思ったこと

2021年4月30日 (金)

大阪城公園の草むら、午後5時22分。

 久々に…十年ぶりくらいかな、写真を撮りに出かけました。
2104301722  家籠りに疲れたとか座骨神経痛が超ひどなって歩いてた方がラクやという理由もあるも、はよ導入せんとマズいでっていう強迫観念があって買ったミラーレス機を使ってみたなって行った次第。以前にも記したことあるかもしれませんが仕事柄使うもカメラにまぁ興味なくて“ちゃんとしたもんやったら何でもええわ”なんですが、今回のカメラに50mmの単レンズを付けたそのフォルムが妙にカッコよくて…この感覚は何十年ぶりかなぁ。
 で、ですわ。使い勝手も画質もすごい。カメラ屋の心意気というか意地を感じます。それはそうと…現状のパソコンでRAWデータの取り込みができませんやん。え…ってことはパソコンも買い換えかいな。物入りやけど…どうしよ。ソフトも買い換えやと思うと、滅入りまんな。

(於:中央区) 50mm単レンズだけ…新鮮やったわぁ。

| | コメント (0)

2021年4月20日 (火)

午後6時54分の難波宮

 今日も所用で難波宮の横を歩くことに。都心の原っぱはいつ見ても心地よい景色。
2104201854  とくに薄暮の頃は大阪の街の空気感が喧騒と共に深く立体的に感じられてこころに響きます(個人の感想です)。金網の隙間から数枚撮るもちゃんと撮れたのは一枚だけ。残念というか良かったと言うか。数週間後に入手するカメラはどうやらそんな失敗とは無縁の性能とか。恐ろしく日進月歩。そらぁスマホのそれ思うと当然ですか。いやぁしかし…大変な世の中ですなぁ、色々と。

(於:中央区) “密”とは無縁のこの空間…ってそや、“三密”って早くも死語か?耳にせんけど。

| | コメント (0)

2021年4月18日 (日)

草むらにオリヅルラン、で、諸々。

 開かんシャッターからこっち見てはる吉村はんとその一味。草むらには一筋の光明。
Oritsururan  新幹線の高架下の湿った一角にオリヅルランがワイルドに増殖中。何とも令和3年春っぽい光景。
 以下余談ですけど、以前うちに前住居者が置いていったオリヅルランが植わっていてそれを見た某が「オリヅルランは“りてくる”って言う意味やねん」と説明され、その形状に納得してそうなんやと思ってましたけど…折鶴蘭が正解やったんですね。ずっと騙されてたやん。って聞いとヤツは本気でそう思っていて説明してくれたんでしょうけども。はぁ。

(於:摂津市) “縁”というのは不思議なもんで「ちゃうな」と思うと疎遠になる…ヤツもしかり。

| | コメント (0)

2021年4月13日 (火)

耐震補強

 東海道線は岸辺駅で落ち合って現場へという段取りの仕事。疫病蔓延を思えばうめだ界隈は避けたいわと阪急は正雀駅から徒歩で。道すがらふと目に入った建屋がこんな状態でした。
Taishinhokyo1 Taishinhokyo2  危機意識の高さのあらわれ、ちゃんと耐震補強してはります。しかも“見える化”で施工されていて安心あんしん…って。

(於:吹田市) でもやっぱりこれは“耐震補強”やなぁ、うん。

| | コメント (0)

2021年4月12日 (月)

昭和なプラ看板 225 ● フジパン

 まだまだ見かける看板ながら表と裏、劣化速度の違いが見事やなぁ思いまして。
Fujipan1 Fujipan2  名古屋発祥の全国ブランド、フジパン…業界三位のパン会社とのことながらもひとつ我がの人生の中でフジパンを食したなぁって覚えがなくて。まぁマクドナルドのバンズがフジパン製らしいですから勿論食べてはいるのですが。
 その昔、福井あたりに行きますと同じ様に赤地に白文字ですがロゴの違う“フジパン”の看板を見たもんですが、こっちは同じブランドながら福井の地パン“フジパン工業”のものでした。調べますれば2000年にフジパン提携会社のタカラ食品の吸収されその後、いわゆる“フジパン”の製造をしていたみたいです。共に同じブランド…フジパンにしたらフジパン工業の存在は悩ましいことやったかもしれませんね。
 で、いちいちの説明は不要かと思いますが劣化しまくりのが南向き。太陽光はこないにキツイもんなんやなぁと思うと、ベタついて気色悪いUVカットのローションも塗った方がええってことですなぁ。

(於:松原市) 昔、“黒んぼ大会”ってあったけど…ねぇ。

| | コメント (0)

2021年4月10日 (土)

公道上の祠

 楠木大神を思うとこんなの可愛いもんやわなぁ。と思うも…
Hokora2 Hokora1  公道の祠は…ええねんやと。そらまぁ道も守ってくれてはるやろう訳ですから、これでええんです。はい。

(於:住吉区) いちいちあれこれ思うことの方が不健全なんやもしれまへんで。

| | コメント (0)

2021年4月 9日 (金)

柏村町三丁目、午後6時49分。

 コンビニ裏にも夜が訪れ…当たり前。
2104091849  所用で行った八尾市東部。夕焼けを愛でつつ入った某店舗から外へ出ますとすっかり薄暮。午後7時前という時間を思いますれば陽が長くなったもんです。鉄塔の向こうにかすかに残る夕焼け空。絵に描いたような暗い雲とコンビニ裏の駐車場。何げに沁みる八尾の夕暮れ。高校生の頃とあんまり変わらんなぁ…って、景色がですが、むしろ心の中が…ですわ。

(於:八尾市) 今日的なコンビニできてもマンマかな。

| | コメント (0)

2021年4月 2日 (金)

昭和なプラ看板 224 ● SUNTORY CHAIN OSAKA

 近鉄は河内松原駅近くにこんな看板が残されていました。
Suntory_chain1 Suntory_chain2  ストリートビューで見る限りかなり前に廃業された風情のそのお店、サントリーチェーンを謳うと言うことはバーだったんでしょうか…って言うのは昭和の話。きょうびでしたら「健康食品の店やったんちゃいます?」と言いともなりますなぁ。あと、お茶とか水とか…まぁよろしいわ。
 とは言えこのいかにも往時のサントリーのウイスキーなマークですから…ね。調べましたけど、もひとつこのサントリーチェーンはわかりませんでした。トリスバーは聞くも…ってあぁ、そや、その昔、阪急東通商店街あたりやったか、サントリーもんしか置いてないバーに連れに連れて行ってもらったことあっなぁ…そや、ヤスハルと一緒やったんや。店内にはアンクルトリスの置物なんかもあったけどあの店、まだあるんやろか…と言うことよりヤスハルが気になってきましたがな。急におらん様になってもう…四半世紀。飲み歩いてたあの頃が新コロ蔓延の日々には余計に懐かしいて。

(於:松原市) 阪急東通商店街奥の正宗屋もヤツに教えてもろてよく行ってたけど知らん間になくなったなぁ。

| | コメント (2)

2021年4月 1日 (木)

新年度の始まりはちょっとした新生活の始まり

 今日から“新年”であって、“新年”ではないな。
202104  ますますやっつけ感増しマシ4月の挿絵(?)は、これ。ヒトデっぽい桜花に何なに? ビビッドな緑色で記されたコトバは“今年もゲンキにネ!!”って…ね。まぁ、ゲンキに行くよ、うん。
 で、“オメデト”のこの絵はなんでしょう? イチゴはわかるも…うむ、ちと不明。オメデトと言うと新入学なイメージなのでこれは校舎。そこに“オメデト”の扁額、てっぺんちょにイチゴ…えぇえぇ、これでええよ今月も。
 年度変わって…もうしばらくしたら、ちょっとした新生活の始まり。10年経ってようやくここまできたか。さっ、うまく行くんか…いやいやうまく行くに決まってるってな覚悟を持ってやっていきまっせ。てまぁ決意表明するほどのことでもないかと思いつつ…いや、しっかり生きて行かんとあかんなと改めて思うわけです。ま、なかなか初心ってのは知らん間に忘れてしまうもんではあるんですけども、はい。

  アホげは変わらんよ…きっと。

| | コメント (2)

2021年3月31日 (水)

北江口三丁目児童公園の春

 摂津市某所で仕事。地下鉄は井高野駅から地上に上がりますれば晴天の下、どこを向いても春の空気感が満ちています。
2103311254  妙に静かな春の日の昼下がり。団地脇の公園も春爛漫。人影まばらなこの状況は昨春と変わらんなぁ…って、その理由が疫病蔓延にあるのかどうかはわかりませんけど。
 何気ない日常の春景色…“名所”もええんですけど、こういう景色の方が…好きかも、肩凝らんでね。

(於:東淀川区) 今日久々に理不尽な物言いされてカチンときたけど、いかに日頃ストレスと無縁の日々を送っているのかを知って…妙に我が日々は恵まれてるんやなと思い知った次第。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧