植物

2020年1月16日 (木)

本物とニセモノ、夢の競演。

 旭区某所で仕事して、天気ええから歩いて帰ったれ…の道すがら、こんなのを発見。
Kyoen  カイヅカイブキかそれに似たやつに混じって木の形したオブジェが2本。「ははぁ、枯れたヤツを作り物に置き換えはってんな」と面白がるも「…ん、これは天然と人造…すなわち自然と人間の共存ってテーマかもしれんで」。そう思うとマンマと仕掛けにはまったみたいな気になって、一気に盛り下がったのでありました。
 が、ですわ。家に帰ってストリートビューで過去にさかのぼってみますれば…あっ、やっぱり最初思った通りっぽい。この人造もんに置き換えられた2本のところに位置するヤツが枯れてますわ(2018年の状況)。
 しかしまぁよくぞこの様な手法で直しはったもんですな。思えば入れ歯とかインプラントもこんなもんですから、いたって普通な方法なんかもしれませんけど。以下正味の見解として考えられるのは、「根っこ張るだけの充分な土がないからまた枯れまっせ」ってことでこうしはったんかもしれません。これから5年後10年後も楽しみな物件です。

(於:城東区) ここ、商業施設とか店舗設計なんかの設計施工の会社…お手のもんや。

| | コメント (2)

2020年1月12日 (日)

竹やぶの中から家屋あらわる

 竹の繁殖力はいかに強いかって思い知らせれます。
Takeyabuya  先日和歌山は有田からの帰路、ふと目にした景色が気になってクルマから降りて改めて見ますと…ワッて感じ。家が竹やぶに飲み込まれつつある最中ですわ。右側の建物はもう既に建物の中まで竹が生えてる様に見受けられます。自然に還ると思えば自然な光景なのかもしれませんけど、ちょっと恐ろしいですなぁ。
 以前はどんな感じやったのかも気になるところ。いつもの様にGoogleのストリートビューで過去を見てみますれば…え?まるまる竹に覆われて建物が見えません。上から見ても全く見えず…そうか、手前が刈られてようやく世間もその存在に気づいたってことなんでしょう。
 むかし、茶の湯の姉弟子から「畳が持ち上がってきて妙やなと思ってたら床下から竹が生えてきた」という話を聞いたことがあります。それ思えばまぁ当然の結果なのかもしれませんけど…いやぁ、すごいわ、竹の生命力って。

(於:和歌山県海南市) そもそもここでどの様な生活が営まれていたんでしょうなぁ。

※関連記事:
これぞバンブーハウスや』 2008年4月 記

| | コメント (2)

2019年12月30日 (月)

奥ゆかしいツタの紅葉に京都を思う…こじつけ

 勝手に生えてきたであろうツタが、ええ塩梅で紅葉してますわ。
1912241416  しかも木の塀とブロックの隙間だけという謙虚さ…よろしいなぁ。こういう奥ゆかしさこそ「やっぱり京都やわぁ」って感じ。相国寺東隅出たところ、クリスマスイブの図。

(於:京都市上京区) クリスマスもハロウイーンに持って行かれたか地味ですな昨今。

| | コメント (0)

2019年12月29日 (日)

街灯の柱のねきから抗戦中の木、応援しよ。

 記憶が曖昧でええ加減な話ですけど、谷町筋も街路樹なくなってるんちゃいます?
Kousenchu  先の記事の通り気に入らんわと思いつつ歩道を歩きますれば、ははっ、街灯のねきから生えてまっせ、木が。
 今まで全然気づきませんでしたけどそれなりに昔から根を下ろし、伐られては伸びて伸びては伐られって状態みたいです。ええぞ!、徹底的に抗戦したれ。肥料与えてこの木に託すしかないな…って、まぁすぐに忘れてしまうんでしょうけど。

(於:中央区) 手っ取り早く肥料を与える方法は…

| | コメント (0)

2019年12月21日 (土)

せせこましい植え込みが南国風

 植え込みがせせこましい状態。見上げれば、ちょっと南国風でっせ。
Nangokufuu1 Nangokufuu2  何が南国風って…まぁツンツン植物がすくすくと育ってるってことだけなんですが。市か府か…たぶん大阪市かな、知りませんけど自治体もこんな植物で緑化しはんねんや…って先日来伐り倒してる街路樹のこと思いますと悶々とした気分になりますな。
 とか思いつつ植え込み部分見ますれば…あっ、なんかおしゃれですやん。白い玉石敷き詰めベンチもあってしゃれた自転車もさりげなく…歩道に面するお店もどことなく外国っぽいこと思うとなんでこうなってるんかなぁ。不思議とリンクしてまっせ…とか何とか。

(於:西区) さて一連の伐採計画でこういう木はどうするつもりですねん、大阪市建設局は。

| | コメント (0)

2019年12月20日 (金)

朱と緑

 ちと一ヶ月ほど前に撮ったのを忘れておりました。
Shutomidori1 Shutomidori2  都心の紅葉も綺麗なもんですわ。まぁそれを引き立てているツル性植物の緑々しいこと…ってそういうのは青々しいって言うんでしょうけど。
 どっちが引き立て役って言うよりどっちもきれいなぁって感じ。たまたまこういうツルが生えてきたのかお店の方がこれを狙って植えはったのか…調べますれここ評判の紅茶専門店の様で妙に納得。いやまぁ…色あいだけのはなしですけど。

(於:中央区) 時季はずれは…やっぱりもひとつ。

| | コメント (0)

2019年12月18日 (水)

高速脇の府道の植え込み、妙な調和。

 これはこれできれいな様に思えてきましたで。
1912180936  泉北高速は深井駅で降りて行った仕事の現場は阪和自動車道の近く。並走する府道の植え込みはこんな感じ。一応緑化されてますけど勝手に生えてるであろうツタ性の植物は…葛かなぁ、あんまり美しくない気がしてましたけどほんのり紅葉しいてなかなかよろしいなぁ、ちょっと人間に抵抗してる様にも見えて…とか何とか。
 しかしながらビニール袋が景色のアクセントになってるってのはいただけません。ここには写っていませんけど、炊飯ジャーとか家電製品までほかしてありましたわ。遮断目的の植え込みを逆手にとって…結局やな感じが残ったのでした。

(於:堺市中区) お子様いっぱいの現場…かわいいなぁ。

| | コメント (2)

2019年12月17日 (火)

ひこばえの紅葉にあれこれ

 暦の上では“冬”と言っても晩秋ですわなぁ。
Hikobaekoyo  朝、所用のあと散歩がてら歩いてますと広小路公園に秋景色がありました。地面から枝がピュピュっと顔を出してるその葉のなんときれいなことか。一部に緑を残しつつも紅葉してる…よろしいなぁ。地面の雑草のみどりもまたぴりりと効いてますわ。葉の形状からすると、サクラかいなと思うもドングリかもしれんなぁとも。
 よく見ればこれらは切り株や表面化した根っこから生えてます。ひこばえですね。“ひこばえ”というコトバは何年か前にここのコメント欄にて教えてもらいました。そや、戦後派さんの書き込みでしたなぁ。とある揉め事でアホげから身を引きはったのが悔やまれますけど…元気にしてはるのかなぁ。数年前のあの頃が拙ブログのピークやったと思うと…アホげも晩秋、ですわ。ま、そのうち春が来るわい…とか何とか。

(於:中央区) ”ってな漢字があるとは知りませんでした。

| | コメント (2)

2019年12月13日 (金)

トックリラン 寒空の下、新環境に生きる。

 公園に似合わん木一本。
Tokkuriran1 Tokkuriran2  寒空の下に放り出されて大丈夫かいな。つい最近までどこぞの屋内ですくすく育ってたであろうこと思うとちと心配。大きなりすぎて「ここで育って」と願う気持ちは優しい思うも…ミドリガメとかと一緒の運命やんと思うと、やっぱり複雑でんな。

(於:東大阪市) 心細いやろ思うも広々とした環境で案外気に入ってるかもしれん。

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

超過保護ちゃん横目に…

 ちょっとした林と化した高速道路はジャンクション下の一角。ネット越しに何げに見てましたけど、ちょっと変かも。
Kakusa  何がってその“添え木”の場所が違うんちゃうんって。超過保護ちゃんの横で細ちょろいながらも紅葉で人を楽しませもして…何とけなげなんでしょ。
 方や街路樹、方や勝手に生えてきた木(たぶん)…植物の世界も格差社会ってことか、とか何とか。

(於:東大阪市) 地味ながら、きれいなぁ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧