« 中道二丁目8-18の角 | トップページ | 面格子、竹の意匠。 »

2021年9月13日 (月)

天然面格子

 所用で旭区へ。うっかり道を間違えてナビ入れよとクルマを路肩に停めて外見ますれば何げにええ光景。
Temmen 建屋の風情もさることながら、目がいくのは窓の部分。ごちゃごちゃーっとハリガネが絡まっているみたいなんは何やと思えば、枯れツタですわ。根元を見ると切り株がひとつ残されていていて…ですがもどうもツタのそれやなさそうやなぁとストリートビューで見ますとツタとは別モンの木が青々と茂り、ツタはやっぱりハリガネ状。2010年までさかのぼるも、やっぱりマンマのハリガネでした。
 窓の下部には手すりの様な面格子。「これでは効果半減や」とツタを残り上部に繁茂させて…はい出来上がり。後はイランわとさっさと枯らしてしまわはったとか。しかしながら防犯対策バツグン。ま、どっちか言うとソワッとさせるビジュアルに効果があるわって感じですが。

(於:旭区) 人は寄り付かんけど、虫やら鳥が寄ってきそうやな。

※関連記事:
面格子に補完勢力』 2020年11月 記

|

« 中道二丁目8-18の角 | トップページ | 面格子、竹の意匠。 »

何げな」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

大阪市北部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中道二丁目8-18の角 | トップページ | 面格子、竹の意匠。 »