大阪市中部

2024年6月18日 (火)

排水枡の向こうは緑の楽園かも

 昨日からちょっと梅雨っぽい感じ。雨上がって所用で歩いてましたら道路の端の排水枡がちょっと湿ってええ感じ。
Haisuimasu  まぁよく見る光景ながら生長が制限されてるというか、道行くクルマやら人に踏みつけられて見事に“剪定”されてるのがよろしいなぁと。
 植物にしたらイタイことかもしれませんけど、グレーチングに守られてる安心感の方が勝ってることでしょう。
 しかしながらうまいこと安全な場所探しはることですわ。緑にとっては、楽園ですな。

(於:中央区)人気ブログランキング 何となく髭剃りってこんな感じちゃいます?

※関連記事:
安住の地見つけ勝ち誇るシダ』 2021年2月 記
排水枡に木が茂ってるわ。』 2007年11月 記

| | | コメント (0)

2024年6月14日 (金)

昭和なプラ看板 312 ● サントリー

 それなりにまぁ見かける看板ってことで特別視してなかったんですが、先日建物ごとなくなってしまいました。
Suntory1 Suntory2  看板がなくなってしまったってこと以上に酒屋さんがまたなくなったってことが、寂しいです。
 とは言え「ほなお前、酒屋で買うてんのか?」と問われれば…確かに苦しいです。けどこの前を通るたび、自販機にあるさらりとした梅酒sparklingを楽しみにしてたんですけどねぇ。日常の小さな楽しみがひとつなくなりました。思えばここ10数年で界隈の三軒が消滅。小さな酒販店がなくなり販路を失った弱小酒造会社なんかが廃業に追い込まれたこと思うと「小泉改革って…」とついつい思ってしまいます。
 とまぁ看板に関係ないやんな話になってしもてすんません。まぁ言うても“サントリー”に説明が要るか?ってところですけどね。ウイスキーと言ったら角瓶にダルマやった時代の看板でしょうか。その頃は「寿司屋でウイスキーの水割り」ってのがしゃれていた時代。ま、嗜好品ですから好きに楽しめばええんですけどね。
 ちなみにこの看板の裏面は“サントリー生ビール”。2008年7月の記事で既に取り上げていますので割愛させてもらいました。

(於:中央区)人気ブログランキング 大阪発祥の会社な割に、あんまり贔屓に思ってへんなぁ。

| | | コメント (0)

2024年6月 3日 (月)

グランフロントの庭、午後7時。

 梅田で仕事。“梅田”と言うても“うめきた”は…馴染みない場所。“仕事”と言うても年に一度の純粋助手。気楽なもののヒマすぎるも時間てんこ盛り。退屈まぎれに窓か外を見下ろしますれば…なんかええ感じ。
2406031909  切り取ったら、どこぞの観光地みたいな風情。さすがは大阪での勝ち組の梅田、しかも最先端な場所ですなぁ。
 うめきたの中でも北の方は特に関心なかったというか縁がなんですけど、なかなかやりますなぁ。こういうところに庭つくっても枯れたりせんねもんなんですね。
2406031948  しかし何です、日本は東京に一極集中、大阪は梅田に…って感じでどんどんそのエリアを拡大してます。それに比べるまでもなく難波は…ずっとナンバのまま。“湊町”から“JR難波”に駅名変えたとて…はい。
 そもそも“梅田”と“難波”は別モンかな。とは思うも泥臭い梅田もあること思うと難波…というかミナミももうちょっと発展せんもんなんでしょうか。まぁ、大阪にふたつも都心は不要やということかもしれませんけど。

(於:北区)人気ブログランキング 正味言うたらキタもミナミもまぁ無縁の生活やなぁここ20年ほどは。

| | | コメント (0)

2024年5月30日 (木)

これ竜舌蘭かなぁ、開花してるけど。

 高津宮近くで仕事。現場近くのマンションの植え込みに「…あっ、咲いてるやん」。
Rzr1 Rzr2  これっ、以前見たヤツに比べると小振りですけどほれっ、竜舌蘭とちゃいますかいな?
 大きさの差と、葉のまわりが黄色いのが「ちゃうかもしれん」と思うところ。“ハナノナ”で調べますれば70%ほどの確率ながら“メキシコマンネングサ”などと出てきます。
 やっぱりちゃうんかと思いつつも帰宅後調べますれば、ハナノナの判定はずしてる感じ。で、“斑入りリュウゼツラン”と調べるとこれと同じ様な植物がヒットしました。きっとこれも竜舌蘭でしょう、うん。
 以前の記事にも記した通りこの竜舌蘭、別名を“センチュリープラント”と言い、その名の由来は100年に一度咲いてその後は枯れてしまうという特性からの様。100年に一度の珍現象を60余年にして二度も見ることができる…ついてますなぁ。
 で、ですわ。この場所をGoogleのストリートビューで確認しますと、ん?2020年12月にも開花してますやん。さらに過去に遡ってみますと2009年12月には竜舌蘭と思われる植物は植えられておりません。
 と、言うことは「100年に一度の開花」も「咲いたら枯れる」もウソってことですよね。な〜んや、ネット上で探してみるとリュウゼツランが開花したと新聞などの記事でたくさん取り上げられていますけど、たいして珍しいことではないってことですかいね。
 などと書きつつ「竜舌蘭とちゃうから、しょっちゅう咲くし枯れもせん」のかもしれんなと思ったり。
 ま、あんまり見かけんことには違うないからよしとしましょう。それよりこれホンマに竜舌蘭なんかなとやっぱりちょっと疑ってます。どなたか判定をお願い致します。

(於:中央区)人気ブログランキング つぼみがバナナっぽく見えるな…って、大きさ全然ちゃいますけど。

関連記事:
竜舌蘭の開花』 2010年2月 記

| | | コメント (0)

2024年5月27日 (月)

破れ障子

 谷町筋に面した五階建ビル。
Yabureshoji  ひっそりと違和感放つ最上階。

(於:中央区)人気ブログランキング 雨どいに垂れるサビがまたええ味わい添えてる。

| | | コメント (0)

2024年5月21日 (火)

上本町六丁目から南東を望む、午後7時30分。

 ちと特別な日。昼からお酒楽しんだら夜になっても腹は減らんし肝臓も減らん。
2405211930  「昼酒も考えもんやなぁ」とか思いつつ眺める月夜の上六界隈。遥か向こうの方まで街は続いてその先には二上山…ええ景色やこと。「楽しく生きんともったいないこっちゃで」。そんなこと思いつつのひとときやった様なぼんやり眺めていた様な。

(於:天王寺区)人気ブログランキング バファローズああなれど結局ポイント還元の良さから近鉄から離れられへんやん。

| | | コメント (0)

2024年5月16日 (木)

大阪市中央区、午後6時38分。

 ラジオ聴きながら仕事してたら「虹が出てる」な情報いくつか読まれてまっせ。で、外に出て見るも「ないやん」とうちのひとに言うと「出てるやん」。
2405161838  ほんまやんか。どこ見とんねん。ラジオもそやけど、SNSなんかのネット環境のお陰ですぐに共有できる訳でそれはそれで良しやなぁ。

(於:中央区)人気ブログランキング ま、わしはXで共有せん…ヤなやっちゃ。

| | | コメント (0)

2024年3月 6日 (水)

街角に源平咲の春到来

 所用で玉造あたりを歩いてますれば一本の街路樹とそのまわりだけ、春爛漫でした。
Genpeisaki1 Genpeisaki2  どうです、いわゆる街路樹のひと区画でありながら、箱庭っぽいと言うか坪庭っぽいと言うか枝ぶりといい下草にスイセンを従えている感じとか奥の家屋の鉢植えも含めて何か出来過ぎ。構成美もバッチリでっせ。
 で、ですわ。これ梅か桃かちょっとわかりませんでしたけど、よく見ると淡いピンクに混って濃いのもあって、いわゆる“源平咲”です。
 まぁ何となく以前よりちょっとええ感じやな程度にしか見てませんでしたけどこの木って源平咲してたとは…知りませんでした。
 とは言えそんなことに気づいてなかったとも思えんなぁと一応チェックとストリートビューで過去を見ますと…やっぱり。10年前の図を見ますと淡いピンクの花しか咲いていません。
 改めて調べますれば源平咲の花は本来、赤い花をつけるらしいですが、酵素がうまく働かなかった場合、色素がうまく作ることができずに白い花になってしまうのやとか。と言うことはこの木、本来は赤い花付けるはずが酵素の働きがかつては悪くて淡いピンクしか咲いてなかったってことなんでしょうかね。
 そうか…そのうち濃いピンク比率が増えていくのかもしれん訳ですね。来春以降も楽しみです。

(於:中央区)人気ブログランキング この木ホンマに本来の街路樹なんかなぁ…ええからええけどね。

※関連記事:
源平咲きってほとんど蕾ですけど。有田川町中峰、午後3時17分。』 2023年3月 記

源平桜…桃らしいけど。』 2017年4月 記
ひとつの枝に紅梅白梅』 2014年3月 記

| | | コメント (0)

2024年2月17日 (土)

ビルの屋上にショベルカーが乗ってますけど、

 ビルの屋上にショベルカーが2台。
Digger  「何やケッタイな図」と思いましたけどこれ、ビル解体ではよくやる工法の様で倒壊を防ぐために屋上より潰していくとか。で、ショベルカー自体はクレーン車で引っ張り上げる…まぁそらそうですわな。
 阿川建設さんのサイトに詳しい事例が載ってました。しかしながら素人には重機の重みにビルが耐えられるんやなぁって感じ。どんな世界もプロフェッショナルな仕事で成立してるってことですなぁ。

(於:中央区)人気ブログランキング こんな重いもんを持ち上げるクレーンの存在…こっちも驚き。

| | | コメント (0)

2024年2月 6日 (火)

東横堀川を行く客なし観光船を安堂寺橋から眺める夜

 安堂寺橋で東横堀川を渡りますれば上流より明るい船が一隻やってきました。あんまり見かけん船やなぁと橋の上から一枚二枚。観光船っぽいいでたちながらよく見るとお客さんは誰も乗ってませんのでこれは回送なのか…まぁ誰も乗る人おらなんだってことかもしれませんけど。
Hyhg  パソコンに取り込んで調整後、クリックひとつでそれなりに時間はかかるも画質がザラザラからツルツルに。これもAIのチカラなんでしょうかね。個人的にはとっても素晴らしいなぁと感動してますけど「こんなテイスト、写真ちゃうやん」って言う意見もあるんかもなぁと思ったり。ま、何でもオッケーですね、今の自分としては。

(於:中央区)人気ブログランキング 一緒っちゅや一緒、違うと言えば違う。けどどっちも写真に違いないわ。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧