« OOoO、隙間から雑草。 | トップページ | 昭和なプラ看板 236 ● BSIEの高圧ホース »

2021年7月21日 (水)

孤高の一本草

 クルマがリコール対象になっていつもの自転車商会へ。駅へ向かいますれば“ど根性”が金網越しに。
Takenigusa2 Takenigusa1   隙間もなさそうなアスファルトを破ってまっすぐに伸びる孤高の一本草。やっぱりその生命力はちゃいまんなぁ…と、それをセイタカアワダチソウやと思い込んでおりましたけど、ん? 葉の形状が違う感じ。最初は「えらい虫に食べられてしもて」と思いましたけど、こういう形状の様です。
 調べましたけどこれは“タケニグサ”の様に思うも、どうも葉っぱの大きさがそれより小さい気もするし…ちょっと断定できませんでした。
 昨日の記事同様、どの様にアスファルトの下にタネが入ったのかと思うも…そや、ここはむかし記事にした草むらやったところです。舗装されても根っこが残っていると何とか生き延びようとするその姿はカッコええというかなんと言うか…根っこだけに根性ありまっせ、はい。

(於:東大阪市) ちゃんと見ずに撮ったら先っちょ切れてる…丈2mはあるな。

※関連記事:
街中の ただの草むら 懐かしわぁ』 2009年8月 記

|

« OOoO、隙間から雑草。 | トップページ | 昭和なプラ看板 236 ● BSIEの高圧ホース »

植物」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« OOoO、隙間から雑草。 | トップページ | 昭和なプラ看板 236 ● BSIEの高圧ホース »