河内

2020年1月18日 (土)

昭和なプラ看板 195 ● トヨタ コロナ / マークⅡ

 マークもそうですけど、車名もしかりです。
Tcm2a Tcm2b Tcm2c  町の自動車修理屋さんに堂々“コロナ/マークⅡ”のプラ看板。馴染みある様な無い様なって感じ。今も正式な社章はこれの様ですがまぁ普段見かけん様になったもんです。調べますればこの社章、1936年に制定というからかなりの古さ。古くっさい感じもしますが昭和で言うと11年に考えられたと思うと、それなりにシュッとしている様にも思います。ここからトヨダは濁音抜きの“トヨタ”に変わったこと思うと、やはり大事な社章なんでしょう。
 コロナは…前の前、父親から譲り受けて乗っていたクルマですなぁ。そんな馴染みある車名もとうの昔に廃盤になっていたとはって感じ。裏面の“マークⅡ”もしかり。こっちはかつて“コロナマークⅡ”の車名やったらしいのですが、何が違うかとかはまぁもひとつ興味ありませんのでこの辺で。
 で、そうそう、マークも車名も懐かしい上に何が懐かしい感じかと言うと、カタカナ表記やということもありますね。近年はマクドナルドや出光はじめ何やすっかり英語なりローマ字表記のが幅を利かせてますのでね。もうちょっと、日本語大切にって思うんですけど…どうでしょ。

(於:八尾市) 電信柱の尋常やないナナメさがよろしいな。

| | コメント (2)

2020年1月 3日 (金)

昭和なプラ看板 13a 77a ● アサヒ靴 / アキレス靴

 お正月三が日は快晴で見事な日の出でしたねーって、拝んでませんけど。
Benkyoya  こっちのアサヒもピッカピカ。輝いていてこそアサヒってもんよ。これもまたいつものアーケードパワーですなぁ。アサヒ靴のこの看板、知らん間にさっぱり見かけん様になって久しいですが、なんやよく見てますと結構妙な怖さを感じるんですけど、私だけでしょうか。
 とまぁこっちのインパクトにすっかりおされているのがアキレス靴世界長月星足して四大上履きメーカー(?)の中、昔はいちばんマイナーやった気がしますのでそのイメージ通りかな。まぁ今では大逆転でいちばん頑張ってるんちゃいますか。
 とまぁ状態も良くて看板自体ええ感じなんですけど、ここのお店の屋号、これがまた泣かせます。“勉強屋ゴム靴店”でっせ。負けてもらうこと「勉強してんか」ってもう言わへんし、そもそも“ゴム靴”って言い方もおまへんなぁ。アーケードの照明含めてもうどっぷり“令和に昭和”。空いた天井から見える青空も呑気さを醸し出していて、湿っぽさがなくて良い感じ…って、まぁ、そうでもありませんでしたけどね。

※ふたつのプラ看板は既に取り上げたことがありますので、元の通し番号の末尾に“a”をつけてカウントしておきました。

(於:寝屋川市) 近くにトップワールド。懐かしの“トップセンター”の名残りは商店街名にも。

※関連記事:
昭和なプラ看板 133 ● セカイチヨー靴』 2016年9月 記
昭和なプラ看板 108 ● 月星シューズ』 2015年6月 記

昭和なプラ看板 76 ● アキレス靴』 2013年7月 記
『昭和なプラ看板 13 ● アサヒ靴
』 2008年9月 記

| | コメント (0)

2020年1月 2日 (木)

頭痛 歯痛 神経痛 “ほがらか” 丸小厚順堂

 せっかくの正月ですから、ほがらかにまいりましょう。
Hogaraka1 Hogaraka2 ってわけで、これ。よく見る…いや、かつてよく見たクスリの琺瑯看板ですが、いかにもありそうなところに状態よく残っていました。
 “ほがらか”…ええネーミング。ケロリンを筆頭にケロットとかヒロリン、スッキリ等擬音系が多い頭痛薬の商品名の中、何ともほっこりさせられるもんがありますわ。
 下にあるのは“丸小厚順堂”の文字。調べますれば昭和37年に富山の極東薬品(現・キョクトウ)に吸収合併とありました。てなわけでまぁ60年くらい以上前の看板ってことでしょう。
 そんな前の商品はさすがにないやろと思ってましたら、こんなページを発見。“づつほがらか”と名を変えて現存してますわ…と思いましたが、近年製造中止となってしまった様です。そのサイトにあるパッケージの何とも言えん置き薬特有の見てるだけで治る感…レトロだけでは生き残れんのでしょうなぁ。あぁ残念。

(於:富田林市) 頭痛って“づつう”で何で“ずつう”と書かんのか…

| | コメント (6)

2019年12月23日 (月)

// 高さ 3.8m // 200m先信号機あり 寝屋川南料金所下

 京阪は萱島駅で降り、寝屋川に沿って歩いて仕事の現場へ。陽が陰り始めた夕暮れに、吸い込まれそうな空洞がひとつ。
1912231615  無機的なコンクリ構造物ながら、沁み入る湿度を感じるのは…土地柄のせいなのかもと思ったり。まぁそれ以上にシチュエーションがそうさせているんでしょうけど。

(於:寝屋川市) そもそも違和感があるねんな、構想物の存在に。

| | コメント (2)

2019年12月19日 (木)

転落防止柵に一本の針金、に思ったあれこれ。

 所用で第二寝屋川沿いをクルマで走行。信号待ちで停まって右見れば…こんなのが。
Kyousei  「なんで針金?」って思いましたけど、そうか…針金を縛り上げることでこの歪みを直そうとやってみたけど直らなんだってことでしょうなあ。確かにええアイデア…ではあるなと思いつつ「そら無理でっせ」とも思いますわな。
 一応ストリートビューでもチェックと見てみますと、これ以外に近くであと2ヶ所同様の試みがなされています。そのうちのひとつを見ると、縦に一本針金が付けられています。と言うことは矯正目的で針金を使っているのではない気もしてきました。もう少し下流の柵も見てみましたがこういう補修はなし。役所も動いてくれんわと近所のお方がやってくれはったんでしょうな。あぁこれで川に転落の心配もないわ。安心あんしん。
 とかちゃかしてましたけど、そうか…この幅やと子供はすり抜けられるんかもしれませんね。いや、きっとそうですわ。本気で安全考えてやってはるんですね。なかなかできんことです。

(於:東大阪市) 記事化するまで気づかなんだ…あさはかなことで。

| | コメント (2)

2019年12月13日 (金)

トックリラン 寒空の下、新環境に生きる。

 公園に似合わん木一本。
Tokkuriran1 Tokkuriran2  寒空の下に放り出されて大丈夫かいな。つい最近までどこぞの屋内ですくすく育ってたであろうこと思うとちと心配。大きなりすぎて「ここで育って」と願う気持ちは優しい思うも…ミドリガメとかと一緒の運命やんと思うと、やっぱり複雑でんな。

(於:東大阪市) 心細いやろ思うも広々とした環境で案外気に入ってるかもしれん。

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

超過保護ちゃん横目に…

 ちょっとした林と化した高速道路はジャンクション下の一角。ネット越しに何げに見てましたけど、ちょっと変かも。
Kakusa  何がってその“添え木”の場所が違うんちゃうんって。超過保護ちゃんの横で細ちょろいながらも紅葉で人を楽しませもして…何とけなげなんでしょ。
 方や街路樹、方や勝手に生えてきた木(たぶん)…植物の世界も格差社会ってことか、とか何とか。

(於:東大阪市) 地味ながら、きれいなぁ。

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

枯木の幹、こっち見てはる。

 Instagramの方にアホげに先がけてUPしてしもた…何たる不覚。Instagramとアホげは基本別ネタと思ってはいますが、かぶることもあるということでひとつお許しを。)
 八尾の旧村にある古木、ブロック塀もその存在に配慮して建てられてますけど…あぁ、知らん間にすっかり枯れてしもてます。そう言えば昔からあるなぁと思ってましたけどこんなことに…と寂しい気分でよく見たら、わっ、こっち見てますやん。
Jinmenkareki1 Jinmenkareki2  枯れた古木の幹に顔。目元からするとお爺さんでしょうか。少し怒りつつ悲しげなその表情…堪えますなぁ。痛みつつも青々と茂っていたのを見たのは…もう幼少期のことやったのか。それ思うと何か自画像を見ている様な気分になってきましたで。そうか、もう四捨五入で…ヤメとこ。

(於:八尾市) ストリートビューにも不掲載…何ぞあるな。

| | コメント (2)

2019年12月 5日 (木)

秋の終わりと冬空と、午後3時25分。

 東大阪某所で仕事して、歩いてますれば急に雲行きが怪しいなってきました。
1912051525  晴れているのにこの暗さ。公園の木陰で雨宿り。桜の紅葉も数えるほどに。令和元年も、またしかり…

(於:東大阪市) 中央大通と中央環状線交わるあたりは…いつもこんな感じ、心の中は。

| | コメント (0)

2019年11月30日 (土)

突き刺さりそうな三日月とアンテナと、午後5時3分。

 陽が落ちてなお寒なって見上げれば、突き刺さりそうな三日月が夕焼け空で光っています。
1911291703  澄んだ空気の中で凛とした輝きを放つ…って太陽の反射光ですけれども。まぁそんなことはよろしい。明日からもう師走ですなぁ…な図。

(於:八尾市) 生駒山向けはもちろん、西北向けにもアンテナが…サンテレビが映るんや。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧