摂津(大阪市外)

2020年1月14日 (火)

“とびだしちゆうい”

 昨日の記事にある看板の路地を行きますと、そこにこんな注意喚起の看板もありました。
Tobichiyu1 Tobichiyu2  赤ペンキでギザギザの縁取りに白地に黒で“とびだしちゆうい”…よろしいなぁ。全部ひらがなってのもフリーハンドで描いた感も何とも可愛くていいなぁ。下部の角だけ面取りしてあるところがこれまた子供の安全を考えてしはったのやろなぁと思うとなおのこと愛らしく見えてきます。
 裏面は…まぁ素っ気ない感じ。何や…と現場ではやや残念に思っていたのですが写真でよく見ると、こちらも赤ペンキでギザギザが描かれていた様な跡がうっすら残っています。これは南向きですから太陽光にやられて色が抜けてしもたんですね、きっと。
 そもそもこういう塀自体めっきり見かけなくなった訳でそれだけでも味わいがある上に、この様なちょっと人間臭い要素が加わるとますますしみじみえぇなぁってもんです。パソコンデータの出力ではこの味は出せませんな。そうや、下手でもええから自分でもやってみよかなぁ…ってうちのひとに却下されそうですけど。

(於:豊中市) 上手下手より、味のあるなしの方が重要か…

| | コメント (2)

2020年1月13日 (月)

駐車違反ー1点、御葬儀は3万5千円より

 成人を迎える娘さんがいてはる仕事で知り合ったお方から成人式へ向かう前に撮影をとの依頼を受けて豊中某所へ。よろしいなぁ若いってのは。こっちまで気分が若返るってもんです。おまけに天気も晴れハレ…ってことで豊中から曽根まで散歩してますと、こんな看板が。
35000a 35000b  あっ、懐かしい感じ。そう言えばこの手の交通法規に違反したら何点減点ってのを大きく書きつつ実態は広告看板ってをかつてはよく見かけたもんです。気がつけばすっかり見かけん様になってましたね。そうかそうか、駐車違反でマイナス1点でしたか。
 今はどやろと調べますればこんな記事を見つけました。「出頭せなんだら罰金だけで済む」という都市伝説(?)はホンマやと。そやったんですね。そう言えば…すっかり忘れてましたけど、所有者の父親に罰金の用紙が来てそれで支払ってこっそり済ました昔のことを思い出しました。てなわけでこの看板は正しい様でちょっと時代に合ってへんとも言えるわけです。
 で、ですわ、下には葬儀社の広告。そこにある文言が“御葬儀千円より”。この“御葬儀”の“は”、これがキモですな。一応上の“駐車違反−1点”の続きって位置付けなんでしょう。堂々の“蓮社”は社名も電話番号も検索するヒットしませんでした。安請負の果てに…いや、わかりませんが。

(於:豊中市) 成人式行った?私は行ってません。今でも…行かんやろな。

| | コメント (4)

2020年1月 5日 (日)

さほど古くない看板、“同時プリント”の文字。

 “お正月を写そう♪”…フレーズだけは令和の世も健在で何より。とは言えその環境激変でさほど古くない看板さえも、しみじみ沁み入りますなぁ。
Dopri1 Dopri2  “同時プリント”…このフレーズも若い衆には何のことやって感じでしょう。“45分仕上げ”も、しかりかな。店頭でプリントするスタイルの前は“翌日仕上げ”とか“中二日”…あの待ち遠しさを日常的に味わうこともなくなりました。どうやらこのお店もシャッターが永らく閉まったままになっているみたいで本屋さんやら豆腐屋さん同様、町の写真屋さんも知らん間にあまり見かけん様になったもんです。

(於:豊中市) 12枚り…“り”やろ。

※関連記事:
“同時プリントをご注文で…カラーフィルムプレゼント”かぁ。』 2011年12月 記

| | コメント (3)

2019年12月28日 (土)

手書きの庄内東町四丁目

 路地抜けて振り向けば、そこにこんな町名看板。
Snh4a Snh4b Snh4c  ははっ、文字が剥げたか住所が白色のマーカーで書かれていてまぁそれなりにええ感じ…ってそもそもどんな風に記されていたのかさっぱりわかりませんわ。それでも現役として使い続けようという住民の気持ちがよろしいですなぁ。
 てなこと思いつつ下部見れば、そこに広告が。“くらや”と読めるも寄って見ても、もひとつわかりません。どうも二つの広告がごっちゃになってるって風に見えるのですけど、どうでしょ。契約期間が過ぎて次の内容に変更されたけど、元の広告がまた出てきたって感じ。ちゃんと読めるのは“西本町商店街突当り ウチダ美容室前”と電話番号くらいで検索するもわかりませんでした。剥がれた部分を想像すると“おぐらや”で昆布屋さんの広告かなぁと思ったり。昔からここらにお住いのお方、どなたかわりませんかね。

(於:豊中市) 書きながら徐々にテンション低なってきた様子がうかがわれますな。

※関連記事:
“豊津町32”の町名看板は手書き』 2017年9月 記

| | コメント (0)

2019年12月27日 (金)

アーケードの下、コクヨの二代前の看板ピカピカ。

 時節柄“年賀状印刷”も気になりますけど、そっちやなくて。
Kjy1 Kjy2 過日歩いた尼崎の商店街にあった文房具屋さんの看板、それがあまりに状態良くて…やっぱり雨風紫外線から守るアーケードの存在って大したもんでっせ。
 まぁ何も記すことないですね。これは二代前のマークですけどやっぱり味あってよろしいなぁ。何て言うんでしょ、そやなぁ「風情がある」って感じですよね。日の出っぽい丸いギザギザは勿論、サクラでしょうか花柄が何とも風流な雰囲気を醸し出していて…かわいいですわ。
 すっかり“事務用品”から“オフィス”やら“ファニチャー”などのキーワードにふさわしい企業にならはって…我々が幼少の頃は“コクヨ便箋”って呼んでたんですけどね。いまアリオのところに八尾工場があってどっちかと言うと贔屓に思ってましたけど…ぺんてるの敵対的買収でちょっとナンダカナーな気分になってしまいました。嫌がってはるところにあれこれ…なんかさみしい気がしますわ。

(於:兵庫県尼崎市) コクヨに極東、日章、ハタ…コクヨの一人勝ちやなぁ。

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

文字かマークか暗号か…

 これは文字か?マークか?…暗号ですな。
Kudamono  尼崎某所で仕事のあと、三和本通商店街を行きますればこんなオブジェを発見。まぁさっぱり解りませんで。5秒ほど考えましたけど何やろと上にある商店街統一の看板見て「そうか」と思うもまだ解らんわぁ…って「あ、そういうことか」。
 二文字目と四文字目、“◯”と“◯”の一部がひっくり返って…なるほどね。さぁ何て読む?

(於:兵庫県尼崎市) まぁこれはInstagramネタやなぁホンマは…と思いつつ本家本元はこっちやもんね。

| | コメント (4)

2019年12月 6日 (金)

光る純粋プラ看板

 仕事の前に豊中は庄内あたりを行きますれば徐々に日が暮れて…寂しいながらも街の情緒を感じるひとときですなぁとか思いつつ見上げれば…っはは。
Junplakan1 Junplakan2  純粋プラ看板がそこに。しかも現役、ちゃんと月に負けじと光ってまっせ。ちょっと電気の無駄遣いちゃいますの…とか思うも街路灯として機能してるから良しか。ま、それよりおもろいからそれで良しなんですけども。

(於:豊中市) 管一本切れてまんな。

| | コメント (2)

2019年11月20日 (水)

木もプラスチックも一緒や

 何がどぉってこともないと言えば、ないんですな。
Pika Zara  夕日に照らされたサルスベリがツルッとピカッと輝くその横で電柱を支える鋼線のカバーも張り合ってる様でいて妙に調和して…映像化して言語化しても伝われへんやろなぁってこともあるってことです。いや、ちょっと琴線に触れたもんで。

(於:兵庫県西宮市) 西宮やしと帰路ホームでワンカップ大関のminiを。いつもと同じ味、さすが…。

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

名神高速道路“水堂30”高架橋

 一面コンクリート。
Suido30  いたって日常的な連続した高架橋ってところが逆にかっこええなぁと。まぁ“いかにも”ってのもかっこええと思いますけど。

(於:兵庫県尼崎市) ドブ川のブロックがまたええ質感やことで。

※関連記事:
近畿道の橋脚、北春宮交差点から北の図。』 2019年10月 記
近畿道の高架下、長田にて。』 2016年5月 記
八戸ノ里駅、改札口出てすぐの景色。』 2015年9月 記
大阪市中央区、阪神高速高架下の図午後3時。』 2015年9月 記
りんくうタウン駅の橋梁』 2015年5月 記
JR三ノ宮駅の橋梁』 2015年5月 記
ジャンクション下の静寂』 2014年4月 記

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

高槻市柱本7、中古車店の夕景 午後5時22分。

 京都は西陣某所で仕事して、睡魔と闘いながらクルマを運転。夕焼けも何や眠たい感じ。
1910071722  信号待ち中何げに撮った一枚が、妙に静まり返った世界に。ウソではないものの、どこか嘘くさい図。

(於:高槻市) そや、丸い照明器具のシルエットがええなと思て撮ったんやった。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧