« 曇り空 錆びたタイル 剥げ看板 | トップページ | 梅田新道交差点南西角から北見上げれば、午後7時52分。 »

2021年8月16日 (月)

枚方大橋あたりで淀川越しの雲景色、午後3時28分。

 陰気な天気が続く日々、今日は京都西陣某所で仕事。
2108161528  旧の京阪国道での帰り道。淀川左岸、街抜けて開けた空は台風の時の様な曇り空。あちこちの災害を思うと複雑な気持ちになるも、ええ景色やと窓ガラス下ろして数枚。惹かれる空の図やわぁ…って、ここを通る時はどんな空模様でもいちいち感動してるんですけど。

(於:枚方市) あんまり“お盆”を感じなんだな、今夏も。

※関連記事:
枚方大橋あたりで淀川越しの秋の空、午後3時32分。』 2020年9月 記
枚方大橋あたりで淀川越しの夕焼け、午後6時8分。』 2020年9月 記

|

« 曇り空 錆びたタイル 剥げ看板 | トップページ | 梅田新道交差点南西角から北見上げれば、午後7時52分。 »

写真」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

そうそう、この辺は見晴らしがいいから何となく感動しますよね。

投稿: ぽんぽこやま | 2021年9月 9日 (木) 18時42分

●ぽんぽこやまさま
いやホンマにその通り。しかも昔も今もまぁ景色が変わらんのでなおのことですわ。
で、ふと今思ったんですけど、この“感動”って淀川やからであって大和川では感じませんよねー。川幅の違いなのか何なのか。

コメントおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2021年9月14日 (火) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 曇り空 錆びたタイル 剥げ看板 | トップページ | 梅田新道交差点南西角から北見上げれば、午後7時52分。 »