« 琺瑯タンクの余生 72 ● 奈良県五條市滝町 | トップページ | Asahi なロゴ 11 ◇ h »

2024年5月30日 (木)

これ竜舌蘭かなぁ、開花してるけど。

 高津宮近くで仕事。現場近くのマンションの植え込みに「…あっ、咲いてるやん」。
Rzr1 Rzr2  これっ、以前見たヤツに比べると小振りですけどほれっ、竜舌蘭とちゃいますかいな?
 大きさの差と、葉のまわりが黄色いのが「ちゃうかもしれん」と思うところ。“ハナノナ”で調べますれば70%ほどの確率ながら“メキシコマンネングサ”などと出てきます。
 やっぱりちゃうんかと思いつつも帰宅後調べますれば、ハナノナの判定はずしてる感じ。で、“斑入りリュウゼツラン”と調べるとこれと同じ様な植物がヒットしました。きっとこれも竜舌蘭でしょう、うん。
 以前の記事にも記した通りこの竜舌蘭、別名を“センチュリープラント”と言い、その名の由来は100年に一度咲いてその後は枯れてしまうという特性からの様。100年に一度の珍現象を60余年にして二度も見ることができる…ついてますなぁ。
 で、ですわ。この場所をGoogleのストリートビューで確認しますと、ん?2020年12月にも開花してますやん。さらに過去に遡ってみますと2009年12月には竜舌蘭と思われる植物は植えられておりません。
 と、言うことは「100年に一度の開花」も「咲いたら枯れる」もウソってことですよね。な〜んや、ネット上で探してみるとリュウゼツランが開花したと新聞などの記事でたくさん取り上げられていますけど、たいして珍しいことではないってことですかいね。
 などと書きつつ「竜舌蘭とちゃうから、しょっちゅう咲くし枯れもせん」のかもしれんなと思ったり。
 ま、あんまり見かけんことには違うないからよしとしましょう。それよりこれホンマに竜舌蘭なんかなとやっぱりちょっと疑ってます。どなたか判定をお願い致します。

(於:中央区)人気ブログランキング つぼみがバナナっぽく見えるな…って、大きさ全然ちゃいますけど。

関連記事:
竜舌蘭の開花』 2010年2月 記

| |

« 琺瑯タンクの余生 72 ● 奈良県五條市滝町 | トップページ | Asahi なロゴ 11 ◇ h »

植物」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 琺瑯タンクの余生 72 ● 奈良県五條市滝町 | トップページ | Asahi なロゴ 11 ◇ h »