大阪ネタ

2021年2月19日 (金)

“防犯カメラ設置町内”

 過日たまたま歩いた商店街。見上げれば街路灯の袖にこんな文言。
Anan1Anan2Anan3 商店街の名前は全然目に入ってこなくて…というかそれ以上こころに刺さったのは、キャッチフレーズ(?)の文言。

 “防犯カメラ設置町内

 まぁ…事実を記してあるんでしょう、事実をね。
 しばらく行くとこんどは、

 “安全・安心

 これも事実…いやこれは願望かも。

 ストリートビューで過去に行きますれば少なくとも2013年にはもうこの売り文句(防犯カメラ設置町内)が掲示されています。
 まさに“安全・安心”。そう思う気持ちと薄ら寒なる気持ちと…微妙なとこですわな。

(於:生野区) 防犯カメラ、昔は嫌悪感持って見てたんやが…最近は“安全・安心”思う気持ちの方が強いな。

※関連記事:
防犯ブザーに防犯カメラで監視されたバッテリーふたつ』 2020年1月 記
徹底的に「不法投棄ダメ」を示す歩道の一角』 2014年5月 記

| | コメント (0)

2021年1月28日 (木)

落城…靴の病院。

 ちと記事化するのが遅なってしまいました。
 谷町五丁目にあった孤高…孤低(?)の靴修理屋さんのビル、先日所用で前を通りますればすっかり防塵シートに覆われてこんな姿になってしもてました。
Lafesta1 Lafesta3  あぁついに地上げられたのか…って感じ。五階建のビルながら、まわりがどんどんタワー化していって何とも取り残され感があったのは事実ながら「頑張ってるなぁ」とひそかに応援していたのに。あ、その建物自体も応援してましたけど、ここの靴修理に合鍵づくりがこれまたうまいことやってくれはる上に良心的価格やったので商い自体も応援していたのに。その腕を買われてでしょう、全国から宅急便で修理物が送られてきているらしく、店のカウンター上は荷物まみれになっていたのも…もう思い出になってしもたんですなぁ。
 もう既に解体が始まっていて貼り紙も何もない状態でした。ネットで調べるも移転されたのか廃業しはったのかもわからんまま。それがまたさみしいですわ。更地になって「…ん?以前どんな建物あったかいな?」と思うことがほとんどですがここは…違いました。そやっ!これは建て替えかもしれませんで。ヒョロッと細いなりにもタワー化して帰ってくるかもしれませんで…と、勝手な想像をしつつその日を楽しみにしておきますわ。

(於:中央区) 南隣のビルも建て替え始まってる…不要不急の外出控えているうちに。

| | コメント (0)

2021年1月19日 (火)

阪神高速環状線から中之島東端の眺め、午後3時25分。

 年に一度の伊丹空港行き。コロナ禍の中、上六発着の空港バスも乗客ちらほら。ひと気のない空港着いて飛行機の行先表示板見ると“欠航”まみれ…ってこれは、悪天候も手伝っての話かな。リニューアルで綺麗に生まれ変わってるのでことさら寂しい思いがしますわ。
 てな写真も何や前向きな気持ちになれんわ…ってことで帰りのバスの車窓から撮ったこの写真でいっときましょか。
2101191525  大川にかかる天神橋に天満橋。その向こうにこれまたうまいこと横長の雲が湧いてええ感じ。まぁそれだけのことながら、ちょっと湿った気分が緩和されたのでありました。

(於:北区ー中央区) 所用も若干緊縮ムード漂うも楽しかったぁ…って、さらに緊縮続くと…

| | コメント (0)

2021年1月18日 (月)

法円坂一丁目、1月17日午後3時39分。

 昨日のこと。非常事態宣言中やしと家にこもってるとたまらん不健康な気分になってきてひと気なきところへ散歩に行きますれば、こんな景色に。
2101171539  広大な更地、建って間もない集合住宅に建設中のタワーマンション…いかにもな寒空も手伝って「ここはいつのどこやねん」な感じ。26年前を連想するもその思考回路が何か不謹慎な気もして。しかしまぁ何というかこれも“大阪市中央区”なんやなぁと。

(於:中央区) 「ここらはマスク要らんで」思うも付けた状態が普通になってるな感覚的に。

| | コメント (0)

2021年1月10日 (日)

これが市バスの新デザインか…シティバスやが。

 所用で港区某所へのクルマで移動中、初見の市バスが信号待ちしているのに遭遇。走り出して一枚。何とか撮れるも逆光やしひと歩いてるし…けどまぁこれでよろし。
Ocb5  調べますればこのデザイン、大阪シティバスの新しいデザインとして採用されたもので昨年11月より運用開始、今後順次この色合いに変えられていくとか。えっ?一昨年見かけた三案のどれともちゃいますね。で…これなんか。「これなん…」が正直な印象。
 調べますれば工業デザイナー、奥山清行氏が大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)チーフデザインオフィサーに2019年7月就任、監修して生まれたものとか。
 そうか…以前見かけた新デザインのバスは奥山氏就任の前のことやったこと思うと、それらはお気に召さなんだってことなんでしょうかね。
 これを含め、4つの意匠を施したシティバスを見たわけですが、やっぱり一番最初に見たヤツが奇抜でシックで飛び抜けて好きやったんですねど…残念。4つ見比べると、本採用のこれがいちばん普通っぽいというか…(以下自粛)。
 せっかくですからここに以前見た三案を再掲載しておきます。
Ocb1aOcb3aOcb4a
 さて皆さんはどれがお好みでしたか。で…試験的に走らせていたこれらの意匠はどうなるんでしょうかね。塗り替え(貼り替え?)られずに異端車両としてずっと走り続けてほしいもんです。

(於:西区) 某サイトでは“ファミマっぽい”と表現されてましたけど…ホンマ。

※関連記事:
ようやく三つ目、新デザインの市バス…シティバスやが。』 2020年3月 記
またまた新デザインの市バス…シティバスやが。』 2019年4月 記
新デザインの市バス…シティバスやが。』 2019年4月 記
日本城タクシーのゼブラバスが、より昔風になってる。』 2014年2月 記
懐かしの大阪市バス風ゼブラバスは何や?』 2013年6月 記
市バス待ってたら、ゼブラバスが来たで!』 2014年1月 記

※関連サイト:
路線バスに新デザイン車両を運行します。大阪シティバスのニュースリリース

| | コメント (0)

2020年12月29日 (火)

舞洲の焼却場、見上げるとそこに “みおつくし” で、雑感。

 これも某元・政治家は「無駄なハコモノを作ってすべて失敗」 のひとつとしてカウントしてはるのでしょうかね。
Mgskj1  今月上旬仕事で訪れた舞洲。否応なしに目に入るのはこちらの建物。ゴミの焼却場であること思うと、有名そうな割にマイナーな存在なのは当然と言えば当然なのかもしれません。
Mgskj2Mgskj3 見上げれば「どやっ!」と堂々の大阪市の市章“みおつくし”。そう、こうでなきゃ。写真にもある通り現在では純粋な大阪市のモンではありません。大阪市,八尾市、松原市、そして近年、守口市も加わって“大阪広域環境施設組合”なる組織の舞洲工場として稼働しています。それでもやっぱり堂々の“みおつくし”。11月の住民投票を思うとなおのこと「これや、これが大阪市や」って気分になるもんです。
 この焼却場と近くにある下水汚泥の処理施設(舞洲スラッジセンター)、共にフリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー氏というオーストリアの建築家によるデザインで、数千万円を支払ったとかのことですから、まぁ「ムダや」とか「アホらしい」ってのもわからない訳でもないんですけど、何なんでしょ、許てしまえるだけのエネルギーがそこから発散されてるって気がします…なんてね。
Mgskj4  焼却場が2001年、汚泥処理場が2004年…調べますれば2008年のオリンピック誘致にも関係しているらしいです…と知るとちょっとボルテージ下がり気味。月日巡って今度は万博のシンボルになるのかと思うと…コメントは控えさせてもらいましょう。けど、これは言うときます「カジノはイランでカジノは」。
Mgskj5  此花大橋を渡って遠目に見ても、やっぱりなかなかの存在感。不思議な光景。いいなぁ何かこんな大阪もあってええんちゃいます。ちなみに「ほなこのデザインが好きか?」と問われると…これが何とも微妙で。ま、好きとか嫌いとかそういう下世話なレベルから超越したところのモンやねんなと理解しています、はい。

(於:此花区) そこここでアピールしてるみおつくし…大阪市でこそ大大阪。

| | コメント (0)

2020年12月26日 (土)

電飾の御堂筋に大阪バス、午後6時57分。

 今年も御堂筋はコロナ禍お構いなしに電飾で賑やかなことで。
2012241857  って何かちょっと否定的なフレーズを記しておきながらまぁそれなりにええんちゃうとクルマの窓越しに思ったんですけど、それよりここに写りますのは大阪バスの路線バスで、近年八尾や東大阪で近鉄バスや大阪市バスが撤退した様なところを走ってるのを見かけますが、大阪市内でも展開してるんですなぁ。
 この路線は大阪駅前と心斎橋大丸前間ノンストップで210円と、大阪市バス改め大阪シティバスの8系統と被ってます。やはり近年上六と阿倍野を結ぶ近鉄バスが運行していることを思うと、市営モンロー主義も遠くになりにけりで、大阪市営交通も民営化でええこともあったんやもしれません。
 話戻って大阪バスの路線バス。この御堂筋のは知りませんが中河内で見かけるそれは、気の毒なほどいつも“空気を運んではる”って感じですけど…大丈夫なんでしょうか。なにがしかの補助金が出てるんかとどうか…ある意味乗るんやったら今のうちの様にも思います。

(於:中央区) “大阪バス”って名前が…“大阪バス”っぽい上、“大阪ス”っぽいな。

| | コメント (6)

2020年11月19日 (木)

大阪城の空堀に架かるパイプラインは、

 何げに気に入っている大阪城の空堀に架かる二本のパイプライン。過日西の丸庭園へ行った折にも紅葉やお城撮るお子をよそに「こっちがかっこええねがな」と一枚。
Osakasuido1 Osakasuido2 やっぱりええわ。えも言えん違和感ある光景ながら“重厚”って線では溶け合ってる様にも見えてかっこよろしいな。で。いつも「これ何なんやろ?」とは思うも「まぁ観光地となって下水とかの排水用なんやろ」程度に想像し、それで終わらせてましたけど、一応調べてみよかと今回ネット上だけですけど調べますれば…そうですか。そないなもんやったとは…

 (「知ってますがな」なお方は、以下もう読む必要ありませんので、はい)

 簡単に説明しますとこれは大阪市水道局の配管で、大阪市域で最も高所である大阪城の東隣地下に“配水池”があって、そこに水道水を一旦貯めた後、勾配を利用して大阪市内各戸に水を供給するための太い水道管やそうです。しかもこの施設ができたのが明治28(1895)年でずっと何の問題もなくの現役。その上この管をつくったのは大阪砲兵工廠ということです。
 で、もひとつ。これ全然気づかなんだんですけど、この管の石垣に面した部分には、馴染む様にと石垣の絵が施されているらしいやありませんか。ほんまかいなと写真を拡大してみますと…あっ、確かに。いつ描かれたものなのかはわかりませんがなかなかな配慮やなぁと思いつつ「ちょっと大蛇みたいや」と見てしまうと…怖って感じがします。
 しかしまぁなんと申しましょうか大阪市民としてそんなことも知らなんだんやというこの事実に我ながら唖然としますわ。“知”を軽視しとったらあきませんなぁ。

(於:中央区) 水道民営化反対っ。

※参考にさせて頂いたサイト:
・風の森さんのブログ『Kazeの散歩道』内“大阪城散策(*^-^*)
・サイト『大坂城 豊臣石垣公開プロジェクト』内コラム“石垣発見のきっかけとなった配水池
有り難うございました。

| | コメント (0)

2020年10月28日 (水)

我孫子四丁目1の午後3時9分。

 秋晴れの一日、仕事もないし…ってことで古都奈良は飛鳥へ行ってきました。
2010271509  土壁家屋に瓦屋根、たわわに実る柿の木、青空の下空気もええしで新コロをしばし忘れての深呼吸。なんと気持ちええ秋の一日でしょ…なんて嘘ウソ。これは昨日の大阪市内、あびこ観音の境内と思われる(?)一角の午後の図。
 ええわぁここ。まだ不要不急の外出控えた方がええに決まっている今日この頃ですからなおのことここで旅気分を味わうことの有り難さを実感できるってもんです。日本一の高層ビルもあればタイムスリップできる一角もあってなんとレンジの広いこと。ええでええで、大阪市。

(於:大阪市住吉区) いろいろあってナンボの大阪市でっせ。ホンマ。

| | コメント (0)

2020年10月25日 (日)

秋晴れの青い空と…落とし穴。

 まさに秋晴れって感じの気持ちのええ一日でしたなぁ。
2010131313  スカッと冴え渡った青い空に雲ひとつふたつ。上が見せかけで下が現実…写真見てるとそんな風に思えてきまして。落とし穴にも見えますなぁ。大丈夫か!大阪市。あと一週間。どうか落ち込まん様にと願うばかりでっせ…とか記しておきながら写真は半月ほど前に近鉄は高見ノ里駅ホームから見た昼下がりの図でした。すんません。

(於:松原市) 二度ある事は三度ある…ってなるんやったらどんな結果もでええで、な。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧