プラ看板

2021年8月 1日 (日)

昭和なプラ看板 237 ● カンコー学生服

 過日藤井寺の商店街で見かけたプラ看板。
Narakichi2 Narakichi1  “学生服の名門”とは大きく出たもんですなぁ…と思いつつも「おっしゃるとおり」ですのでまさに“看板に偽り無し”ですわ。
 今まで何度も記しましたけどやっぱり多感な年頃の坊主にとってはカンコーなりトンボなりスクールタイガーのそれは微妙な違いながらかっこええ様に見えたもんです。それ思うとほんと文字取りカンコー学生服は今も昔も“名門”で間違いなしですわ。ちなみにこちらのお店は今もカンコー取扱店。“名門”はカンコーのことというより、この看板を掲げたお店に対する敬意としての表現なのかもしれませんね。

(於:藤井寺市) 詰襟ってどうなん最近。

※関連記事;
昭和なプラ看板 157 ● モントリオシャツ / カンコー学生服』 2018年2月 記

| | コメント (0)

2021年7月22日 (木)

昭和なプラ看板 236 ● BSIEの高圧ホース

 見たことのないプラ看板ながら、その色合いに惹かれて懐かしい気分になります。
Bsie1 Bsie2  劣化でそうなったのか元々なのかはわかりませんが、水色〜青色のグラデーションがきれいな看板。絵と文字から特殊用途のホースの看板やとわかるも“BSIE”ってのがもひとつわかりません。
 写真をよく見ると“ブリヂストン インペリアル”の文字。上部にはブリヂストンが昔に使っていたマークの輪郭の中に◇と“BSIE”と記されています。
 調べますればブリヂストンが1965年に米国インペリアルイーストマンという会社との間で技術援助契約を締結、その後“ブリヂストンインペリアル”と名乗り、のち1981年に契約解消の末1987年よりブリヂストンフローテックの名で高圧ホースなどを手がけているそうです。てなわけでこの看板は30数年前に付けられたものでしょう。
 しかしながらこの手の製品は一般消費者が買うものでもないこと思うとあんまりこの様に広告活動しても効果は期待できんと思いますなぁ。そんなことはこちらのお店もお解りの様で電線が束ねられたままコンセントと繋いだ形跡がありませんわ。それで充分とは言え一生光ることがないのやろなぁと思うとちょっと泣けてきます。ってほとんどウソですけど。

(於:中央区) BRIDGESTONEは今も“ブリストン”。バヤリースオレンは…根性なし。

| | コメント (0)

2021年7月11日 (日)

昭和なプラ看板 235 ● 清酒 日本盛

 昨日の“日本盛”を見上げ愛でたあと先へ進むと、またも懐かしい“日本盛”が。
Sakari6 Sakari7  こっちの方が馴染みありますなぁ。何が?ってほれ、この上部にある“杯でいっぱいやる徳利”の絵、これですわ。幼少期よく見かけた酒屋さんの軽トラにも描かれていたからそう感じる様に思うも、昔は日本酒のCMってさかんに流されていたからなんでしょうなぁ。
 過去にもこの徳利マークのこと書いたなぁと過去記事に改めて目を通しますれば…そうそう、この目つきが悪魔っぽいと記しています。「そやったそやった」。ちょっと懐かしい気分でその当時の写真と今回のを見て…えぇ? 微妙ながら目つきが違いまっせ。
 よく見ると口のキレも杯の形も違います。わずかな“差”ながら、こっちには悪魔っぽさが感じられません。どっちが古いバージョンなのかはちとわかりませんがこれは、グリコの走るオッサン(ゴールインマーク)が昔のから徐々に怖さがなくなっていったのと同じと解釈すると、今回の方が新しいのかもしれません。ただ…当時のこと、ざっくりと「こんな感じ」とデザインされ、細部は現場の職人まかせってことで、この様な“差”が生じている様にも思いますが…どうでしょ?
 よく見ると杯から一滴、酒が垂れ落ちています。こんな細かいことまで図案として考えられていたんや…と写真見て感動を新たにしてましたが裏面のそれには滴はなく…どうやらただのキズの様子。そらそうですわな。

(於:淀川区) 思えば近年こういう形状の徳利でお酒呑まん様になった気がするなぁ。

※関連記事:
昭和なプラ看板 234 ● 清酒 日本盛』 2021年7月 記
日本盛で獺祭か…』 2015年1月 記
日本盛のネオン好き。』 2011年3月 記

もの悲しくも懐かしいネオンサイン。』 2011年1月 記
昭和なプラ看板 40 ● 清酒 日本盛』 2010年5月 記

| | コメント (0)

2021年7月10日 (土)

昭和なプラ看板 234 ● 清酒 日本盛

 過日、阪神は神崎川駅で降りて仕事へ向かう道すがら三津屋商店街でこの看板を見つけました。
Sakari4 Sakari5  やや髭文字のニュアンス残しつつ左右対称風にデザインされた“日本盛”の文字。その下にあるのは花火にも見えますけど、きっと菊の花のイメージでしょうか。そう言えば大昔、金のラベルの日本盛で見たことある意匠やないかと調べますれば…やっぱり。級別廃止となった今は“日本盛・特撰”にこの意匠が施されています。
 いつもながらアーケードで雨風から守られているだけに劣化もせずに綺麗な状態。ただ残念ながら“焼肉・軽食”を営んではったであろうお店自体はもうやってはれへん風情でした。

(於:淀川区) 日本盛と大関って…何げに同列やわぁ。何でやろ?

※関連記事:
日本盛で獺祭か…』 2015年1月 記
日本盛のネオン好き。』 2011年3月 記
もの悲しくも懐かしいネオンサイン。』 2011年1月 記
昭和なプラ看板 40 ● 清酒 日本盛』 2010年5月 記

| | コメント (0)

2021年6月30日 (水)

昭和なプラ看板 233 ● NEC パソコン

 藤井寺某所で仕事のあと、天気もええしとひと駅歩いて近鉄は高鷲駅へ。少し奥まったところにひっそり佇む公衆電話。テレカ対応ですら何かもうすっかり懐かしいモンとなってしまいましたなぁって…いやいやそっちやなくて。
Nec1 Nec2  公衆電話の足元に詰め込まれた様にプラ看板がひとつ。“NEC パソコ”…まだ馴染みあるもこの“NEC”のロゴが何とも懐かしく思います。調べますればこのロゴは1992年まで使われていたということですから、この看板は30年以上前のものでしょう。
 パソコン言うとアップルはともかく日本ではNECか富士通かって感じに思ってましたけど…え?今は何ですか、レノボ・NEC・富士通グループって感じで日本の二大メーカーもパソコンはレノボ傘下になってるんですか。へぇ、全然知りませんでした。2004年のIBMのパソコン部門の買収に始まりここまでの一大勢力に…まぁ確かにそこここでよく目にするもんなぁ“Lenovo”って。
 ついでにNECのことも調べると日本電気が正式名称で…ってこれは知ってはいるも、その社名からしてどっぷりニッポンの会社として産声を上げたんやろと思ってましたら日米合弁企業として1899年発足したとのこと。その後は住友財閥に経営が委ねられ今も住友グループの重要な会社のひとつやとか。へぇ、住友系ってのも知りませんでした。
 NECの製品と言ったら…そや、ホタルックでおなじみ蛍光灯しか縁がありませんなぁ…と思いましたらこちらは分社化の後2019年、ホタルクス社となりNECグループを離脱とか。ただ、ブランドのみ“NEC”を継続している様です。分社化とか再編とか知らん間にどんどん行われているんですなぁ。

(於:羽曳野市) 家電も気づけば純日本製ってあんまり見かけんなぁ…

| | コメント (0)

2021年6月20日 (日)

昭和なプラ看板 232 ● テクニクス音楽教室

 ナショナルってこんな音楽教室も展開していたんですね。
Tma1 Tma2  “テクニクス”はオーディオのブランドとしては知るも、音楽教室の屋号がテクニクスってのがちょっと妙な感じ。調べますればかつて“テクニトーン”という名の電子オルガンを手掛けていた関係で1970年代から1980年代にかけてこの様な教室を運営していたとのこと。その後ビクターの同部門と統合の末、2001年、ローランドに継承、テクニトーンは終売となったそうです。
 そうか…20年ほど前までテクニトーンってあったんやって感じ。と言うことでこの看板も四半世紀ほど前のものでしょう。ま、ひょっとしたら“平成モン”かもしれませんけど、ひとつお許しを。

(於:東淀川区) 思えば幼少期“ヤマハ音楽教室”行かせてもらってけど…効果なしにさぞアホらしい気分やったやろなぁ。

| | コメント (0)

2021年6月 7日 (月)

昭和なプラ看板 231 ● TIMEX

 TIMEX…そういうブランドの時計があるというのは知るも、はじめて見た気がします。
Timex1 Timex2  と言うのは中学生時分に一時期「世界最大の時計メーカー、タイメックス」と言うラジオCMをよく耳にしたからですけど今となってはほんまに“世界最大の”なんて言っていたのかどうなのか。ま、そんなCMが流れつつも「見かけんなぁ」な日々が続き…ま、ただただ時計に興味が全くないだけの話です。
 で、このTIMEX、アメリカに唯一残る時計メーカーとのこと。TIMEXというブランド自体は元々はスイスの時計メーカーが所有していたもので、その会社を買収の後1950年から使っているそうです。
 黒地に白でTIMEX。それ以外のことは何も記していないシンプルさといい小ささといい、もう忘れられた存在って雰囲気といいひっそりしていて…ちょっとええのに出会えて嬉しいかぎり。ひとつ時計が欲しく…とはならんのですけど。

(於:阿倍野区) 愛用は自動巻きのSEIKO。好きや。

| | コメント (0)

2021年5月28日 (金)

昭和なプラ看板 230 ● ヤマザキパン

 日本最大にして世界第2位のパン会社の看板が、小さな酒屋さんの袖に掲げられていました。
Yamazakipan3 Yamazakipan4  誰もが知る“ヤマザキパン”のそれながら、あまり見かけないタイプで小振りなのも手伝ってか何げに愛らしい雰囲気を醸し出しています。
 普段見かけるものと比べますと“パン”のフォントが違うのが違うのが気になるところ。これは…量産モノとは違ってこのお店のサイズに合わせて作った一品モノで、適等にあった他社のロゴデータをここに当てはめたとも考えられますが…と思うもちょっとネット上を探すと、この“パン”のロゴとほぼ同じのヤマザキパンのプラ看板がオークションに出されていたのを発見しました。出品されていた看板ですが現行のそれより古っぽいこと思うと、これもそれなりに古いものかもしれません。
 しかしまぁ街の酒屋さんもこの手のパン屋さんもほんと絶滅寸前。どんどんコンビニ化すると…街の景観も変わるさみしさもあります。時代の変化は仕方ないとはいえ…

(於:東成区) ヤマザキのパンにカビが生えんのは衛生管理が行き届いているから…なるほどぉ!

※関連記事:
昭和なプラ看板 107 ● ヤマザキパン』 2015年5月 記
限りなく黒に近い茶色で塗りつぶされたヤマザキパンのプラ看板。』 2013年12月 記

| | コメント (0)

2021年5月18日 (火)

昭和なプラ看板 229 ● 世界人類が平和でありますように

 みんな見たことあるもさほど詳しくも知らんなぁって感じの“世界人類が平和でありますように”の願いを記された看板。よく見るのは白いアクリル板に記された二次元ものと、記念碑っぽいポールの三次元もの。ですがこれは…プラ看板です。
Mppoe1 Mppoe2  これにプラ看板バージョンがあったとはかなり驚き…というかプラ看板収集家(?)としてはもう笑ってしまうくらいの物件です。
 で、この“世界人類が平和でありますように”。調べますればこの言葉は“白光真宏会”という法人の祈りで、碑は“ピースポール”と呼ばれるもので、この想いに賛同すれば誰にでも建てることができるとか。場所を見つけてメーカーに直発注するもよし、自前で作るもよしとかなり建立者(?)裁量に委ねられているみたいです。建てたくなりましたら活動法人May Peace Prevail On Earth Internationalさんの“ピースポールについて”をお読み下さい。データのダウンロードもできるみたいです。
 まぁ、この活動が令和の時代にも行われていることを思うとカテゴリ“昭和なプラ看板”には属さない気もします。ですがやっぱりとっても昭和っぽいなぁ…ってことでひとつお許しを。

(於:東成区) 片面は南向きにてほぼ判読できず…祈り半減。

※関連記事:
世界人類が平和でありますように』 2021年2月 記

| | コメント (0)

2021年5月 7日 (金)

昭和なプラ看板 228 ● 大阪府洗染業協同組合

 “洗染業”って業種がもひとつわからんなぁって感じ。
Kdy1 Kdy2  で、ここにある“大阪府洗染業協同組合”を調べるも直接的にヒットせず。所在地として出てくる住所をストリートビューで見るもそこは今はコンビニ2010年の画像にはその組合の大和川工場が確認できましたが、もひとつその組合の事業内容は確認できません。
 画像検索等試みますと、どうやら昨日の記事同様、クリーニングを生業としている組合だった様に思われますが結局わからないまま。まぁそれ以外にその名にある“染”も手掛けてはったんでしょう。
 可愛い様で可愛ない様な、で、色合いも微妙。特に緑色に妙に懐かしさを覚える…何でかわかりませんけどひっそりと前時代をうまいこと伝えてはる貴重な看板なのかもしれません。ま、持ち上げすぎてますけど。

(於:住吉区) 診てもらえば椎間板ヘルニア。痛々ながら痛み止め飲み薬4種って…大丈夫か?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧