路上観察

2022年7月 6日 (水)

家なくなるもこびりつく面影

 ま、よく見る光景。
Ienoato  ぼんやり残るそれもええんですけど、こういうくっきりモンもよろしいな。一応同系色で補修してありますけどあきらかに明度が違てます。これはワザとやってはるのか「こんな色やろ」と塗料を用意したけどかなり違ってたってことなのか。何となく後者の様な気がしますけど…ってそれはないでしょう。プロの仕事でしょうから、ね。

(於:守口市) ひび割れの補修が血管っぽい…か?

※関連記事:
消されかけるも残った暁富士』 2020年10月 記
二次元暁富士』 2017年9月 記
二次元の家…隣家の壁にくっきり転写』 2008年9月 記 ほか

| | | コメント (2)

2022年6月10日 (金)

庇付き、扉っぽいオブジェ…

 阪急神戸線は神崎川駅降りてしばらくのところが今日の仕事の現場。ここらはあんまり馴染みないなと思いつつ行きますれば…おっ、ここにも空中移動用の扉がありまっせ。
Skydoor3 Skydoor4  前回のそれより味わい深いと言うか昭和感全開。庇完備の本格派。いわゆるトマソン物件やわとその場ではただただ写真撮っただけでしたが、よく見るとこの扉、外に掛金(錠前を取り付ける金具)付いてますやん。ということは中から開け閉めできんということ。不意に開けて転落せんのやとひと安心…はよろしいか。
 外からこの扉へは行けん、中から解錠できん、元々は階段があった風情なし。これ完全なる扉っぽいオブジェってことですな。知りませんけど。

(於:淀川区) 跡形ないだけでやっぱり昔は階段あったってことなんかなぁ…わからん。

※関連記事:
空中移動用扉』 2022年5月 記

| | | コメント (0)

2022年5月18日 (水)

空中移動用扉

 おぉこれは完全なるトマソン物件。
Skydoor1 Skydoor2  ええ天気。気持ちええわと仕事の現場まで歩いて行って帰って汗かいて。途中見た図に思いますわ「空中移動できたら気持ちええだけで済むのに」…ってはい、こじつけです。
 帰宅後ここを調べますれば何とかつて撮ったところ。ですけど全然違うネタで記事(“2010年。スタートはヤマトラから。”)にしていて全く気づかずにいました。隣の建物がなくなってはじめて見事に突き抜けた高所物件として昇格…ってところかな。
 余談ですが当時の記事で愛でていたカッコいいトラのマークは、建物を使う法人が変わって完全に消滅していました。

(於:東大阪市) なくなった隣の建物の法人、調べたら破産…一気に気分どんより。

※関連記事:
扉ふたつ』 2021年5月 記
庇、門灯付階段なし2階非常口。』2010年10月 記

| | | コメント (0)

2022年5月13日 (金)

止キれ

 北浜へ。漆工芸作品にふれて柔らかさの中に漂う凛とした世界に感銘を受け次に某画伯の展覧会へ。突き抜けたその作風に自分が歳老いた時を想像してヤバいなと思いつつさぁ昼ごはん食べよかとさっさとすっかり現実モードに。昼から老舗なすき焼き屋さんでテキ(ビフテキのことね)にビールと数年ぶりの贅沢かまして帰路、向こうの道面に“”。
Tokire  近寄りますれば…ま、そういうこと。「ふつう解るやろ」ながら、湿ったアスファルトに何げに白スプレーで描かれた暗号めいた記号もかっこええしと一枚。載せるほどでもないと思たりしますけど…ま、よろしいやろ。

(於:中央区) 凝り固まるか、突き抜けるか…そこや。

| | | コメント (0)

2022年3月 9日 (水)

├ ┤ ├   ┤ ├ ┤

 施工直後に見るとなかなかのインパクト。
Ttt1 Ttt2  ま、その様に道があってドンツキ3つなんですけど。

(於:生野区) 何げに“ ト イ レ ”…無理あんな。

※関連記事:
ザ・とび出し注意』 2021年8月 記

止まれ止まれ』 2019年3月 記
曲線細道にいっぱいいっぱい“とび出し注意”』 2015年11月 記

| | | コメント (0)

2022年3月 7日 (月)

仮舗装にある路面表示がええ感じ

 京都は西陣へ納品。京阪の出町柳駅から歩いて15分、足元見れば仮舗装のアスファルト上がええ感じ。
Tegaki  律儀な仕事やというのは当然のことなんですけど、何げに本来の状態より絵心を感じるというか何というか。仕事としてきっちりしつつも少々楽しんではる職人の姿が瞼に…って大袈裟に言うとね。これ見るとあれなんかかなりもひとつ。

(於:京都市上京区) 色合いとかも含めてなんかかわいいねんなぁ。

 ※関連記事:
歩道上の意匠まで仮再現してありまっせ』 2017年9月 記

| | | コメント (0)

2022年2月28日 (月)

恐怖に訴えるいかにも令和な注意書き

Odoshi1 Odoshi2 一昨日の記事とは真逆の路線。何とも言えんおどろおどろしさ。もちろん疫病の効力をちらつかせた文言がいかにも気色悪いんですけど、割れパイロンの視覚的インパクトがまた何とも効果絶大。ここは近付かん方がよろしいで…って、感染リスクが高そうやからって訳ではなくてね、はい。いかにも令和な注意書き。

(於:摂津市) しかしながらもうちょい丈夫なパイロンってできんもんなんかなぁ…

| | | コメント (0)

2022年2月26日 (土)

奥ゆかしい“やめてね”

 路地の隅、鉢植えの横の小さな板に何か書いてありまっせ。
Yametene1 Yametene2  そこにあるのは“やめて”。こうあらねばなぁ。むしろ「糞尿禁止 !!」より効果ある様に思えます…ってそもそもここには“何をやめてほしい”のか示してませんし。そやっ、こういう言い回しこそ“町の暮らし”やないですかね。直球やなく相手に判断を委ねる…しゃれてるなぁと思うのであります。

(於:中央区) 思えば電柱のネキにある“⛩(とりい)”や“卍”表記も同じくらい奥ゆかしいか。

| | | コメント (0)

2022年2月12日 (土)

自販機 草むら 自販機

 何げに妙な光景。
Jhkmjh
 ストリートビューで過去見れば10年以上前からこの感じ。放置されてこうなったと言うより意図があってこの状態なのでは。ほれ、草むら避けてわざわざ左側の自販機が扉の前半分を塞ぐ形で置かれてますやん。なんぞ由緒あるありがたき土地なんかもしれませんで。合掌。

(於:天王寺区) “都会のオアシス”と捉えてはるんかも。秋虫の音が聞こえる…気がする。

| | | コメント (0)

2022年2月 7日 (月)

駐車ご遠慮下さい 駐車ご遠慮下さい 駐車ご遠慮下さい 駐車ご遠慮下さい

 こんだけ置かんと効き目ないんか…
Nononono …と思いつつストリートビューで検証しましたらひとりぼっちが寂しかったか嘗められたか、ここ10数年で徐々に近寄ったり離れたりを繰り返し、2018年からダークダックスよろしく4本で仲良く任務にあたってる様子。なアホな。

(於:八尾市) チャンバラトリオに例えた方が大阪っぽいか。

※関連記事:
“駐車禁止”の看板5本…なぁ』 2009年9月 記

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧