大阪市北部

2021年2月 5日 (金)

若竹住宅

 最初は「何と風流な字やこと」と興味持って近寄ったのですが引いて見ても…全体もこの字の世界観があります。
Wakatake1 Wakatake2  形状も色合いも調和がとれてる…格安とは思えませんなぁって、あ、保証金がですか。

(於:住吉区) アロエがまたええ仕事してますわ。

| | コメント (0)

2021年1月 7日 (木)

1月7日の寒空午後2時44分、豊里大橋にて。

 何かこれからしばらくの世間の様子を表わしてるみたいな空でしたなぁ…ってこじつけか?
2101071444  コロナ禍“第二章”がいよいよ本格的になってきたそのお陰で発生したかの様な仕事を午前中に京都は西陣で済ませの帰りしな、風はキツイし時折寒そうな小雨降るわの中、豊里大橋で淀川を渡りますれば西の空に巨大な雲。やみくもにその空向けてクルマの窓越しにシャッターを押しました。
 そう、まさしく冒頭に述べた様な雰囲気の写真が撮れてます。ラジオで耳に入るニュースも先行き怪しい内容を語ってるし…でも我がが関わる今週末の催し物は決行するってこともあって悶々とした気分での帰路となりました。
 が、帰宅後内勤終えたところで“中止”の電話。あぁその準備に数ヶ月かけてきはったお方たちのこと思うとシンドイ気になるも、リスク回避できたことに心底ホッとして…現金なもんで眠気も疲れも吹っ飛んだのでありました。
 勝手やなぁと思うも…いや「そんなこと言うてられんやろ」な気もあって。それでもここ数週間持ち続けた悶々な気分から解放された事実は…やっぱりホッとしたわってところです。

(於:旭区ー東淀川区) でもその催し物の準備にに費やした時間は…宝やわ、いやホンマ。

| | コメント (0)

2020年12月30日 (水)

千林1南、午後1時45分。

 明日から近畿中部も雪かもしれんと言うことで早いうちにとお墓参りへ行っての帰り道。クルマの窓越しに見える景色は…ちょっと寒そげ。
2012301345  まぁ情報を元に勝手にそう解釈してるだけかもしれんなぁとも思いますが、空がいかにも…な風に写ってませんなぁ。
 けどまぁ風もキツくなってきて夕刻には雪もちらほら(←うちのひと談)。極寒で終わる令和3年。ココロも冷えひえ、フトコロも…しかりか。明後日から好転するとも思えん訳で…何とも言えん気分の年の瀬でっせ、ほんま。

(於:旭区) 昼飯食ぉかと王将寄れば激混み激待ち…怖。で“テクノパン”。大正解。

| | コメント (0)

2020年12月23日 (水)

淀川に陽が沈む、豊里大橋にて午後4時47分。

 我がに仕事が来んだけなんか…コロナ禍の影響やとは思いたいもののここ数日仕事の依頼もなく、カレンダーよく見たら「ぼちぼち年末挨拶行っとかなあかんやん」な感じ。てなわけで京都西陣某所へお歳暮持って一年のお礼言うて帰路、クルマで豊里大橋で淀川を渡りますればちょうど太陽が西の空に沈む時間帯。
2012231647  手すりが邪魔しそうになるもかろうじて一枚撮れました。綺麗な夕陽…ってホンマは運転しもってですから窓開けて西にカメラ向けて数枚撮っただけでその美しさに感動してた訳ではないんですけども。
 5時にもならんのに暗なってからに。とは言え冬至も終わってあとは日が長くなっていくと思うとちょっと嬉しなります。ですけど寒さはこれからが本番…やっぱりまだまだ喜ぶのははやいってもんですわな。そもそも新コロは収束するどころか変異種まで出てきたって…この調子やと数ヶ月先にも“春”は来んなぁ。

(於:旭区ー東淀川区) もうちょっとで丸一年でっせ…ちょっとやばいな。

| | コメント (0)

2020年11月11日 (水)

電柱、道の真ん中。

 裏通りに入りますれば電柱が道の真ん中にありますやん。
I1 I2  ほれっ、見ての通り。ど真ん中やないにしても何とも言えせんなぁ。うっかりぶつかる人や車両が多いのか注意喚起のトラ模様の胴巻きもふわふわ緩衝材入り。しかも下の方まで巻かれているということは…イヌネコもついうっかりコツンと当たるってことですな。
 建て替え時セットバックしたけど電柱の位置変わらずでこういうことになってるってことでしょうけど、ストリートビューで過去を見ると、もう10年もこんな状態みたいで…まぁええかネタにもなるしってことで。
 11月11日は十一十一とか1111で“電柱の日”…のはずですけどネット上では一日前の11月10日の“無電柱化の日”のことばかりがヒットしまっせ。どういうこっちゃ…ってそうか、ここも電柱の位置を変えることなく地中化まで待とうって算段なんかもしれませんな。
 こういうシチュエーションでは難儀な存在ながら電柱に電線ってのは街並みに生活感という情緒が感じられて好きなんですけどね。ま、そういう意見はそれなりにあるかとは思いますけど。
 で…今日は“電柱の日”ってのは思い込みやったんでしょうか。これといった確証のある情報はよう見つけませんでした。

(於:都島区) スズメもカラスも困りよるっちゅうねん。

| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

“木が樹を支える”…5年経って。

 「おっ!」と思うも…えっ?。あ、これは以前も「おっ」となった物件ですわ。
Tsukkae3 Tsukkae4  家屋のネキから木が生長してスクスク生長してどうにも倒れそうになってつっかえ棒して凌いでいたのが前の図。あれから5年経って…そうか、結局道路側にせり出した様でばっさり幹2本伐られたんですね。
 まぁ木の方はいっこうに気にせず残った幹で相変わらずスクスク…これは、もしやヤツでしょうか。“ヤツ”ってのは桐のことですけど。葉の形や木肌がいかにもそれっぽいのですけど詳しくはわかりません。
 しかしまぁこんなちょろこいつっかえ板ではどもならんと思いますけど…ってよく見ると上の方にもつっかえ板を取り付けられるアダプター(?)が打ち付けられてますわ。台風来たらつっかえ増やして対応してはるのでしょうかね。「これも何かの縁」と伐り倒すことなく共存を試み続ける…なかなかできんことです。

(於:都島区) 幹2本伐るだけでも大変なことやったでしょうなぁ。

※関連記事:
“木が樹を支える”…』 2015年8月 記
シュロ、ツタを着てる。』 2012年5月 記

| | コメント (0)

2020年8月18日 (火)

中之島から堂島見て感じて、午後2時56分。

 中之島はフェスティバルタワー某所で仕事しての帰り、シースルーのエレベーターから闇雲に数枚撮りますと、おっ、うまいこと撮れてますやん。
2008181456  非日常やわぁ…ってシュッとしてはるビジネスマンには馴染みの光景でしょうけど、ほぼ地上数メートルで生活してるモンにとっては全然こんな環境が日常とは思えませんわ。このエレベーターも何ですか、13階でいっぺん乗り換える…そうなんやって感じ。
 そこここが生活臭って言うのか汗臭さみたいなもんとは無縁の無菌空間な装い(…に見えてきょうびはウイルス蔓延してるんでしょうけど)に…諸々思うことありますわぁ。
 職業やらその環境が人をつくるという部分を思うと、昔々学校で机並べてた人たちとも疎遠になっていって当然のことですかね。どんな舞台でどう生きるか…そんなん何も考えんとここまで来ましたけど。

(於:北区) いわゆる“勝ち組”の人と話してその合わんさ加減に驚いたなぁ数年前。

| | コメント (0)

2020年7月28日 (火)

経年変化と生長と…で、雑感。

 仕事まで少し時間あるわと城北運河のネキを歩きますればこんな光景が。
Nts  「またも桐…」と思いましたけど、これはアオギリですかね。建屋と壁の少しの隙間からスーッと生長して勢いを感じますわ。幹まで緑色ってのがその若々しさを思わせるんでしょう。調べますれば幹でも光合成をしているとか。だてに緑やないんですね。
 ま、そんな事より背景の工場っぽい建屋のナミイタが錆びていて何ともアオギリの生長の引き立て役になっているところがよろしいなぁ。築50年ぐらいでしょうか。
 歳を重ねたら、若い衆を引き立て盛り上げていかなあかんってことやということやんなぁ…とちょっと関係ありそうでなさそうなこと考えたり。ま、いずれにしても老害にはならん様に心がけていかなあかんですな…って、ちとはやすぎかもしれませんけど、よろしくない意味で煙たがられん様にしとことは思てます。

(於:旭区) ガラス窓に貼られた“SECOM”がピリッと山椒的。

| | コメント (2)

2020年7月27日 (月)

モータープールの木造建屋

 旭区某所で仕事。雨予報の割に晴れてるやんと地下鉄は都島駅から歩いて歩いて…なんか息できへんわと口から息するも鼻つまってへんでとマスクずらすと…あ、そうか。汗やら湿気でマスクが水分含んで通気できんようになってるわ…ってその話はここらでヤメといて道すがら、こんな建屋がありました。
Smp  懐かしい木造校舎を思わせるもきっと何ぞの工場なんでしょう。完全シンメトリーで一部ナミイタで覆われるもその持ち味は残されています。
 ところで何の工場なんやろかと裏(表?)へ回ってみますとこれ、モータープールでした。屋根付きのそれにしては天井高すぎですから駐車場として建屋が使われているだけのことかと思います。
 この手のガラス窓も見かけん様になったもんです。アルミサッシのガラスは少々の事では割れませんけど、子供の頃は家で学校でしょっちゅう割っては怒られたもんです。まぁ割るより割れんことの方が大事ながら、まぁそれが主流になったらあれこれ思うもんで勝手なもんですわ。

(於:都島区) 見ようによってはちょっとした富士山…言い過ぎ。

| | コメント (0)

2020年6月22日 (月)

黄昏し錆色の一角

 二←間違い。槽)式はいまだ根強い人気があると聞くも…
Tasogare …こういう景色にははまり役。脱水機まで従えしかも共に斜め立ち。何というか…妙に完璧な図。

(於:都島区) 青一点が山椒的。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧