« 孤高の一本草 | トップページ | 防火水槽 234 ■ 守口市馬場町3−4−17 »

2021年7月22日 (木)

昭和なプラ看板 236 ● BSIEの高圧ホース

 見たことのないプラ看板ながら、その色合いに惹かれて懐かしい気分になります。
Bsie1 Bsie2  劣化でそうなったのか元々なのかはわかりませんが、水色〜青色のグラデーションがきれいな看板。絵と文字から特殊用途のホースの看板やとわかるも“BSIE”ってのがもひとつわかりません。
 写真をよく見ると“ブリヂストン インペリアル”の文字。上部にはブリヂストンが昔に使っていたマークの輪郭の中に◇と“BSIE”と記されています。
 調べますればブリヂストンが1965年に米国インペリアルイーストマンという会社との間で技術援助契約を締結、その後“ブリヂストンインペリアル”と名乗り、のち1981年に契約解消の末1987年よりブリヂストンフローテックの名で高圧ホースなどを手がけているそうです。てなわけでこの看板は30数年前に付けられたものでしょう。
 しかしながらこの手の製品は一般消費者が買うものでもないこと思うとあんまりこの様に広告活動しても効果は期待できんと思いますなぁ。そんなことはこちらのお店もお解りの様で電線が束ねられたままコンセントと繋いだ形跡がありませんわ。それで充分とは言え一生光ることがないのやろなぁと思うとちょっと泣けてきます。ってほとんどウソですけど。

(於:中央区) BRIDGESTONEは今も“ブリストン”。バヤリースオレンは…根性なし。

|

« 孤高の一本草 | トップページ | 防火水槽 234 ■ 守口市馬場町3−4−17 »

プラ看板」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 孤高の一本草 | トップページ | 防火水槽 234 ■ 守口市馬場町3−4−17 »