摂津(大阪市外)

2021年4月29日 (木)

深い眠りの日産ローレル

 一昨日の朝は、いま話題のお方が市長として君臨してはる池田市で例年お世話になっている仕事。ちょっと早めに池田入り。昔ながらな酒蔵風情の呉春の出荷風景など眺めつつ小旅気分に浸っておりますと、時が止まった一角がありました。
Butaketsu  屋根付きの駐車場にシートで覆われたクルマが一台。ま、それだけではありますがかなり“ずっとそのまま”感がいっぱい。めくり上げてチラ見を許されたところからのぞくその形状に色合いに懐かしい雰囲気が漂ってます。
 ストリートビューに見られる10年前のその全容がなかなか時代がかっていてええ感じ。その後の図はずっと今と一緒。タイヤもへしゃがった状態であること思うとこれからもずっとシート被って眠り続けることでしょう。きっとずっと…ま、願望に過ぎませんけど。

(於:池田市) これは二代目“ブタケツ”って呼ばれてたらしいヤツなんかなぁ。

| | コメント (0)

2021年4月18日 (日)

草むらにオリヅルラン、で、諸々。

 開かんシャッターからこっち見てはる吉村はんとその一味。草むらには一筋の光明。
Oritsururan  新幹線の高架下の湿った一角にオリヅルランがワイルドに増殖中。何とも令和3年春っぽい光景。
 以下余談ですけど、以前うちに前住居者が置いていったオリヅルランが植わっていてそれを見た某が「オリヅルランは“りてくる”って言う意味やねん」と説明され、その形状に納得してそうなんやと思ってましたけど…折鶴蘭が正解やったんですね。ずっと騙されてたやん。って聞いとヤツは本気でそう思っていて説明してくれたんでしょうけども。はぁ。

(於:摂津市) “縁”というのは不思議なもんで「ちゃうな」と思うと疎遠になる…ヤツもしかり。

| | コメント (0)

2021年4月13日 (火)

耐震補強

 東海道線は岸辺駅で落ち合って現場へという段取りの仕事。疫病蔓延を思えばうめだ界隈は避けたいわと阪急は正雀駅から徒歩で。道すがらふと目に入った建屋がこんな状態でした。
Taishinhokyo1 Taishinhokyo2  危機意識の高さのあらわれ、ちゃんと耐震補強してはります。しかも“見える化”で施工されていて安心あんしん…って。

(於:吹田市) でもやっぱりこれは“耐震補強”やなぁ、うん。

| | コメント (0)

2021年2月25日 (木)

芥川大橋上西の空、午後5時。

 京都西陣までサクッと納品。帰路はいつもの府道大阪高槻線。芥川大橋を渡るとき、まぁほぼ毎回その景色にこころ揺さぶられます。
2102251700  今日の景色はこんな感じ。雲の向こうに沈む太陽…モワッとした夕焼けも捨てたモンやないですな。こういう夕空の味わい知ると、パキパキのそれがなんというか子供っぽく思えてきて。ま、きっとそのうち今日のこの感動を忘れてド派手な夕焼けにもまたこころ揺さぶられるんでしょうけどもね。

(於:高槻市) こういうモワッとした質感こそデジタルならではやなぁとあくまで私見ですけど。

※関連記事:
芥川大橋渡って夕景、午後4時31分。』 2021年2月 記
雲多いも清々しい午後2時47分、高槻市芝生町あたりの空。』 2018年12月 記

| | コメント (0)

2021年2月 3日 (水)

芥川大橋渡って夕景、午後4時31分。

 京都へ納品。帰路、ハンドルの向こうの景色が今日もやっぱり何となく沁みまんなぁ。
2102031631  高槻は芥川大橋を渡る頃、いつも景色がええ感じ。今日もしかりとフロントガラス越しに一枚。じつにそれだけ。じつのそれだけな写真。その“それだけ”さがええねんなぁ…と。何気ない日々の積み重ね。それでええんかと思う日々ながら、それがええねんと…信じようとしてる、かもね。で、なんのこっちゃ。

(於:高槻市) アホのカーナビ「今日は“節分” 」てょ。

※関連記事:
3月11日に』 2020年3月 記

| | コメント (0)

2021年1月25日 (月)

阪急バス新在家口停留所の向こう、雨上がりの朝焼け。

 少し日が長くなったと実感するのは夕方だけで、朝はまだまだ暗いままやなぁと思いつつクルマで京都へ仕事に。雨は上がっているも少し前まで降っていたかの様な雲模様の空が徐々に赤く染まってきて信号待ち。
2101250702  たまたま止まった場所ながら、その普通な道沿いの風景が妙にええ感じに見えるのも朝焼けのせいでしょうか。歪んだガードレールにテント飛んで枠だけ残る待合所もこの天気状況にどハマり。軽く得した気分の信号待ちのひとときでした。

(於:摂津市) 片側1車線の道が気楽で好きやな。景色もええし。

| | コメント (0)

2021年1月12日 (火)

“自分の言った事した事全て(中略)必ず自分に返る”…

 クルマで信号待ち。右前のトラックにこんな言葉が。
888a 888b 888c   “正しい”か否かはわかりませんけど、新年を迎えて思っていたことなんですよねー、これ。
 じつは昨年の今頃も思っていたことで「うん、今年は自分勝手な感情や思想は、まず封印」を“一年の計”のひとつにしていたはずがあんた…全然やったことを思い出したところにこんな啓蒙看板が目の前に現れて…たまたまやないですな、これは。
 などと記しておりますが最初見た時には全然他人事の様に見つめていたという事実も報告しておきます。すぐに“ムカッ”はとりあえずどんな状況においても封印してみたろ…と。これが案外できてしもたら楽チンに生きられるのかもしれんなと思たりしますがどうでしょ。そこに自分の判断は不要やと思うと気楽なもんでっせ…などと思うと何や違う気もしますなぁ。それでもいっぺんそういうこと心がけてみるのはええ実験かもしれんなと思ってます。「できるもんならやってみぃ」…そんな声が全方位、内からも外からも聞こえてきますけどもね。

(於:高槻市) 気ぃつけとけへんと「キレるジジイ」になりかねへんからな。

※関連記事:
トラックに“恥ずかしいの極みでございます”』 2020年6月 記

| | コメント (0)

2020年8月28日 (金)

服部緑地の連理木

 いったい何がどうなってこうなってるのかがなかなか理解できませんで。
Xrenri1  新緑まぶしい5月、仕事終わって池田からずっと歩いて服部緑地の淵を歩きますれば、木がこんな状態に。
Xrenri3Xrenri2 そらもう私の中では「どえらい発見や」と思いつつも、どない見てもどうなってるのかよくわからんなぁって感じ。てなわけでちょっとどう記事にしてええんやろかとほっといたんですけど…写真をよく見ると、何となく「あぁそういうことかも」と。
 木肌をじっと見ますと…これはどうやら二本の木がクロスして、その交わったところが溶け合って今に至ってるってことでしょうなぁ…なんてコトバにしてしもたらそれだけって感じですけど、実物を前にすると、もっと何というか神々しいって言うか圧倒される存在です。
 木がこの様になる様子はかつてブログ“河内彷徨~郷土を見にゆく~”のナムダーさんや“なんぎな日記”のなんぎさんに教えてもらってました。そうそう、こういうのは“連理木”って言うんでした。しかしながら…ほんまに幹は融和してるんでしょうか? 伐ってみないとわからんと思いますけど…そんな罰当たりなこと、誰もできませんやろな。

(於:豊中市) 360度、どこから見ても連理木…ぜひ拝みに行ってみて。

※関連記事:
公園に、連理木。』 2015年12月 記
木の幹、分岐の後に一本化してる。』 2011年9月 記

| | コメント (2)

2020年7月 6日 (月)

干上がっとる…ってこの状態が普通の川やとか。

 地元民には「当たり前やん」な光景ながら、ちょっとびっくりやったもんで。
Minohriver  過日池田市を歩いた時に見た光景が、これ。ご覧の通りそこそこに立派な川ながら乾ききって水は当然のこと、湿度すら感じられん有様で「なんですのん」状態。その川が“箕面川”と知ると「あ、これは箕面の滝が枯れるとかどうとか言われていた箕面グリーンロードのトンネル工事で水路が断たれてこないな状態になってしもたんやで」と思い込んでその場を後にしましたけど…関係ない様で。
 調べたところ、箕面川の下流は“水無川”が普通の状態とか。川底の地下に染み込み伏流水になってるのが常で、降雨量が増えた時だけ地上を流れるそうです。へぇ、そう言う川があるのは知ってましたけど、身近な話ではないと思ってました。
 梅雨になってきっとここにも多くの水が流れていることでしょう。そんな図の方が珍しい訳でこんな写真には大して意味がないんですね。けど…他所モンには不思議な光景に見えました。

(於:池田市) 新コロに天災…言葉にならん。

| | コメント (2)

2020年6月25日 (木)

トラックに“恥ずかしいの極みでございます”

 過日ふと目にした気になる言葉。
 クルマで信号待ち、前のトラックのナンバープレートが取り付けられていそうな場所に何か小さい字が書いてあるのを発見。その小ささがまたたまらん小ささでドヤ感ゼロ。かえって読みとなるってもんです。凝視し写真撮って確認すると…何て?

恥ずかしいの極みでございます

Hazukiwa1 Hazukiwa2  は? わからん。けどまぁこの文言にはジャストな字の大きさですなぁ。わからんなりにええセンスしてはるんちゃいますかね。
 とまぁトラック運転手さんの何か気分でも表してるんやろかなぁ…と思いつつ、私が知らんだけで何ぞ深い意味のあるフレーズなんかもしれんでと“恥ずかしいの極みでございます”を検索しましたら…ふ〜ん、そうかいな。ちょっと「な〜んや」って感じかなぁ。
 皆さんは知ってはりましたか。自分がこの手のモンにまぁ興味ないもんで、逆に知らん事こそが“恥ずかしいの極みでございます”かもしれん訳です。いや、そやわ、つまるところこのトラック運転手さんに試されているんですな。
 で、何なん“恥ずかしいの極みでございます”って? 調べてもらうのがええかと思いますがそこまでせんでもええ気もしますんで記しておきましょう。乃木坂46の生田絵梨花さんの迷言らしいです。以上。

(於:高槻市) ファン心理ってわからんもんやなぁ。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧