« 中之島は西の端より梅田方面の夜景色 | トップページ | グリコ牛乳の牛乳箱 »

2021年8月23日 (月)

昭和なプラ看板 239 ● 灘の酒 金鹿

 ツタまみれになった長屋の一角にこれまた経年変化でセピア色に染まったプラ看板がひとつ。
Kinshika1 Kinshika2  そこには“お好み焼”の文字…もう店仕舞いされた風情ながら何もかもが雰囲気ありすぎです。
 上部見ますれば“灘の酒 金鹿”。赤の髭文字で記されているところがこれまたいかにも日本酒のプラ看板の王道って感じ。あまり見かけない銘柄ながら今はワンカップでお馴染み“大関”が手掛ける現存ブランドです。元々は朝鮮半島で酒づくりをしていた蔵元たちが戦後引き上げ、合同して“灘酒造”を設立したのが始まり。阪神大震災にも負けずに酒づくりに勤しんではったものの2006年に民事再生法を申請の後、大関の傘下となり2012年に解散、大関に吸収されたそうです。蔵元としてはなくなって残念ながら、商標と昔ながらなレッテルが継承されたのはええことですね。

(於:奈良県大和郡山市) 残念ながら裏面は吹っ飛んでしもたのかありませんでした。

|

« 中之島は西の端より梅田方面の夜景色 | トップページ | グリコ牛乳の牛乳箱 »

プラ看板」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中之島は西の端より梅田方面の夜景色 | トップページ | グリコ牛乳の牛乳箱 »