« 錆びた街角、たそがれた看板二連。 | トップページ | 枚方大橋あたりで淀川越しの雲景色、午後3時28分。 »

2021年8月15日 (日)

曇り空 錆びたタイル 剥げ看板

 今にも泣きそうな曇り空に錆びタイル…沁みまんなぁ。
Standsmall  あぁそう言えば目地まで再現したタイル柄のブリキ(トタン?)板ってありました。ちと安普請に見えますけど、これはこれで味ある外観。肝心の看板部分もペンキ剥げ、錆び浮き出て読みずらくやや残念。よく見ると真ん中には“都鶴”、その下には“ ー ル ”とありますのでてっきり“ビール”やろと思ってますれば…否々、これ“ ス タ ン ド  ス モ ー ル  ” …このお店の屋号ですね。“スタンド”と称する呑み屋…いかにも昭和ですなぁ。一杯やって…ってもうとっくに廃業してはる風情。ま、やってはってもちとよぉ入りませんけどもね。

(於:奈良県大和郡山市) 新興酒場が古ぶって“スタンド”名乗るっちゅうのは…ね。

※関連記事:
昭和も昭和な貸店舗』 2008年2月 記

|

« 錆びた街角、たそがれた看板二連。 | トップページ | 枚方大橋あたりで淀川越しの雲景色、午後3時28分。 »

懐かし…」カテゴリの記事

看板」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 錆びた街角、たそがれた看板二連。 | トップページ | 枚方大橋あたりで淀川越しの雲景色、午後3時28分。 »