植物

2021年4月22日 (木)

庇の瓦屋根から笹が生えてる

 元店舗らしき木造家屋。植え込みに笹を配して和風な趣きがより際立っていい感じやわと見上げます、庇の上にも笹が。
Hisasinosasa1 Hisasinosasa2  これは「下の笹が建物の内部を通って庇の奥から顔を出してるんやわ」とその繁殖力に驚いた次第ですが、帰ってよく写真を見ますれば、上と下の笹薮が繋がっていない様子。どうやら瓦の下の土に根を下ろして生長している様です。
 いったいいつの頃からこんなところで青々と茂ってるやろかとストリートビューで見ましたところ、2009年にはもう堂々、立派な笹薮。しかも下の地面のところには笹薮がありません。ということは…庇の笹が下へも勢力を広げたということかもしれません。かなり意外な感じがします。
 しかしまぁこんなところに根をはられて、建物はよくまぁ持ちこたえているもんですなぁ。

(於:阿倍野区) ま、ここもそのうちえらいことになるやろなぁ。

※関連記事:
瓦屋根から南天青々と』 2016年5月 記
屋根の上から木が生えとる』 2009年5月 記

| | コメント (0)

2021年4月19日 (月)

青空に新緑で青々

 二日続きのも雨上がり、今日は朝から日本晴。東西南北どこ見てもいろいろ新緑の眩いこと。ちょっと前まで赤茶けていたツタも当然勢いよく茂ってシュロは幹まで緑々状態。
2104191211  涼しげなのか暑苦しいのか…ま、まだ前者かな。しかしまぁ…やっぱりシュロってヤツは何ともマヌケな味わいがあってよろしいな。あ。もちろん褒めてるつもり。難波宮の昼下がりの図。

(於:中央区) 難波宮南側の金網越しの植物、改めて見ると結構味わいがあるで。

※関連記事:
The 緑化』 2020年7月 記
シュロ、うまいこと別の植物を纏うてる。』 2012年12月 記
シュロ、ツタを着てる。』 2012年5月 記

| | コメント (0)

2021年4月18日 (日)

草むらにオリヅルラン、で、諸々。

 開かんシャッターからこっち見てはる吉村はんとその一味。草むらには一筋の光明。
Oritsururan  新幹線の高架下の湿った一角にオリヅルランがワイルドに増殖中。何とも令和3年春っぽい光景。
 以下余談ですけど、以前うちに前住居者が置いていったオリヅルランが植わっていてそれを見た某が「オリヅルランは“りてくる”って言う意味やねん」と説明され、その形状に納得してそうなんやと思ってましたけど…折鶴蘭が正解やったんですね。ずっと騙されてたやん。って聞いとヤツは本気でそう思っていて説明してくれたんでしょうけども。はぁ。

(於:摂津市) “縁”というのは不思議なもんで「ちゃうな」と思うと疎遠になる…ヤツもしかり。

| | コメント (0)

2021年4月 7日 (水)

植え込み勝手に 06 ◎ 中央区玉造1-23−16

 所用で朝はやく玉造界隈へ。見上げれば日本晴、足元見ればそこは花園。今年の春は早いですなぁ。
Katte6a Katte6b 街路樹のネキにも、春。小さな土の部分、ところ狭しと並ぶ植物が花つけてまさに春爛漫。よく見ると街路樹と勢力争いに負けたであろう枯れかけの根っこからも新緑が芽吹いてますわ。この負け根っこ、以前より気にはなっていたのですけど、まさかまだ命あきらめずにいたとは…ちょっと驚き。これも草花の生命力に触発されているのかもしれませんなぁ。もちろん見ている自分も前向きな気分になるってもんです…まぁ、何となくですけど。
 公道に迷惑なほどせり出した“民間緑化”はちょっとどうなんって思うところありますけど、こういうのはええなぁと。ま、節度あってまとまり良いからそうおもうんでしょうけどもね。
 “植え込み勝手に”ってのをシリーズ化しよと少し記事にしていたのは…ええ、もう5年も前のことですか。この調子やと次の記事も5年後かなぁ…って、やってるんかな5年後アホげ。

(於:中央区) 右下に小石並べてあるのがまたかわいい♡。

※“植え込み勝手に”過去記事:
植え込み勝手に 05 ◎ 兵庫県明石市樽屋町10-4』 2016年9月 記
植え込み勝手に 04 ◎ 中央区上町C-7』 2016年8月 記
植え込み勝手に 03 ◎ 中央区玉造2−22−18』 2016年7月 記
植え込み勝手に 02 ◎ 神戸市中央区下山手通8−7−23』 2015年1月 記
植え込み勝手に 01 ◎ 東住吉区東田辺3-26−37』 2014年12月 記

| | コメント (0)

2021年4月 5日 (月)

切り株にノゲシ宿る

 川沿いの道で渋滞。ふと目に入った切り株が、こんな感じ。
Nogeshi  切り株に草が宿っています。よく見かけるこれは…なんでしょ?。ネットで調べる限り“ノゲシ”で正解やないかと思いますが。
 まぁ…時折見かける図ながら、その都度「こうやって土に還っていくんやなぁ」とちょっとしみじみした気分になります。
 以下余談ですが、この川のもう少し下流がさくらの名所で、ここら辺も名所にしよとばかり次々とさくら以外の木が切り倒してはソメイヨシノに植え替えられています。ナンダカナー…とっても気分悪いんですけど。そんな人間都合でできた切り株やと思うと何とも切なくて。上町筋の街路樹皆殺し同様、なんかおかしなことしはりまんなぁ。いろんな木があって気に入っていたのに…あかんわ。

(於:八尾市) 昔このあたりにアヒル小屋があったなぁ…

※“切り株に木”の関連記事:
“切り株から新しい木生えてる”の木、桐やった。』 2017年7月 記
切り株から新しい木生えてる』 2015年2月 記
木の電柱、てっぺんに木。』 2014年7月 記
切り株に、やどり草。』 2015年2月 記
切り株に、やどり草。2』 2015年11月 記

| | コメント (0)

2021年3月23日 (火)

妙に味ある中本三丁目3-23

Ajiki1 Ajiki2  勝手に生えてきた木と思われるも、妙におさまりがよろしいかと。 
 木造モルタルの建屋にドラム缶、うなだれ葉っぱの観葉植物…それぞれと響き合ってますなぁ。必然性があってここに根を下ろしたにちがいありませんで…って、ここにお住まいの方の趣味の良さが、この空間を生み出したのでしょう。いいわぁ。

(於:東成区) 寒い季節の薄暮に合ってるってのもあるなぁ。

| | コメント (0)

2021年3月21日 (日)

路上の雑木林

 道端とは言え、ここは路上。
Jungle1 Jungle2 見ての通りの茂り様。ヤツデにゴム、ユッカに南天と何でもありの雑木林。調べますれば“木材用でも鑑賞用でもない広葉落葉樹が茂る林”をそう呼ぶそうですからまぁ雑木林とは言えんのですけど…これ、鑑賞してるかねぇ道行く人々は。
 まぁ植木鉢なりプランターだけの展開のはそこここで見かける光景の様に思うもここまで本格的なんはちょっとレアかも。“緑化”と捉えれば地域貢献…ですな。

(於:生野区) 葉や枯葉で見えんだけで、ここもみな鉢植えやわ…何となく残念。

| | コメント (0)

2021年3月19日 (金)

赤い花緑の葉、青い開かずの錆シャッター。

 もう純粋に配色が出来過ぎって感じ。
Iroiroiro  シャッターの劣化具合に合わせて狙って栽培してはるんちゃうかと思われますなぁ。ただただええなぁと素直に正面から一枚。赤の点々がこれまたええ仕事してるわぁと調べますればこれは“ウキツリボク”って名のブラジル原産種とか。何語かわからんその響き、漢字に直せば“浮釣木”…まぁ、何となくわかるかな。ちゃんと和名付けてもろてからに…って思うとなおのこと「“ソーシャルディスタンス”って何でっか?」って言いとなりますで。

(於:阿倍野区) このご時世でもランチで行列できてる店もあるねんなぁ…

| | コメント (0)

2021年3月15日 (月)

藪庭

 柵があって向こうに瓦屋根あって…
Yabu  “藪”に見えるも…これは“庭”か。

(於:松原市) 空き家でもなさそうやったやなぁ。

| | コメント (0)

2021年3月 8日 (月)

町なかで堂々の巨大植木鉢は浴槽

 遠目に“防火水槽”、近寄りますとそれは“浴槽”。
Bathtub1 Bathtub2 田畑の隅で水瓶として余生を過ごす浴槽は時々見かけますけど…ここは町の一角。ツンツン植物に南天、ヒイラギなんかが浴槽からすくすく生長しています。まぁ…街の緑化と言えば聞こえはよろしいですけど4つも並ぶと…威圧感がありますなぁ。漬物用のバケツみたいなプラ鉢を従えて…これはあんまり関わらん方が良さげな一団って感じで植物の緑に癒される…とはほど遠い感じ、かな。
 クルマの出入口挟んで左側にも“子分”がいてふたつの浴槽がドヤッと鎮座。ま、あんまりガン見せん方が良かろとササッと引き上げましたけど、先程ストリートビューでここを見て…がっかり。4つの浴槽のさらに右側に“防火水槽”らしきものがあるやないですか。ビビってそそくさとここを後にしたことが悔やまれます。あぁ…残念やわ。

(於:住吉区) なんぼ根っこだらけになっても絶対割れん…最強の植木鉢でっせ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧