品に付け替えられたところをみると、“行きがかり上”ではなくて本気の“空中移動用扉”かなぁ…な訳ないない、たぶん。

(於:東大阪市)人気ブログランキング まぁ未来の発展信じて残してはるんやろうなぁ…とか何とか。

※関連記事:
庇付き、扉っぽいオブジェ…』 2022年6月 記
空中移動用扉』 2022年5月 記

扉ふたつ』 2021年5月 記
庇、門灯付階段なし2階非常口。』2010年10月 記

| | | コメント (0)

2023年7月24日 (月)

壁面だけ、二次元建屋。

 ここまで“まんま”はちょっと珍しいんとちゃいます?
Sonomama  隣接建屋解体したら、普通はそれなりに整えてナンボやと思うんですけどね。ストリートビューで見ますともう10数年このままの様子。まぁこの旧建物の壁を解体すると隣の家まで崩壊するかもしれんってことですかね。見た目の補修費用をどっちが持つかが決まらんまま今日に至る…もうすっかり隠れた観光名所になってるでしょうな、うん。

(於:京都市伏見区)人気ブログランキング 酒蔵でもあったんやろかと思うもそれにしては敷地狭いし…

※関連記事:
ビルの壁面に細い階段がこびりついてますけど…』 2021年6月 記
消されかけるも残った暁富士』 2020年10月 記
二次元暁富士』 2017年9月 記
二次元の家…隣家の壁にくっきり転写』 2008年9月 記 ほか

| | | コメント (0)

2023年6月24日 (土)

無用庇、無用手摺、診療所。

 溶け込みつつも、トマソン物件。
Shinryosho  ここは診療所。現役かどうかはちょっとわかりませんが。昭和は30年代な風情そのまま。懐かしわぁ…って初見ですけど。

(於:柏原市)人気ブログランキング “医院と診療所”って“交番と駐在所”的違いがあるんかと思ってたら…一緒なんや。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧