思ったこと

2020年1月17日 (金)

西陽に輝く扇港湯のネオン管と、

 四半世紀は…つい最近の様でやっぱりふた昔前。
Senkoyu1 Senkoyu2  過日訪れた新長田界隈。下町な風情でええ街並みやなと思いつつ行きますれば風呂屋さんの軒先にネオン管。日が暮れて点灯するとまた違った風情を見せるのでしょうが西陽に照らされる図も充分味わい深いなぁと二枚三枚。しばらく歩くと“三ツ星ベルトの広告塔”。「あっ、そうかここあたりは…」とそこではじめて気づく次第。その広告塔も今春解体されるとか。
 このお風呂屋さんは地震後の火災からなんとか逃れ、三週間後には再開したとか。おおいにみなさんに貢献しはったんやろなぁ…なんて想像したのが今日。神戸は近くて遠いのか…否々、我の意識の低さでしょ。もう…まだ?25年、か。

(於:神戸市長田区) 合掌。

| | コメント (0)

2020年1月10日 (金)

鈴蘭台南町3丁目、午前9時7分。

 鈴蘭台は…えらい起伏の多い街でんなぁ。
2001100907  昔から何度も耳にはするものの、どこにあるんかとか知らずだった鈴蘭台が今日の仕事の現場。神戸電鉄は鈴蘭台駅からえらい坂登って目的地まで歩いて時間あるしとそこをやり過ごしますれば今度はえらい下り坂。ええ街並みながら、老後には住めんかも…とか思いながら路地を抜け先に進んでちょっと空気が変わった気がして一枚。何がどうってことはないものの、何かいいなぁこういう景色。あ、ちなみにここ鈴蘭台は、全国で最初に“◯◯台”の名がついた住宅地やと先方で聞きました。すごいな、日本初の“台”やて。

(於:神戸市北区) 頭髪部だけの衆議院ふな氏、ええ仕事してくれてはる。

| | コメント (2)

2020年1月 1日 (水)

初春のお喜びを申し上げます 令和二年 元旦

 令和最初のお正月…そや、流行語大賞で昨年きっと“平成最後の”ってのが一等賞って思ってましたけど見る影もなし…何なん。
2020
 まぁそんなことはどうでもよろしいか。今年もまぁ世間的にはええ年になることないんちゃうかと思たりして…って我がの心が風邪ひいとるなぁと感じつつの令和二年の幕開け。マイナーながら十有余年のアホげ、見るだけもよし読むだけもよしついでに絡むもよしってことでよろしくお願い致します。

(於:和歌山県白浜町) 今年も356回の記せます様に。(間違いやっちゅうねん)

| | コメント (2)

2019年12月31日 (火)

平成31年→令和元年、今年もお世話になりました。

 清酒『金鼓』の大倉本家様より日めくりが届き、フラワーアレンジメントのお嬢センセにお花を頂いて…あぁここ数年の定番の年の瀬。
191231a 191231b  今年の年末もいつもと同じスタイル…この“いつもの”の有り難いこと。ずっととは限らん切なさをうっすら感じるとなおのこと有り難いなぁって思うもんです。
 平成から令和に変わった歴史的なこの一年は、何かえげつないこといっぱいあってめでたさがどっかに飛んでしもて…って思ってましたら何ですか…もと日産社長が国外逃亡でっか。これが今年最後の重大ニュース。さぁ明日からのオリンピックイヤーはどうなることやら。
 とまぁ世間のこと記しましたけどアホげはアホげ。変わらんうだうだ続けられるかな。続けることができたらこれまたほんま有り難いことで。今年一年も365記事を書けたこと、読んで頂けたことに感謝しつつ、来たる令和2年もよろしくお願い致します。

飽かずにやってるってのもどうかと思うけどな。

| | コメント (0)

2019年12月29日 (日)

街灯の柱のねきから抗戦中の木、応援しよ。

 記憶が曖昧でええ加減な話ですけど、谷町筋も街路樹なくなってるんちゃいます?
Kousenchu  先の記事の通り気に入らんわと思いつつ歩道を歩きますれば、ははっ、街灯のねきから生えてまっせ、木が。
 今まで全然気づきませんでしたけどそれなりに昔から根を下ろし、伐られては伸びて伸びては伐られって状態みたいです。ええぞ!、徹底的に抗戦したれ。肥料与えてこの木に託すしかないな…って、まぁすぐに忘れてしまうんでしょうけど。

(於:中央区) 手っ取り早く肥料を与える方法は…

| | コメント (0)

2019年12月19日 (木)

転落防止柵に一本の針金、に思ったあれこれ。

 所用で第二寝屋川沿いをクルマで走行。信号待ちで停まって右見れば…こんなのが。
Kyousei  「なんで針金?」って思いましたけど、そうか…針金を縛り上げることでこの歪みを直そうとやってみたけど直らなんだってことでしょうなあ。確かにええアイデア…ではあるなと思いつつ「そら無理でっせ」とも思いますわな。
 一応ストリートビューでもチェックと見てみますと、これ以外に近くであと2ヶ所同様の試みがなされています。そのうちのひとつを見ると、縦に一本針金が付けられています。と言うことは矯正目的で針金を使っているのではない気もしてきました。もう少し下流の柵も見てみましたがこういう補修はなし。役所も動いてくれんわと近所のお方がやってくれはったんでしょうな。あぁこれで川に転落の心配もないわ。安心あんしん。
 とかちゃかしてましたけど、そうか…この幅やと子供はすり抜けられるんかもしれませんね。いや、きっとそうですわ。本気で安全考えてやってはるんですね。なかなかできんことです。

(於:東大阪市) 記事化するまで気づかなんだ…あさはかなことで。

| | コメント (2)

2019年12月18日 (水)

高速脇の府道の植え込み、妙な調和。

 これはこれできれいな様に思えてきましたで。
1912180936  泉北高速は深井駅で降りて行った仕事の現場は阪和自動車道の近く。並走する府道の植え込みはこんな感じ。一応緑化されてますけど勝手に生えてるであろうツタ性の植物は…葛かなぁ、あんまり美しくない気がしてましたけどほんのり紅葉しいてなかなかよろしいなぁ、ちょっと人間に抵抗してる様にも見えて…とか何とか。
 しかしながらビニール袋が景色のアクセントになってるってのはいただけません。ここには写っていませんけど、炊飯ジャーとか家電製品までほかしてありましたわ。遮断目的の植え込みを逆手にとって…結局やな感じが残ったのでした。

(於:堺市中区) お子様いっぱいの現場…かわいいなぁ。

| | コメント (2)

2019年12月17日 (火)

ひこばえの紅葉にあれこれ

 暦の上では“冬”と言っても晩秋ですわなぁ。
Hikobaekoyo  朝、所用のあと散歩がてら歩いてますと広小路公園に秋景色がありました。地面から枝がピュピュっと顔を出してるその葉のなんときれいなことか。一部に緑を残しつつも紅葉してる…よろしいなぁ。地面の雑草のみどりもまたぴりりと効いてますわ。葉の形状からすると、サクラかいなと思うもドングリかもしれんなぁとも。
 よく見ればこれらは切り株や表面化した根っこから生えてます。ひこばえですね。“ひこばえ”というコトバは何年か前にここのコメント欄にて教えてもらいました。そや、戦後派さんの書き込みでしたなぁ。とある揉め事でアホげから身を引きはったのが悔やまれますけど…元気にしてはるのかなぁ。数年前のあの頃が拙ブログのピークやったと思うと…アホげも晩秋、ですわ。ま、そのうち春が来るわい…とか何とか。

(於:中央区) ”ってな漢字があるとは知りませんでした。

| | コメント (2)

2019年12月10日 (火)

超過保護ちゃん横目に…

 ちょっとした林と化した高速道路はジャンクション下の一角。ネット越しに何げに見てましたけど、ちょっと変かも。
Kakusa  何がってその“添え木”の場所が違うんちゃうんって。超過保護ちゃんの横で細ちょろいながらも紅葉で人を楽しませもして…何とけなげなんでしょ。
 方や街路樹、方や勝手に生えてきた木(たぶん)…植物の世界も格差社会ってことか、とか何とか。

(於:東大阪市) 地味ながら、きれいなぁ。

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

上町筋の街路樹皆殺しになってますけど…何なん。

 先の金曜日、市バスに乗ろと国立病院大阪医療センター前のバス停に向かいますれば…何なんこれ!な状態に。
Buttagiri1  上町筋を彩る街路樹が全部伐り倒されますがな。どういうことこれっ!。空見えてすっかり景観がかわってしもてますがな…ってことより、そろそろ紅葉の時期を迎えるはずやった立派なアメリカフウの木々がえげつない伐られ方していて…怒り同様、悲しさがこみ上げてきますわ。
 残された幹に“お知らせ”と記された貼り紙。読みますれば“この木は、道路を通行する人や車の安全面に影響を与えていることから、撤去を行う予定にしております。”…って、どこがそんな影響を与えてるって言うねん…あ、コトバ乱れて申し訳ありませんな。
Buttagiri2 Buttagiri3  改めて大阪市のサイトを見ますればまぁあれこれ書いてあります。納得できんことが色々記してありますけど、まぁひとつ「…まぁ確かに」と思う文言は“根が歩道の舗装を持ち上げたり”の部分。それは確かにそう思うこともありますけど、それは…歩道をやり直すべき事象なんちゃうかと思いますけど、どうでしょ。そもそも“街路樹は命あるもの”って感覚がそこにないのが…おかしな感じしますで。
 何十年もかかって立派に生長した木々やのに誰がこの様なこと言いだしてそれに賛同してこうなっているのか知る由もありませんけど、正直気に入りませんわ。大阪市の発表によると今後3年で市内9,000本の街路樹の伐採をするとのこと。9,000本…でっせ。えげつない殺生をするってことが…まかり通ってるんでっせ。
 これって…万博のための整備の一環なんかもと思うとなおのこと「何やねんそれっ!」な気分。なんぼ先の台風で倒木してえらい目にあったか知りませんけどえげつないことくれまんなぁ大阪市。市民として恥ずかしくかつ苛立たしい気分に寝られませんで…って、いやまぁ明日もあるし寝ますけどもね。

(於:中央区) 自然と朽ちる昨日の事象とはちゃうっちゅうねん、ほんま。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧