大阪市北部

2022年9月 1日 (木)

元々鉢植えにして柿みのる街路樹

Hachikaki1 Hachikaki2 Hachikaki3  はや9月。見上げると柿もたくさん実をつけてます。暑いあつい日々続くも秋の気配がそこここに…ってそれよりそもそも街路樹が柿やというのが妙な話。根本見れば、やっぱり。植木鉢を突き破って生長しています。
 ストリートビューで過去見ましたところ既に10年前からこんな感じ。12月の様子では赤い実を付けてます。元々が鉢植えとは言えきっとしっかり大地に根を下ろしてたいしたもんですわ。ま、この状態を愛でてはるであろうこのお店の方の心遣いがあっての話なんでしょうけれども。根圧が建物に影響を与えません様に…と思いましたけど、それより電線と接触してる方が気になりますか。ま、ここからは生長もほどほどの方がよさげですな。

(於:東淀川区) きっと甘柿…知りませんけど。

※勝手に街路樹関連記事:
さくら一本、鉢割り路面に根を下ろす図。』 2022年4月 記
小径の街路樹、じつは鉢植え。』 2020年5月 記
鉢植え卒業、勝手に街路樹化してるシェフレラ。』 2019年6月 記
鉢植え卒業。地植え化したビワの木。』 2012年2月 記

発泡スチロール突き破って隙間から大地に根を下ろす木。』 2011年12月 記
違法街路樹』 2008年3月 記

| | | コメント (0)

2022年6月10日 (金)

庇付き、扉っぽいオブジェ…

 阪急神戸線は神崎川駅降りてしばらくのところが今日の仕事の現場。ここらはあんまり馴染みないなと思いつつ行きますれば…おっ、ここにも空中移動用の扉がありまっせ。
Skydoor3 Skydoor4  前回のそれより味わい深いと言うか昭和感全開。庇完備の本格派。いわゆるトマソン物件やわとその場ではただただ写真撮っただけでしたが、よく見るとこの扉、外に掛金(錠前を取り付ける金具)付いてますやん。ということは中から開け閉めできんということ。不意に開けて転落せんのやとひと安心…はよろしいか。
 外からこの扉へは行けん、中から解錠できん、元々は階段があった風情なし。これ完全なる扉っぽいオブジェってことですな。知りませんけど。

(於:淀川区) 跡形ないだけでやっぱり昔は階段あったってことなんかなぁ…わからん。

※関連記事:
空中移動用扉』 2022年5月 記

| | | コメント (0)

2022年5月30日 (月)

業界団体の会館 122 ◆ 淀川料飲会館

 ちょっと時代がかって昭和チック。
Yrk1 Yrk2  淀川料飲会館、その名の通り淀川区の料飲店の集まり“淀川料飲協同組合”の会館…ではありますが平成2年に合併の末現在、正式には大阪飲食同業組合淀川支部の事務所としての会館の様です。
 ま、見ての通り“会館”とは言うものの実際のところは雑居ビルてな感じで事務所は4階に設けられ…と記しつつ写真を改めて見ますれば4階とは屋上に建て増しした風情のところの様に思われますが定かではありません。その“4階”部分には扉もありますけどここからの出入りはキケン…は、どうでもよろしいか。
 で、ですわ。“料飲店”ってのは“飲食店”とどう違うんでしょうかね。調べるももひとつわかりませんでした。後者は素人が、前者は業界の人が使う同意語やないかとも何げに思うも…どうでしょ?

(於:淀川区) 思えば“飲食”という言葉は使ても“料飲”は…単体では使わんなぁ日頃。

| | | コメント (2)

2022年5月16日 (月)

十三東四丁目のビワは、

 阪急は十三駅降りて、仕事の前にさくっと散歩。ここら滅多に訪れることないなぁと思いつつ特に馴染みない東側を行きますれば街角に、ビワが一本茂ってますわ。実もたくさん付けて立派りっぱ。
13biwa1 13biwa2  根元見ますといくつか植木鉢があって「…もしやこれもそやないか」と生え際を覗き込みますと、やっぱり。元々鉢植えやったヤツが大地に根を下ろしてここまで大きなった様で、ほとんど見えんところにプラ製のそれが根っこに押しやられながら形状を変え残っていました。うまいことコンクリの隙間見つけるもんですね…って植物からしたら当たり前のことかもしれませんが。
 こんな形で巨大化する木って割とあるもんやなぁと帰宅後アホげを改めて見ますれば、そのほとんどがビワ。ビワ食べて、何げにそのごっついタネを鉢に埋めたらこうなった…たいがいそんなもんなんちゃうんでしょうかね。わかるなぁ、そうしたなる気持ち。
 ちなみにビワ、調べますと7〜8年で実を付ける様になるとか。ストリートビューで見ますと2010年の時点ではまだ鉢植えですが既に“もう限界っ”な感じ。ということは遅くとも2017年頃には実をつけているはずながら確認できませんでした。既に実が落ちた後なのかと思うも、過酷な状況で通常より生長が遅いのかもしれんなとも。知りませんけど。

(於:淀川区) 幼少期はビワ好きやったけど近年積極的に食さんなぁ…

※関連記事:
阪南町1、町家の一軒ビワ屋敷。』 2019年5月 記
コンクリごみ箱にビワの木』 2017年12月 記
立派なビワの木、P箱育ち。』 2016年8月 記
大きなビワの木、胴に空き缶用ゴミ箱。』 2015年9月 記
鉢植えのビワの木、自立のとき。』 2013年9月 記
発泡スチロール突き破って街路樹化したビワの木。』 2012年11月 記
鉢植え卒業。地植え化したビワの木。』 2012年2月 記
鉢植えにしてはデカい木。』 2011年4月 記

| | | コメント (0)

2022年5月 9日 (月)

植え込み勝手に 07 ◎ 淀川区東三国5-10−9

 淀川区某所で仕事終え帰路目にした街路樹が“演”してますょ。
2ki1 2ki2  たぶんまっすぐ幹のが元々あった方で、くねった幹のが勝手に生えてきた…と考えるより近隣のどなたかが植えたもんでしょう。
 互いに「迷惑なこっちゃで」と思っていることでしょうけど、おのおの幹の味わいが違いますから見る側としてはええ感じに“演”してるわぁと思います。
 で、よく見たら蘭まで参戦してまっせ。何やますます妙な緑化。おもしろいからこれでオッケー!はい。

(於:淀川区) しかしながら独特なセンス、ええでええで。

※“植え込み勝手に”過去記事:
植え込み勝手に 06 ◎ 中央区玉造1-23−16
』 2016年9月 記
植え込み勝手に 05 ◎ 兵庫県明石市樽屋町10-4』 2016年9月 記
植え込み勝手に 04 ◎ 中央区上町C-7』 2016年8月 記
植え込み勝手に 03 ◎ 中央区玉造2−22−18』 2016年7月 記
植え込み勝手に 02 ◎ 神戸市中央区下山手通8−7−23』 2015年1月 記
植え込み勝手に 01 ◎ 東住吉区東田辺3-26−37』 2014年12月 記

| | | コメント (0)

2022年2月22日 (火)

昭和なプラ看板 255 ● 日石灯油の店

 しかしながら灯油高すぎ…ってガソリンもしかりですけど。だいたい灯油一缶(1.8L)2,000円弱って…ね。おかげで石油ファンヒーターの設定温度15度前後で寒いさむい…って昔からそうですけど。
Nsty1 Nsty2  で、これ。現・ENEOSの前がJXTGに新日本石油、でその前が日石三菱そして日本石油。その時代にCIがあったこと思えばかなりの年代モン…の割にツルツルのピカピカ。わずかではあるもののやっぱり軒下に佇んでいるからアンチエイリアシングなんでしょうかね。
 で、この炎のマーク。確か昔のそれかと。日石時代にあったCIが1983年ってことですからこれもそれ以前のものなんでしょう。やとしたら40年は前のモン。よくもまぁ若いままご無事で。ちょっとはあやかりたいもんやなぁと強く思うのでありました。

(於:都島区) 日石灯油だもんネ” ♪。

※関連記事:
日石三菱…雑感とともに。』 2022年1月 記
昭和なプラ看板 204 ● 丸善灯油』 2020年5月 記
哀れな日石のポリ缶に』 2020年3月 記
昭和なプラ看板 196 ● 大協ホーム灯油の店』 2020年2月 記
昭和なプラ看板 32 ● 昭石灯油』 2009年8月 記

| | | コメント (0)

2022年1月 2日 (日)

コケとろける今市一丁目2-25

 年明けて2日目はお墓前りふたつ。いつもの駐車場に止めてふと目に入った光景がこれ。
Imaichi1_2_2_25  プランターからコケがとろけてこぼれおちそうになってまっせ。もちろんそう見えるだけのことですけど青々というか緑々していてエバーグリーンは正月らしいですなぁ…ってまぁそれはこじつけですけど。
 引いて見ればポストの状態も金網の色合いも含めて何や妙にええ感じ。ま、その辺は個人の好みってだけの話…ってアホげは365日そうなんですけども。てなわけで令和4年もこんな調子で続けられたらええなぁとひとりごちてこの辺で。

(於:旭区) しかしまぁプランターでコケと草を育てるってのも酔狂な…

| | | コメント (0)

2021年11月25日 (木)

昭和なプラ看板 247 ● ギャラン / ミニカ

 ギャランにミニカ…どっちも三菱を代表する車名やと思いますが、共に廃盤になってるんですね。
Galant Minica2  ギャランは2017年の十代目、ミニカは2011年の八代目にて生産終了とのことですが、後継がどうなったのかは全く知りません…って、いま調べますればいわゆる普通車も軽自動車もセダン的乗用車はラインナップにないんですね。それもこれも諸々の事故に事件の末のことなんでしょうか。ま、あれだけのことを知らん顔してやりすごそうとした訳ですから…ね。それ思うとこの様に小さな町の自動車屋さんがせっせと売ってきはったのが気の毒に思いますわ。しかしまぁ…いろいろ出てきまんな、“三菱”って。

(於:旭区) 個人的には三菱電機の製品も金輪際買わんわ。

| | | コメント (0)

2021年11月13日 (土)

昭和なプラ看板 246 ● エスエスチエーン

 ひょっとしたら平成モンかもなぁと思いつつマークに“チーン”表記に昭和を感じるってことでいっときましょ。
Ssc1 Ssc2  軒に守られてきれいな状態。懐かしい正面向きのウサギのマークに“エスエスチエーン”…今でこそ外資傘下のエスエス製薬ですけど、エスエスてな名ですから外国の会社なんかなぁと子供の頃には思ったもんです。調べますれば江戸時代創業の美濃屋薬房に始まるとか。その後、昭和4年にボランタリーチェーン「瓢箪屋薬房エスエス」発足、ここで初めて“エスエス”登用、“SS”はSocial Serviceの略で社会奉仕の意味とか。と、表向きにはそう説明されているみたいですが創業者、白井正助のイニシャルから取ったという説もあるとか。今では“Science & Society pharmaceutical”の略と意味づけられているみたいですけど…後付け感全開ですな。
 現在は横向きに跳ねてるウサギですがこのかわいい正面顔は平成9年まで使われていた様で、その前は片耳折れていたみたいで、さらにその前は両耳折れて…ま、それも情けない可愛さがあるっちゅや、ありますけどもね。
 この看板があったお店は…ただ定休日やっただけなのか廃業しはったのかさだかではありませんが、これだけ世に“ドラッグストア”が幅を利かすと町の酒屋さん同様なかなかきびしいことでしょう。エスエスチエーン、いまも運営されているのかどうなのか…もひとつ判らずでした。

(於:旭区) ピョンちゃんには馴染みあるも…もひとつここの製品にはせわになってないかも。

※関連記事:
貴生川でピョンちゃんサトちゃんお出迎え』 2014年10月 記

| | | コメント (0)

2021年10月27日 (水)

桁下2m、京阪本線野江駅あたり。

 今日的交通事情思うと「えっ?」なガード下は、まぁあります。京阪は野江駅あたりも然り。日頃は「こんなもんや」ですが、写真にするとそれなりに非日常…って感じ。
20  桁下2mやったら、こんなもんなんでしょう。ま、その低さ云々より鉄やらコンクリの質感とかそこに漂う湿気のニュアンスとか…そこがええなぁと思いまして。ついつい人なり自転車を入れて一枚。あぁ何ともルーチンな発想やことで。

(於:城東区) サビこびりつくコンクリ…昔は沿線の屋根瓦が錆色してたもんですけど、きょうび瓦屋根自体が…

| | | コメント (2)

より以前の記事一覧