摂津(大阪市外)

2022年9月 6日 (火)

淀川と鳥飼大橋、モノレールから午前10時44分。

 摂津市某所で仕事開始。大日駅からモノレール乗って淀川を渡ります。
2209061044  雨降るかもと言われた天気も青空も見えてええ景色。橋を構成する鉄線が邪魔するもうまいこと写ったもんです。横をいく近畿道に中央環状線は“鳥飼大橋”やと知るもモノレールの走るこれは何なんかと調べますれば、ここを渡る橋4本全部を鳥飼大橋と呼ぶそうです。そらまぁ…そうですわな。

(於:守口市ー摂津市) 高いモノレールに仕事で乗れる…ちっちゃい幸せ♡。

| | | コメント (0)

2022年9月 4日 (日)

昭和なプラ看板 273 ● エサキ キャップヤーンテックス

 プラ看板でベースが“黒”というのが珍しいと思います。
Cyt1 Cyt2  しかもコンクリブロックの上に置かれているのもまぁ見かけません。ナショ文字風でキャップヤーン…そもそも何の看板なんやもひとつよくわからんなと近寄り小さな字に目を通しますれば右上に“超高級紳士服地”、左下に“品質・デザインを誇る”…読んではじめてそれが服地のそれと知った次第ですが皆さんはご存知でしたか。
 調べますればこのキャップヤーンテックスは昔より高級紳士服生地の中でも“超”がつくほどのトップブランドとか。そうか…縁がないから知らんということですね。ちなみに最初にある“エサキ”というのは江崎織物のことの様ですが、同社にはHPがないのか詳細はわからないまま。ヒットする情報には“自動車に付属する毛織物の製造を手掛けている企業”とあり、その事業部は愛知県一宮市に存在する様です。
 高級服地が売れん様になってトヨタのお膝元愛知ってことでそっちへ業務内容をシフトしはったということなのでしょうか。もし詳細をお知りの方おられましたらお教え頂けますか、よろしくお願いします。

(於:池田市) 思えば“背広”も死後になりつつあるな…ってわしは使うけど。

| | | コメント (0)

2022年8月30日 (火)

隙あらば緑化

 摂津市某所で仕事。モノレールは南摂津駅で待ち合わせ。
Midirijuji  ロータリー隅の緑化が何げにええ感じ。その形状ミドリ十字…かつてよく目にしたコトバです。

(於:摂津市) 雑草も他所もんの目にはええもんやと。

| | | コメント (0)

2022年8月28日 (日)

忍者シュロ

 うまいこと隠れてまっせ。
Ninshuro1 Ninshuro2  いや、隠れてるというより他の木々に守らせてるんかもしれませんなぁ。なかなかやり手のシュロです。

(於:吹田市) シュロもキリ同様どこにでも生えてくるってだけのことやな。

| | | コメント (0)

2022年8月25日 (木)

昭和なプラ看板 272 ● アイレディース化粧品

 昭和モンかどうか微妙な感じですが…まぁよろしいかと。
Ai1 Ai2  ごくごく普通の一軒家に掲げられている太陽のごとく丸くて赤い看板、アイレディース化粧品…聞いたこと有る様なない様というのが正直なところ。主に訪問で販売されている様です。調べますればこのアイレディースというのはアイスター商事が手掛ける化粧品のブランドとのことで同社は他に健康食品なんかも扱っているとのこと。その上、傘下組織として宗教法人政党学校法人などがあり、かつてはホテルの運営も手掛けてはったらしいですがある宿泊拒否事件のこじれから2003年に閉鎖、廃業したそうです。
 ただの化粧品会社とはちょっと違う…いや、かなり違う組織なのかもしれません…ではこの辺で。

(於:兵庫県川西市) ビミョーにナナメってる…わざとか?

| | | コメント (0)

2022年8月17日 (水)

巨木の切り株、新たな生命。

 吹田市某所で仕事。ちと早く着いて千里南公園でひと息。大雨の後とあって森がしっとりええ感じやと歩いてますればこんな切り株に新たな生命が。
Smp1 Smp2  かなりの大木であったであろうその後にうまいこと宿ってからに。葉っぱの形状からするとこれは“クヌギ”でしょうか、はっきりとは解りませんけど。“土台”に負けんくらいに立派に育って欲しいもんです。
 仕事先で耳にしました話ではこの公園の木々も2018年の台風21号でえらいことになったとこのこと。きっとこの切り株もその時にできたもんなんでしょうなぁ。傷んでも回復する…これも自然治癒力のひとつのかたちなんかもしれません。

(於:吹田市) 何の切り株かはさっぱり解りませんでした。

※関連記事:
スギの切り株にブナ宿る』 2021年8月 記
切り株にスギ根をおろす延暦寺』 2021年7月 記
切り株にノゲシ宿る』 2021年4月 記
松の切り株に守られ小松育つ』2019年5月 記
桜枯れ そこに松の木 蔓が締め』2018年11月 記

“切り株から新しい木生えてる”の木、桐やった。』 2017年7月 記
切り株に、やどり草。2』 2015年11月 記
切り株に、やどり草。』 2015年2月 記

切り株から新しい木生えてる』 2015年2月 記
木の電柱、てっぺんに木。』 2014年7月 記

| | | コメント (0)

2022年7月28日 (木)

カイヅカイブキ、笠松文様風。

 ブロック塀の向こう、いっぱいいっぱいのカイヅカイブキ
Matsuppoi  引いて見るとこんな感じ。伊吹でありながら笠松文様っぽく、また稜線の様でよろしいなぁ。
 きっと昔よりこういうカタチにと剪定してきはった結果なんでしょうなぁとストリートビューで見ますと、否々。近年のものは炎のごとく葉がボワボワに茂ってます。
 てなわけでこれ、きっと路上にはみ出ん様に剪定するとこうなったってことなんかもしれません。しかしまぁカイヅカイブキは人間の意のままどないにでもなる優しい存在なんですね。ま、その分のストレスは杉葉となってトゲトゲしい態度をするんでしょう。きっと。

(於:兵庫県川西市) カイヅカイブキのトゲトゲだけで記事にしてたなかつて。

※ 関連記事:
生垣、真一文字。』 2019年8月 記

※カイヅカイブキ関連の記事はここからどうぞ。

| | | コメント (0)

2022年7月20日 (水)

関電の注意喚起看板、昔風情。

 西宮市某所で仕事。行きは東海道線は甲子園口、帰りは少し遠いけど阪神電車で…って思いのほか阪神は遠くでした。
Onegai2 Onegai1  たくさん歩いた割にもひとつこころに響くもんがないのは、やはりここらもあの大震災でえらい目にあったからなんやろかなぁと思いつつ歩いてますれば、電柱にこんな看板がひとつ。
 全体的に雰囲気あるわと近づいてみたんですがこれ、古い看板あるある(?)で肝心なところの文字が消えてしもてます。どんな文言がそこに記されていたのかきっとその筋の人にしかわからん用語が書いてあったんやろとしかわかりません。
 ま、そんなことよりやっぱり手書きってのがええなと思わせるんでしょう。特に関西電力の“”が草書(?)というんでしょうか“”が“”になってるところがええんですよね。
 カッティングシートの普及で知らんうちにきょうびの看板はすっかり図案も文字も貼って仕上げたもんばっかりになってしまいました。ま、そんな看板が劣化してヒビヒビのパリパリになってる図もそれなりに味わいあると言えますけどこういうのを見ますとやっぱりこっちがよろしいかと。看板屋さんの腕が落ちんこと心より願わずにはおれません…って余計なお世話でしょうな。

(於:兵庫県西宮市) 消えた文字部分、各自何か思い浮かべて勝手に楽しんでくださいな。

| | | コメント (2)

2022年7月10日 (日)

4年前の強風が原因か、店先のテント文字抜け落ちる図。

 残るは“”なき“”と“”、のみ。
Ofukuro1 Ofukuro2 あ、電話番号も残ってました。廃業しはって字を消すもだんだん寂しいなってきて一部残しはったってことでしょうなぁ…とか何とか。
 これは…ひょっとして2018年の強風やった台風のときに抜けてしもたんではないでしょうか。そう仮説を立ててストリートビューで過去を見ますれば、2017年の図は問題なく文字が並んでいますが、2018年11月のそれは…まさしくこの状態。台風は9月4日やったそうですから、きっと風でやられたんでしょう。
 あのえげつない風を思い出すと文字が抜ける事くらいはあってもおかしないですね。それでも被害は被害、いまだビニールシートに覆われた屋根をあること思うと、ちょっとネタにしてええんかと思ったりしてきました。

(於:兵庫県伊丹市)TEL”の抜け方もう完璧。

※関連記事
お米屋さんのテント、屋号だけ抜け落ちてる。』 2013年8月 記

“ん”抜け、手打うど 。』 2013年1月 記

| | | コメント (0)

2022年6月18日 (土)

日陰移動の忍者ネコ

 日陰をひっそり歩いてきたつもりが…バレたわってところかな。
Ninneko  サッと止まってこっち見て、逃げるでもなく怒るでもなく…昼のひとときええ感じ。

(於:兵庫県川西市) いつものシロクロとは違います。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧