河内

2021年2月22日 (月)

公道っぽい私道

 かすれた“とまれ”の路面標示を嗤うがごとく蛍光色で記された“私道”の文字。
Shido1
 “東大阪市”と記されたマンホールの蓋もあって「こんなん…書いてるだけちゃうん」って感じ。
Shido2Shido3 「胡散臭いでなぁ…」と思いつつよく見ると道に境界を示す杭がいくつかあります。そうか…やっぱりこの道の一部は“私道”で間違いないってことなんですね。疑いの目で見たことに反省。ごめんなさいでした。

(於:東大阪市) “料金所”設けなあきまへんな…ってもちろんETC対応のな。

※関連記事:
有料道路、先は砂利道。』 2017年3月 記
大阪市里道』 2016年5月 記
封鎖された道は私有地か…しゃない。』 2015年6月 記

| | コメント (0)

2021年2月21日 (日)

二階建文化住宅、角に便所の筒ふたつ。

 何げに懐かしいなと。
Directbaba1 Directbaba2  臭気筒のてっぺんがクルクル回るヤツではないのがちと残念ながら、この二階の便所から塩ビパイプでダイレクトに一階へ落ちてる図、これがいかにも昭和は40年代って感じやなぁと思いまして。不透明な筒ですからババが見えるわけではないものの、普通隠す設備が道に面してドンと…時代を感じますわぁ。
 下水道の整備完了で不要になったか汲取口がコンクリで塞がれ香りはしませんが…きっと現役。夕刻になるとチャルメラが聞こえてきそうな町の景色でありました。

(於:東大阪市) 和式ポットン一気に一階…たぶん。

※関連記事:
懐かしの臭気筒。』 2011年11月 記

| | コメント (2)

2021年2月15日 (月)

枠だけ残り昭和感増しマシの元プラ看板

 朝から雨ちらほら。現場仕事の昼休憩の散歩中もしかり。昭和が色濃く残る町並みで見上げれば天候の悪さも手伝って…侘しい光景が。
Wakudake1 Wakudake2  これも例の強風の台風で吹っ飛ばされたんでしょう、プラ看板の枠だけが残されています。残された二本の蛍光灯がなおしみじみした気分を増長させます。ストリートビューで過去を見ますとそれは白鶴の広告入りの“割烹”の看板。そうなんや…ますます昭和を感じ入り諸々深くまで沁み入るのでありました。

(於:東大阪市) 昼食は超久々の光洋軒…思えば緑のおっさん登場以降行ったことなかったかも。

※関連記事:
枠と蛍光灯だけ残されたプラ看板の残骸。』 2013年3月 記

| | コメント (0)

2021年2月13日 (土)

NGK

 NGK…っても“なんばグランド花月”のことやないよ。
Ngk1Ngk2  過日仕事帰りに目にした看板がこれ。ここに昔ながらな風情の自転車屋さんがあるのはもうずっとずっと前から知ってましたけど…こんな看板あったんかなぁって感じ。ストリートビューで調べますと…あぁそういうことかと。かつては軒先のテントが前に降りていて看板類が見えなんだってことなんですね。
 で、この看板。製品と商標のみ記された潔さがたまりませんなぁ。品質と、世間に認知されているっていう自信の裏付けがあるからこそこんな堂々のデザインにできるってもんですわなぁ。いやぁ実に眩しい。
 で、NGK日本特殊陶業のスパークプラグの商標な訳で勝手に社名の英語表記の頭文字を3つ書いてあるんやろ程度に思ってましたら、これは源流企業である日本碍子の略“Nihon Gaishi Kaisha”(…かな)の様で、その発祥は同業の米国チャンピオンの工場見学に端を発しているとのことでプラグの世界シェア30%やとか。知らなんだですわ。余談ながらTOTOノリタケが同グループってのは知るも日本ガイシも同社も同根企業やとは…これも知りませんでした。
 しかしまぁ…スパークプラグって長いこと目にしてませんわ。もう30年は見たことも触ったこともありません。学生時分やら社会人なりたてのころはボンダスーパーカブやスズキキヤリイのプラグをしょっちゅう磨いたり乾かしたりしたもんです。こんにちのクルマはもうどこにプラグがあるのかも知らん状態。そもそもプラグがガソリンでかぶるとかしないもんね。エンジンもさることながらプラグの性能も向上した結果なんでしょうなぁ。イラン心配せんでええ有り難さ…な反面、手をかけんと機嫌よく走らなんだあの頃のクルマにバイクが愛おしく感じますわ。

(於:柏原市) このお店、廃業しはったんかもしれん雰囲気が漂っていたけど…

| | コメント (0)

2021年2月 1日 (月)

北旅籠町西一丁1の角、午前8時43分。

 朝から堺区某所で仕事。少々時間かかるも当然ながら阪堺電車に乗っての現場入り。高須神社電停で降りてしばし探索。紀州街道を中心に歩きますればどこも落ち着いたええ風情やこと。何げないこういう一角がまぁたまらんよろしいなぁ。
2102010843  人やら犬やらをついつい入れての作画…あざといなぁとか思いつつ一枚二枚。うん、このお方のおかげで画面が引き締まったわぁ…はい。エアコン(クーラー?)室外機、アロエにれいわ新選組…構成要素どれも濃い濃い。のに…まとまってますなぁそれなりに。何と申しましょうか案外これは平和な図ですよ。何てことこじつけ。いま思っただけのことですねんけれどもね。

(於:堺市堺区) 基本この壁面は…、はい。

| | コメント (0)

2021年1月27日 (水)

犬糞罰金一万円

 過日所用で訪れた東大阪は俊徳道界隈。行きますと前に小さく可愛い看板。近寄り見ますればそこには“ 犬 糞 罰 金 一 万 円 ”の文字。小さな見かけながら…なかなかな価格ですな。
Kenpunx1 Kenpunx2  「ええよ、一万円かいな」てな可能性あるかも思えば。賽銭箱よろしく“罰金箱”を置かはったらそれなりに儲かるんちゃうんでしょうかと思ったり思わなんだり。
 ま、いっそのこと“愛犬の排泄ここで承ります”として“処理費:一万円也”とした方が逆に効果バツグンやないかと思ったりするんですけど…どうでしょ?。 ま、「ほな一万円」ってテンコ盛りに犬のババ持って来よる輩がおるやもしれんかと思うと、それも洒落とはいかんかな。

(於:東大阪市) このコンモリ状態は…犬糞換算00万円分くらいやな。

| | コメント (0)

2021年1月16日 (土)

ママドライ、クターエングに台座だけ。

 あの風キツイ台風でテント吹き飛ばされたか奥から長年隠されていたであろう昔の屋号が露出。
Mamadry1 Mamadry2 “ママドライ”…あぁ懐かしいその響き。具体的に何かママドライと接点があった訳ではないですけど「そう言えばむかし見たわぁ」って感じ。特にこのロゴの持ち味がいかにも昭和は30年代な味わいで…とまぁそっちにつられてその上見ますれば“(ママ)ング”。こっちもまたあんたええ感じでございます。
 台風の被害を愛でてる様な後ろめたさも若干感じつつ改めて全体見ますれば、右端のみシャッターが閉まっていない状態。少し見える格子戸に台座。近寄り確認…これはお地蔵さんの“空家”ですわ。
 台座に“ 蔵 地 卍 命 延 ”文字あるも、その上に祠なし。背景の化粧板にうっすら残る祠の屋根の形に供花なき花立…令和は昭和にあらずかな。ストリートビューの映像では2009年までは神さんはおられた様です。ママドライにクターエングに台座だけの地蔵さん、見どころ満載の…何と罰当たりな。すんませんすんません。

(於:東大阪市) ママドライ、長年“白星舎”に隠されて。

※関連記事:
台座の上に祠なく…』 2018年9月 記
空き祠 2』 2017年4月 記
赤い自販機、祠の中。』 2015年4月 記
出世地蔵尊、お寺へお引っ越し。』 2014年9月 記
空き祠』 2014年8月 記

| | コメント (0)

2021年1月15日 (金)

防火水槽 229 ■ 門真市ひえ島町11−617

 過日仕事前に歩いた門真南の駅周辺。神社に面した旧街道っぽい道を行きますれば未舗装の駐車場脇にそれらしきものを発見。とはいえちょっと小振り…でもかすかに残る“”の文字を見つけたところで声をかけられました。「これ防火水槽ですよねー」に「そう、戦前からのもん」とそのお方。やっぱり。
Suiso229a Suiso229b  丸型同様、小さいそれも「ちゃうかもしれん」と思う時があるんですが、今回の様に所有者の方から「防火水槽や」と聞くと安心するもんです。ただ…“水”と記された位置からすると“防火用”と左から書かれていたのではと考えられますので戦後のものやないのかなぁとも思ったり。ですが調べますれば戦前でも左から右に表記することはあったそうですから戦前モンなのでしょう。
 ヒビもほぼなく状態は良いものの今は上部にぴったりのプラ籠がはめられて…もひとつどういう余生を過ごしているのかわからん状況でした。

(於:門真市) 前の道は府道15号線。実家と茶の湯の稽古場の前の道と一緒…ヘェって感じ。

| | コメント (2)

2021年1月14日 (木)

マンションの外壁タイル剥がれまくり

 堺は美原区某所で仕事して帰路、駅まで歩こかと河内松原駅へ向かってますれば、同行者の氏が立ち止まってひと言「えらいことになってますね」。視線を上げると…わっ!。外壁のタイル剥がれまくってまっせ。
Hagare1 Hagare2  まぁ…「落下前に剥がして補修しよ」ってことやろと思いますけど、こんなに浮いてるタイルがあるとは…やっぱり驚き。こんな状態見ると「補修してもまたすぐほかのが浮いてくるんちゃうん」って素人は思うわけですが、どうなんでしょうかね。これからあんまり外壁がタイルのビルの下歩くの控えとこ…って、まぁすぐに忘れてしまうんでしょう。と言うよりそれ気にしてたら街中は歩けませんわな。けど…怖いもんでっせ。

(於:松原市) 経年劣化でこんなもんなんか。施工不良ってことは…ないよねぇ。

| | コメント (0)

2021年1月 9日 (土)

今のうちやと府外でドーナツ。帰路モルタル建屋見かけてあれこれ。

Kusamirasite15 大阪にも緊急事態宣言が再び出ると府外へは行くづらなるでと例のドーナツ屋さんへ。いつもながら美味なのは言うまでもありませんけど、何度か記事化したときより変わったのは、営業日が金・土・日になったことと、イートイン限定でチョコ味とかトロッと系の味わいのものが味わえる様になったこととかケーキがしばらくお休みとか…ま、それよりコロナ禍で基本持ち帰り中心になって店内飲食も紙皿に紙コップのセルフサービスになってるってことですかね。まぁ…しばらくはこのスタイルが続くことでしょう。ま、それでも美味さと快適さは何も変わりません。
 とまぁドーナツ話はここらにして、帰路、信号待ちでふと見た建屋が何げに懐かしいなぁと思ったので一枚撮って…そのことを。
Taiheiji1  どうしたことない木造モルタル建屋ですわ。思えば…小学生時分からありますなぁ。確か昔は食料品系の何でも屋やった様に思うも定かに覚えているわけでもありませんが、ふとした今日のタイミングで目にしてサクッとながら琴線に触れたのでした。
 モルタルの荒っぽい仕上げ、アルミサッシに変えられることなく昔の建具のまんまの窓…半世紀はスリップしますわ。どこにでもありそうな図にして探せば案外ない風情の建屋。信号待ちも悪ないもんですなぁ。

(於:奈良県上牧町、柏原市) 柏原の山手全体が昔の風情のまんま。一帯が懐かしわ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧