大阪市中部

2021年3月 1日 (月)

法円坂一丁目で日没、午後6時5分。

 今日から緊急事態宣言も解除されて…ってそれが理由ではないんですけど所用を終えて森ノ宮あたりからとぼとぼ歩いてますればちょうと夕暮れ。ラジオ聞きつつ地味な夕焼け空愛でて…日が長くなったもんやって、そらもう今日から3月やこと思うとこんなもんなんですなぁ。
2103011805  造りかけのタワーマンションの向こうに陽は落ちたのかまだなのか…どうやらこの時点で日没後10分ほど経ってた様ですけど。
 昨日まで「外に出んとこ」と悶々とした気分で家にこもってましたけど…うん、やっぱり外の空気吸うてナンボですなぁ。夕暮れ時がこないにワクワクする感覚も久々のことですわ。ちなみに外に出ん日々になってる本当の理由は花粉対策でのこと。あと、残念ながらコロナ禍による経済状況悪化もまぁそれなりに…はい。

(於:中央区) 人生にちょっとした焦りを感じるのは…

※関連記事:
法円坂一丁目、1月17日午後3時39分。』 2021年1月 記

| | コメント (0)

2021年2月26日 (金)

業界団体の会館 113 ◆ 大阪土地家屋調査士会館

 前からあるなぁと知りつつも「業界って言っても法人の業界やなさそげやし…」とほっといていた会館。
Otkck1 Otkck2 その名の通り大阪府下の土地家屋調査士さんの集まりである“大阪土地家屋調査士会”が事務所を構える会館。土地家屋調査士…ま、その名から想像するに不動産関係の調査をしはる専門家のことなんやろ思うも、そやっ、不動産鑑定士ってものあるけど何かが違うんでしょうなぁ。大いに違うのかちょっとだけ違うのかそんなことすら知りません。てなこと思いつつ両方の名を検索ワードにかけますとちゃんと“違い”なる予測ワードが出てきてこんなサイトを紹介されました。ヘェ〜…って読んでませんけど。興味あるお方はその記事をお読み頂くとして私が気になったのは、写真では解りづらいですが出入口右側に掲げられた“大阪土地家屋調査士政治連盟”なる銘板。まぁ…政治団体なんでしょう。これは“全国土地家屋調査士政治連盟”の下部組織の様で、これも詳しいことはwikiに任せるってことでこの辺で。どうも縁がないのかこれ以上興味が湧かんもんで。

(於:中央区) まぁこの手のことは素人だけでは難しいことになりそうやからなぁ。

| | コメント (0)

2021年2月17日 (水)

片町よりOBPの眺めクルマの中から、午後6時6分。

 昼間はこんな感じも、日没後にはこんな感じ。
2102171806  京都西陣でサクッと仕事してクルマでの帰路、天気良すぎてもひとつ「これっ」って光景もないなぁ状態で大阪市内入り。寝屋川に沿って走る車窓の向こうの夕焼けが地味にええわぁとカメラそっち向けてシャッターを2枚3枚。うん、まさにこんな感じ。しかしまぁ…寒い一日ながら陽が長なったもんですわ。もうしばらくの辛抱…って寒さの話であってコロナ禍の話ではありません。念のため。

(於:都島区→中央区) “片町”も“湊町”同様、若い衆にはわからん場所なんやろなぁ。

| | コメント (0)

2021年2月14日 (日)

坪庭に、春。

 ちょっと小休止…ってアホげは毎日小休止。
Chikubai1 Chikubai2  昨日今日のなんとぬくいこと。もうじき春ですわ…って明日からまた寒なるそうで。三寒四温ですな。

(於:中央区) 松なくて“南天竹梅”。これもよろし。

| | コメント (0)

2021年1月31日 (日)

開かずのシャッター

 緊急事態宣言中ってことで今日も家で悶々としつつ暮らしてました。しかしながら暇やなぁと11月の写真を元にブログの記事書いて…あぁアカン。このまま家におると魂にコケが生えるわと3時過ぎより東へ散歩へ。
 イヤホンでラジオ聞きつついつも通り当てなく歩いて1月やというのにうっすら汗かいて気分はスッキリな帰路、「そや、この先やったかも」と行くとそこに…家を出る前に記していたネタの場所が。元々の写真が「何でもっと引いて撮らなんだんやろ…」と悔やんでましたので丁度ええわと再撮影。相変わらず“開かずのシャッター”状態でっせ。
Akazu2  ストリートビューに写るツタは青々の茂りしげり。どっちもカナンですけどこの状態、放火されんかと…心配しすぎかなぁ。
 何げに見てましたけどこれ、シャッターの支柱に絡まって上へ繁茂してるんですんですなぁ…ってそらそうか。ま、ほんま言うとこれまたストリートビューの2年前の図を見て気づいたんですけども。
 で、話戻って…やっぱり篭ってるとアカン性分やわぁと再確認。まぁそやないと、アホげも続けてませんわな。

(於:天王寺区) ラジオシャングリラ”て最初相入れへん番組やわぁ思うも…最近楽しみにしてる自分がいるわ。

| | コメント (0)

2021年1月28日 (木)

落城…靴の病院。

 ちと記事化するのが遅なってしまいました。
 谷町五丁目にあった孤高…孤低(?)の靴修理屋さんのビル、先日所用で前を通りますればすっかり防塵シートに覆われてこんな姿になってしもてました。
Lafesta1 Lafesta3  あぁついに地上げられたのか…って感じ。五階建のビルながら、まわりがどんどんタワー化していって何とも取り残され感があったのは事実ながら「頑張ってるなぁ」とひそかに応援していたのに。あ、その建物自体も応援してましたけど、ここの靴修理に合鍵づくりがこれまたうまいことやってくれはる上に良心的価格やったので商い自体も応援していたのに。その腕を買われてでしょう、全国から宅急便で修理物が送られてきているらしく、店のカウンター上は荷物まみれになっていたのも…もう思い出になってしもたんですなぁ。
 もう既に解体が始まっていて貼り紙も何もない状態でした。ネットで調べるも移転されたのか廃業しはったのかもわからんまま。それがまたさみしいですわ。更地になって「…ん?以前どんな建物あったかいな?」と思うことがほとんどですがここは…違いました。そやっ!これは建て替えかもしれませんで。ヒョロッと細いなりにもタワー化して帰ってくるかもしれませんで…と、勝手な想像をしつつその日を楽しみにしておきますわ。

(於:中央区) 南隣のビルも建て替え始まってる…不要不急の外出控えているうちに。

| | コメント (0)

2021年1月19日 (火)

阪神高速環状線から中之島東端の眺め、午後3時25分。

 年に一度の伊丹空港行き。コロナ禍の中、上六発着の空港バスも乗客ちらほら。ひと気のない空港着いて飛行機の行先表示板見ると“欠航”まみれ…ってこれは、悪天候も手伝っての話かな。リニューアルで綺麗に生まれ変わってるのでことさら寂しい思いがしますわ。
 てな写真も何や前向きな気持ちになれんわ…ってことで帰りのバスの車窓から撮ったこの写真でいっときましょか。
2101191525  大川にかかる天神橋に天満橋。その向こうにこれまたうまいこと横長の雲が湧いてええ感じ。まぁそれだけのことながら、ちょっと湿った気分が緩和されたのでありました。

(於:北区ー中央区) 所用も若干緊縮ムード漂うも楽しかったぁ…って、さらに緊縮続くと…

| | コメント (0)

2021年1月18日 (月)

法円坂一丁目、1月17日午後3時39分。

 昨日のこと。非常事態宣言中やしと家にこもってるとたまらん不健康な気分になってきてひと気なきところへ散歩に行きますれば、こんな景色に。
2101171539  広大な更地、建って間もない集合住宅に建設中のタワーマンション…いかにもな寒空も手伝って「ここはいつのどこやねん」な感じ。26年前を連想するもその思考回路が何か不謹慎な気もして。しかしまぁ何というかこれも“大阪市中央区”なんやなぁと。

(於:中央区) 「ここらはマスク要らんで」思うも付けた状態が普通になってるな感覚的に。

| | コメント (0)

2021年1月10日 (日)

これが市バスの新デザインか…シティバスやが。

 所用で港区某所へのクルマで移動中、初見の市バスが信号待ちしているのに遭遇。走り出して一枚。何とか撮れるも逆光やしひと歩いてるし…けどまぁこれでよろし。
Ocb5  調べますればこのデザイン、大阪シティバスの新しいデザインとして採用されたもので昨年11月より運用開始、今後順次この色合いに変えられていくとか。えっ?一昨年見かけた三案のどれともちゃいますね。で…これなんか。「これなん…」が正直な印象。
 調べますれば工業デザイナー、奥山清行氏が大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)チーフデザインオフィサーに2019年7月就任、監修して生まれたものとか。
 そうか…以前見かけた新デザインのバスは奥山氏就任の前のことやったこと思うと、それらはお気に召さなんだってことなんでしょうかね。
 これを含め、4つの意匠を施したシティバスを見たわけですが、やっぱり一番最初に見たヤツが奇抜でシックで飛び抜けて好きやったんですねど…残念。4つ見比べると、本採用のこれがいちばん普通っぽいというか…(以下自粛)。
 せっかくですからここに以前見た三案を再掲載しておきます。
Ocb1aOcb3aOcb4a
 さて皆さんはどれがお好みでしたか。で…試験的に走らせていたこれらの意匠はどうなるんでしょうかね。塗り替え(貼り替え?)られずに異端車両としてずっと走り続けてほしいもんです。

(於:西区) 某サイトでは“ファミマっぽい”と表現されてましたけど…ホンマ。

※関連記事:
ようやく三つ目、新デザインの市バス…シティバスやが。』 2020年3月 記
またまた新デザインの市バス…シティバスやが。』 2019年4月 記
新デザインの市バス…シティバスやが。』 2019年4月 記
日本城タクシーのゼブラバスが、より昔風になってる。』 2014年2月 記
懐かしの大阪市バス風ゼブラバスは何や?』 2013年6月 記
市バス待ってたら、ゼブラバスが来たで!』 2014年1月 記

※関連サイト:
路線バスに新デザイン車両を運行します。大阪シティバスのニュースリリース

| | コメント (0)

2021年1月 1日 (金)

令和三年はコロナ禍“第二章”の始まり…かもねん。

 年明けて…やはり“第二章”の始まりって様相を呈してきたって感じに思いますが、どうでしょ…コロナ禍の話。
1902050637  アマビエの効果なく心身共に冷えヒエで始まった令和三年。昨年より続く先行き不透明な日々。仕事始めはいつになるのやらな状況で新年を迎えました。えぇい、なるようにしかならんわい…って言っても決して捨て鉢な気分な訳ではありませんょ。
 ひっそり生きる日々が続こうと続くまいとアホげはアホげで淡々とこれまで通り。外出できんでもお蔵入りネタで凌げる…かな。今年も年間365本の駄記事で茶濁してまいりますので酔狂なアホげ民の皆様もたまたまご覧になってはる貴殿も“大阪 アホげな小発見。とか”を本年もよろしくお願い致します。

(於:中央区) “不自由は自由や”…うん、これで行こ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧