大阪市東部

2020年1月16日 (木)

本物とニセモノ、夢の競演。

 旭区某所で仕事して、天気ええから歩いて帰ったれ…の道すがら、こんなのを発見。
Kyoen  カイヅカイブキかそれに似たやつに混じって木の形したオブジェが2本。「ははぁ、枯れたヤツを作り物に置き換えはってんな」と面白がるも「…ん、これは天然と人造…すなわち自然と人間の共存ってテーマかもしれんで」。そう思うとマンマと仕掛けにはまったみたいな気になって、一気に盛り下がったのでありました。
 が、ですわ。家に帰ってストリートビューで過去にさかのぼってみますれば…あっ、やっぱり最初思った通りっぽい。この人造もんに置き換えられた2本のところに位置するヤツが枯れてますわ(2018年の状況)。
 しかしまぁよくぞこの様な手法で直しはったもんですな。思えば入れ歯とかインプラントもこんなもんですから、いたって普通な方法なんかもしれませんけど。以下正味の見解として考えられるのは、「根っこ張るだけの充分な土がないからまた枯れまっせ」ってことでこうしはったんかもしれません。これから5年後10年後も楽しみな物件です。

(於:城東区) ここ、商業施設とか店舗設計なんかの設計施工の会社…お手のもんや。

| | コメント (2)

2019年11月23日 (土)

ブロック塀からねっとりこぼれ落ちそうなマキ

 ブロック塀の向こうからねっとり植物が流れ出してまっせ。
Nemekujici1 Nemekujici2  これは…マキですな。何がどうなってこっちに向かってこぼれ落ちそうになっているのか…どうもこの部分にも通気口みたいなブロックが積まれているみたいですが詳細はわからず。まぁ解らんほうがおもろいってこともあります。1年後にはドロっとこっちに転落…は、なさそう。9年前からこんな感じみたいですから。

(於:生野区) ええセンスしてはるわぁ。キモカワ。

| | コメント (2)

2019年11月22日 (金)

外国語のローマ字表記 49 ◇ TATSUMI NO.6HAITSU

 地下鉄は北巽駅出たとこで待ち合わせ。何げに向かいのマンション見ますれば…ありました、HAITSUが。
6haitsu16haitsu2  HAITSUネタはこれで4つ目。以前にも書いたかもしれませんがハイツは“HEIGHTS”で“高台にある集合住宅”の意味なことを思うと高台でもないこの手のモンはまぁ今や日本語ってこととも言えますから…これで正解かという気がしてきました。しかしながら…“6HAITSU”って…スキマ空けなはれって感じ。

(於:生野区) “NO.6”ってことは少なくとも6つはあるんか、HAITSUがここらに。

| | コメント (0)

2019年11月21日 (木)

めし→、なし。

 夕方5時から仕事…って日没後ですやん。その前にちと探索。あっ、前も見たことある懐かしの“めし”の看板。まだあるわ。
Meshi1 Meshi2  看板のところにめし屋なし。矢印→に従って向かい見るも…なし。その奥の路地にあったんかもしれませんけど…それらしきもんは見えなんだ。懐かしく侘しく設置場所も妙でなんか不思議な看板。生野区っぽいんかなぁ、知りませんけど。

(於:生野区) ストリートビューの過去でも見当たらん…やっぱり路地の奥なんかなぁ。

| | コメント (2)

2019年10月25日 (金)

絶対開かん門

 そもそも門っぽいだけかもしらんくらい完璧なる出来。
Akanmon1 Akanmon2  郵便物の投函口は現役。ええ味だして…憎いヤツ。

(於:東成区) 直線美に丸い庭木…ええ調和。

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

ツタ家と緑のトンネルと

 何や急に寒なって冬間近って感じ…って言っても寒空とはほど遠いスカッと晴れ渡った青空に向かってツタが勢いよく生長してまっせ。
Tsutaya6 Tsutaya7  半分はえらいとこから生えてまんなぁ。歩道に置かれた会所マスからアーチ描いてみどりのトンネルに。まぁそれでもここまで大きくなっていること思うと、もう大地に根をおろしていることでしょう。ストリートビューで過去を見ると冬場は葉を落としている様子。今期最後の繁りまくり状態を見ることができてうれしいなぁ、何となくですが。

(於:東成区) くぐり抜けたかったけど、なんとのう気後れしたのが悔やまれる。

※関連記事:
俊徳道の 緑のトンネル 涼やかや』 2016年9月 記
巨大樹木かモリゾーか? …否々。』 2010年12月 記

| | コメント (2)

2019年8月25日 (日)

昭和なプラ看板 184 ● オッペン化粧品

 古くさい感じはありませんけど、なんとなく'70年代っぽいかな。
Oppen1 Oppen2  青地に白の潔さ。菊かタンポポ(ウニかイガグリ?)の様なマークの下、空間を飛ぶホタル一匹(に見える)…さすがに化粧品会社のそれだけにやり過ぎることなく洒落た世界観を…ってまたわかった様なこと書いてからに。
 オッペン化粧品と言えばテレビ番組“新婚さんいらっしゃい”の提供社のひとつやったイメージが強く残っています。あと、調べてましたら…そうそう、青いネオンサイン。確か梅田にもありました。当時は全国各地にあったそうですが、香川県にひとつ残っていたとかで、その動画がこれ。懐かしい…けど、なんか沁みますなぁ。それも昨年撤去されたとか。まぁ目立ったところでは露出してはりませんけど、従来の訪問販売中心に着実にやってはる様です。大阪発祥の会社、応援しよ…って、気持ちだけですが。あ、オッペンは英語のオープンとドイツ語のオペからの造語やそうです。

(於:城東区) ホタル風のV字は…“オッペ〜ン”を視覚化したものとの説あり(ウソ)。

| | コメント (2)

2019年8月12日 (月)

昭和なプラ看板 183 ● ダイジヱット

 まったく馴染みがないものの、いかにも昭和な色合いやなぁと思いまして。
Dijet1 Dijet2  社名にあるDIJETは造語でしょうか。“超硬工具”の字があることからこのマークはダイヤモンドの硬さを表現したものなのかと想像しますが…どうでしょう。大阪は平野区に本拠を構えるダイジヱット工業。素人にわかるところではドリルの先などを手がけてはる会社の様ですが、工作機械とかその道のプロを相手にあれこれ手がけている様です。一般には知られずともなくてはならない存在が大阪にある…なんか嬉しいなりますわ。

(於:城東区) 社長さんは代々“生悦住”さん。“イケズミ”と読むとか…

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

染み付いた諸々、城東運河に架かる環状線の高架下。

 怪しげな雰囲気が徐々に薄れど、
Kekkai  空気は澱み続けている様にも思われるのは、気のせいか。

(於:中央区ー城東区) 仕事終えて京屋本店に誘てもろて…有り難いなぁ。愛すべきアホげ民

※関連記事:
午前11時39分、鴫野西二丁目から城北運河越しに南西を眺める。』2019年2月 記

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

広告塔、錆びサビ…2

 昔からこんな感じ、少なくともここ15年は。
Toyohifu1 Toyohifu2  この状態ではありますが、お店は健在。さっぱり読めんわいと思いつつ、そこの屋号に業種から想像をまじえつつ解読しますれば、
 トーヨ 皮 フ ◯ 』
 と上から3つは判読できましたがいちばん下のは完全に錆びてしもて読めません。たぶん“薬”とでも書いてあったんでしょうかね。
 写真で見る通り、もうまわりは広告塔より高い建物だらけ。遠くから見てナンボのもんですから新調する気にもならんのでしょうなぁ。しかし何です、よく見たらその横、屋上に生える木も感化されたのか茶色なってますわ。例によってストリートビューでチェックしてみますと2016年春までは独自に頑張っていた様ですが。

(於:城東区) よく見たら垂直出てませんで。

※関連記事:
広告塔、錆びサビ…』 2016年2月 記
昔の広告塔のいま。』 2008年1月 記

| | コメント (0)

より以前の記事一覧