思ったこと

2020年7月28日 (火)

経年変化と生長と…で、雑感。

 仕事まで少し時間あるわと城北運河のネキを歩きますればこんな光景が。
Nts  「またも桐…」と思いましたけど、これはアオギリですかね。建屋と壁の少しの隙間からスーッと生長して勢いを感じますわ。幹まで緑色ってのがその若々しさを思わせるんでしょう。調べますれば幹でも光合成をしているとか。だてに緑やないんですね。
 ま、そんな事より背景の工場っぽい建屋のナミイタが錆びていて何ともアオギリの生長の引き立て役になっているところがよろしいなぁ。築50年ぐらいでしょうか。
 歳を重ねたら、若い衆を引き立て盛り上げていかなあかんってことやということやんなぁ…とちょっと関係ありそうでなさそうなこと考えたり。ま、いずれにしても老害にはならん様に心がけていかなあかんですな…って、ちとはやすぎかもしれませんけど、よろしくない意味で煙たがられん様にしとことは思てます。

(於:旭区) ガラス窓に貼られた“SECOM”がピリッと山椒的。

| | コメント (2)

2020年7月25日 (土)

雨の中キダチチョウセンアサガオうなだれる…で、雑感。

 雨の中うなだれる…新コロ蔓延(?)もあって見てるこっちもこんな感じ。
Kca5
 以前も記事にしましたけど、この花は…ちと苦手。前のは時期遅かったからか花が少しでしたけどこれはもう何と申しましょうか「…」って感じ。
 で、そうそうこのエンジェルトランペットなる名を持つキダチチョウセンアサガオって人を死に至らせるほどの毒性を持ってるんでしたけど…大丈夫でしょうか。と言うのはここは保育園の一角なんですけど。
 よく見ると伐られた跡が。ストリートビューで2015年の図を見るとばっさり伐られています。それでも翌2016年には葉っぱまみれに復活してます。保育園としても難儀してはるんでしょうなぁ。
 で、その毒性は“視力の低下や幻覚など引き起こす”とか。その毒性を利用してかつては麻酔薬にもなっていたとか(詳しくはGardenStoryさんの“エンジェルストランペットの鳴らす危険な調べ”へ)。
 それ改めて意識して見るととなおのこと毒々しいです。伐っても伐っても出てくる生命力もこれまた怖いなぁ…ってのは個人の感想。窓枠やパイプの色合いとちゃんと調和してはること思えば「怒らさんかったらええ人」みたいな存在かもしれません。

(於:住吉区) 保育園だけに、ドアが低くてええ感じ。

※関連記事:
“キダチチョウセンアサガオ”って言うんか』 2015年11月 記

| | コメント (0)

2020年7月23日 (木)

首相の顔、“地方こそ、成長の主役。”で消される。

 今日から“Go To”ってよ。
Jiminto1 Jiminto2 思うこといっぱいありますねんけどあんまりアホげでは正味のことは記さんとこと心がけております。けど…何でっか、東京、そして大阪もえらい逆戻りして。あのな…やめとこ。
 悶々も悶々。で、この写真に写るポスターは痛快な様な虚しい様な…やっぱり空っぽか。某政党の党員にもやっぱり悶々なお方がいてはるってことかな。やとしたら少しは心に日が差すってもんですけど…わかりませんわ。ちなみに“地方こそ、成長の主役。”の政策は石破氏の…もうえぇ。

(於:八尾市) しかしまぁよくもここまで国民感情を逆なで…(以下自粛)

| | コメント (3)

2020年7月14日 (火)

黄金に輝く生駒山地、午後6時50分。

 雨が上がって晴れるも雲が残って何やかっこええ黄昏時でしたなぁ。
2007141850  八尾はこんな感じ。まわり暗くも先の生駒山麓には夕陽当たってかっこよろしいなぁ。半世紀以上見続ける生駒の山並みがこんな風に見えるのは稀なことの様に思いますけど、ただ毎日見てないだけのことの様にも思います。山の向こうはすっかり暗いことでしょう。大阪と奈良、隣り合わせで違うんやなぁと改めて。

(於:八尾市) 何本か写ると電柱の垂直ってどれが正解か判らんもんや。

| | コメント (2)

2020年7月13日 (月)

令和2年の自動販売機

 住吉区某所で仕事の前に雨の中散歩しますれば、こんな自販機が目に入りました。
Omamori1  右脇に“除菌グッズあります”のノボリ、左の看板に“工場販売”の文字…あぁいかにも令和2年な光景です。“除”というコトバにやや「ん?」と思いつつまぁ新コロ対策を想う人々に向けての自販機なんでしょう。
 近寄りサクッと中を覗けばこんな感じ。
Omamori2  “マスクのお守り”に“手指のお守り”と名付けられた液体とスプレーがセットされています。他にも大ボトルの物も入ってました。そうか…24時間356日これで安心…か。しかしまぁどうなっていくのか…一日も早く収束します様にと思うも悶々。

(於:住吉区) お守り”なんや…

| | コメント (2)

2020年7月11日 (土)

煮え切らん天気の町角

 雨残るもくもり、時折太陽まで顔を出す…梅雨らしい煮え切らん天気。
Shimokida12  まさにこんな感じ…ってこれは今日ではなく先月26日の図ですけど何か気分的に今日やなぁと思いまして。
 ざぁざぁ雨にギラギラ太陽糧にヒト空間を侵食するヤツ、管理され続け付けた種を全部取られるヤツ…用水路一本隔てて真逆な世界がそこにある、なんていちいち思ってなかったんですけど。

(於:寝屋川市) ドーナツ化現象てな言葉も懐かしな。

| | コメント (4)

2020年7月10日 (金)

高野口の梅雨景色、午前10時8分。

 もう県外に出てもええと言うことで恒例の桃買いで和歌山県へ。その前にいつもの味醂も買おと橋本経由で山越え。
2007101008  京奈和自動車道から眺める梅雨ならではの景色がどこも雄大で…でも運転しながらホイホイ撮るわけにもいかずでこれ一枚。ま、それなりにその時感じたままに写ってるかな。いやぁしかし仕事以外で出かける府外は…3ヶ月ぶりくらいかな。ええもんやなぁと思いつつ新コロ第二波到来が現実に起こりつつあること思うとやっぱりおとなしいしとかんとあかんかなぁ。某茶の湯仲間が言うてました「また緊急事態宣言出る前に呑みに行っとかなあきませんで」と。仕事先の人からも昨日呑みの誘いがあったけど…気持ちはわかるわぁ。

(於:和歌山県橋本市) 初桜の味醂→あら川の桃タマヤのパン→雨風の味噌…買い出し充実の一日。

| | コメント (2)

2020年7月 8日 (水)

雨上がりの朝、用水路にコサギ一羽。

 昨夜は大阪も激雨で家は雨漏り…普通の降雨量ではそんなことならなんだこと思うと、やっぱり近年の大雨は尋常ではないんやないですかね。
 幸いにして目が覚めたら雨も上がって西の方には青空も。ホッとするもテレビつけたら九州に信州などでえらいことになって…
2007080815  出かけて途中、いつもの元ドブ川の用水路を見ますと小橋の下にコサギが一羽。朝からエサ探しの様子。今までにも何度か記した様にその昔は黒い泥の上にヌメッとした緑の藻やら赤い糸ミミズやらの沼みたいな状態で底からはメタンガスが湧いていたこと思うとえらい変わり様。糞害の問題あるもやっぱりこの方がええなと感じつつ、ドブ川時代のニオイがふと頭をよぎったのでした。それは悪臭ながら懐かしの香りとなって…否々、ニオイのままでんな。

(於:八尾市) もっと前にはドジョウがうじゃうじゃやったとか。

| | コメント (2)

2020年7月 7日 (火)

7月言うたら七夕ですけども今年は…

 新コロのせいか、今日が七夕って実感おまへんわ。
 できるだけ公共交通機関には乗らん日々やからでしょうか、街角で笹も短冊も見かけん気がして。ホンマはこういう時こそ星に願いをせんとアカンってもんでしょうけども。
2007  ま、質素に七夕やっときましょか。お子作のカレンダーにも…あるある笹に短冊。あっ、星もありまっせ。やっつけとるなぁ…でもええわぁやっぱり最高や。
 さ、心の中で何としたためましょか。たった4枚しかありませんで。ひとつは新コロ、もひとつは激雨災害が最小限に…ほか細かく思うといっぱいあるもんですけど欲ボケでは逆効果ってもんか。ひっそりあれこれ祈っときまっさ。
 謎花に朝顔…セミも鳴きはじめて夏近し。とは言え夏を満喫ってな日々になるんかいねぇ。

  補正したけど表の線の直角出てへんねんなぁ。でもええねんそんなん気にせんくらいで。

| | コメント (2)

2020年7月 3日 (金)

初夏に秋な図

 物理的な仕事範囲も元通りに徐々に広がって今日は神戸は兵庫区へ。兵庫駅あたりをちょっとうろつきますれはそこにこんな光景が。
2007030930  錆びたナミイタに塞がれた窓を覆う枯れたツタ。とても馴染む図ながら何か変…ってそうや、ツタの葉が青ないからです。
 雨も手伝って何や寂しい光景ですけど嫌いやないんですなぁ…って好きでもないんですけど。ただただ写真うつりがええからやってだけかもしれません…あ、なんたら映えってやつね、結局のところ。

(於:神戸市兵庫区) 第二波は東京だけの問題やないと思うで。我が含め世間がかなり弛緩してる。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧