摂津(大阪市外)

2019年12月 9日 (月)

文字かマークか暗号か…

 これは文字か?マークか?…暗号ですな。
Kudamono  尼崎某所で仕事のあと、三和本通商店街を行きますればこんなオブジェを発見。まぁさっぱり解りませんで。5秒ほど考えましたけど何やろと上にある商店街統一の看板見て「そうか」と思うもまだ解らんわぁ…って「あ、そういうことか」。
 二文字目と四文字目、“◯”と“◯”の一部がひっくり返って…なるほどね。さぁ何て読む?

(於:兵庫県尼崎市) まぁこれはInstagramネタやなぁホンマは…と思いつつ本家本元はこっちやもんね。

| | コメント (2)

2019年12月 6日 (金)

光る純粋プラ看板

 仕事の前に豊中は庄内あたりを行きますれば徐々に日が暮れて…寂しいながらも街の情緒を感じるひとときですなぁとか思いつつ見上げれば…っはは。
Junplakan1 Junplakan2  純粋プラ看板がそこに。しかも現役、ちゃんと月に負けじと光ってまっせ。ちょっと電気の無駄遣いちゃいますの…とか思うも街路灯として機能してるから良しか。ま、それよりおもろいからそれで良しなんですけども。

(於:豊中市) 管一本切れてまんな。

| | コメント (2)

2019年11月20日 (水)

木もプラスチックも一緒や

 何がどぉってこともないと言えば、ないんですな。
Pika Zara  夕日に照らされたサルスベリがツルッとピカッと輝くその横で電柱を支える鋼線のカバーも張り合ってる様でいて妙に調和して…映像化して言語化しても伝われへんやろなぁってこともあるってことです。いや、ちょっと琴線に触れたもんで。

(於:兵庫県西宮市) 西宮やしと帰路ホームでワンカップ大関のminiを。いつもと同じ味、さすが…。

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

名神高速道路“水堂30”高架橋

 一面コンクリート。
Suido30  いたって日常的な連続した高架橋ってところが逆にかっこええなぁと。まぁ“いかにも”ってのもかっこええと思いますけど。

(於:兵庫県尼崎市) ドブ川のブロックがまたええ質感やことで。

※関連記事:
近畿道の橋脚、北春宮交差点から北の図。』 2019年10月 記
近畿道の高架下、長田にて。』 2016年5月 記
八戸ノ里駅、改札口出てすぐの景色。』 2015年9月 記
大阪市中央区、阪神高速高架下の図午後3時。』 2015年9月 記
りんくうタウン駅の橋梁』 2015年5月 記
JR三ノ宮駅の橋梁』 2015年5月 記
ジャンクション下の静寂』 2014年4月 記

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

高槻市柱本7、中古車店の夕景 午後5時22分。

 京都は西陣某所で仕事して、睡魔と闘いながらクルマを運転。夕焼けも何や眠たい感じ。
1910071722  信号待ち中何げに撮った一枚が、妙に静まり返った世界に。ウソではないものの、どこか嘘くさい図。

(於:高槻市) そや、丸い照明器具のシルエットがええなと思て撮ったんやった。

| | コメント (2)

2019年9月26日 (木)

西日と雲と鉄塔と、茨木市西河原、午後3時10分。

 京都は西陣某所で仕事して、時間はあるし天気はええしで帰りはドライブがてら茨木経由のいつもと違う道で。171号線が安威川を渡る手前で信号待ち。前見上げれば、かっこええ雲と鉄塔のシルエット。
1909261510  9月末にしては暑い一日。それでも空の様子はやっぱり秋な感じ。確かに朝方は窓閉めて走らんと肌寒く感じましたわ。過ごしやすい日々ももうそこまでやってきている…嬉しい様で、さみしいなる季節到来でもありまんなぁ…あ、もう既にすっかりそのモードですけど。

(於:茨木市) いろんな世界に“そこだけに通じる常識”ってモンがあるなと改めて思うここ数日。

| | コメント (2)

2019年9月24日 (火)

“田にクスリ入るな”か…

 西宮市某所で仕事。阪急は門戸厄神で降りて…のつもりが時間もあるわと西宮北口から歩いて現場へ。ところどころ残る田んぼは実っていたり稲刈りも住んでいたりとまさに初秋って感じ。
 そんな田んぼの隅に手押し式の井戸ポンプが。懐かしさを誘うサビ具合になんとなく癒される…までもなくその前にくくり付けられた看板の文言、これが台無しな気分に。
Tanikusuri1Tanikusuri2 “田にクスリ入るな”。“れ”がないのでちと日本語としては変ですが、そんなことはどうでもよろしい。え?ということは…田んぼに悪意を持って薬品放り込む輩がおるってことですか。薄気味悪いって言うか…じつに気分悪いことされることがあるんですね。ゴミや空き缶、その上クスリまで…街中で田畑を維持するのはことのほか大変なことの様です。
 で、思い出したことひとつ。田畑に通じるある用水路に白濁したシアン色の液体を流してるおっさんがおって「何な流してんねん、下には田んぼもあるやろ」て怒ったことがありました。20年以上前の話ですけど、それが家の前やったってこともあって、その後の逆恨みが気になって嫌な思いをしましたわ。何のために何をわざわざ川に流していたのか…そのじじいはそそくさと軽トラに乗って去って行きよったけど…ほんまに。

(於:兵庫県西宮市) そう言えばどっかの御神木が薬品で枯らされたってのもあったな。

※追記:
“田んぼの中に危険な除草剤、殺虫剤を散布してあるので、はいらないように、という意味でしょう”とのコメントを無記名の方より頂きました。御礼申し上げます。
なるほど納得。どんな怖いクスリやねん…と思うも、脅しとして使っているのでしょう。てなわけで記事はそのままにしておきますが、解釈が間違っていたかもということでひとつお許しを。


| | コメント (2)

2019年9月19日 (木)

橋梁とコンテナ二題、JR神戸駅高架下。

 神戸港の片隅で仕事。東海道本線は神戸駅で降りて…やっぱりいつ見ても旧国鉄の橋梁はかっこよろしいなぁと愛でておりますとでっかいコンテナ積んだトレーラーが入ってきて、うん、いかにも港街って感じ。
Nyk  うわっ、めっちゃかっこええやん…ってまぁ理由はないので個人の感想です。しばらくするとゴトンゴトンと音を立てて貨物列車が登場。やったぁって…子供か。
Nykjp  一枚の写真に橋梁とトレーラーのコンテナと鉄道のそれと…こういう偶然のタイミングをシュッと撮ることができてさすがはスマホだわ。と言いたいところですがいつものコンデジでのもの。まぁようするにデジタル様さまですなぁとしみじみ。

(於:兵庫県神戸市中央区) 何となく英語入っるからかっこええと思ってるんかもしれん…

※関連記事:
JR神戸駅の橋梁』 2017年6月 記
JR三ノ宮駅の橋梁』 2015年5月 記

| | コメント (0)

2019年9月 5日 (木)

懐かしの地で仕事終え、ふと見上げるとそこに虹、午後4時43分。

 仕事で行った吹田市某所は、社会人デビューして働き始めた職場のあったところの真ぁ向かい。何年前のことやねんってもう数えるのも嫌になるくらい昔ですけど、あれからわしは成長したかと問いますれば…全然。特にビビりなところがまったく変わってへんなぁとその頃の我がを思い出してモヤっとした気分を引きずりつつ…とはならんところを見ると、ちぃとは成長したんかいな…ってちっちゃいなぁ、言うことが。
1909051643  仕事終えて外出ますれば、北の空にやんわり虹。バブル期にこの空の下で過ごした3年間はとにかく深夜まで労働(←仕事未満)してただけで何の希望もないまま辞めましたけど、今を思えばそこから始まった30余年は間違ってなかったんかなと思ったり。“苦難や試練を乗り越えた後の希望”、それが虹なんやそうですな。てなわけでここに記したこと、全部後で思ったこと。たまたまながら、思い出の地で虹を見ることができて嬉しいというかホッとするというか。そや、諸々の不安をエネルギーに換えて明日も…ってまぁその前向き気分、すぐに萎えるんですけど。

(於:吹田市) “石の上にも三年”て言うも、3年は中途半端に思うな。

| | コメント (0)

2019年8月26日 (月)

沢良宜西2-13のマルマル

 茨木市某所で仕事。モノレールに乗って…もうこれだけで小旅気分ってもんです。沢良宜駅で降りて帰りは南茨木駅まで歩きますれば、こんな一角が。
Marumaru1 Marumaru2 ナミイタ壁に看板まみれ。近年少なくなったとは言えまぁ見かける光景。きたないとも言えますけどなんとなく昔ながら感があって…とまぁ全体的にもええんですけど「あ、これ」と思ったのがこの“保険”のヤツです。
 幼少の頃、父親の運転するクルマの中から見たこの“”。あれは…いま思えば平野区か東住吉区かあたりやったと思うんですけど、どこかのビルの屋上にあったその“”が妙にこころに引っかかっていて、まぁその後何となくそれが保険の看板やと知りつつもあんまり気にも止めんといましたが、ここにも…と、ちょっと懐かしくなった次第。
 第一火災…合理化でどこかの損保に合流してるのかと調べますれば2000年に破綻してたんですね。そうか…そうなんですね。調べてスッキリしたのかどうなんか…

(於:茨木市) 夏の終わりやから余計にしんみりしてしもた気もする。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧