« 重厚な面格子、なまこ壁風。 | トップページ | 汽車とネコ »

2021年7月25日 (日)

外国語のローマ字表記 52 ◇ Syurosu Kosichi

 意味わからずも「きっとそうや」と撮影。
Syurosu1 Syurosu2 帰宅後調べますれば…やっぱり。“シュロス”、調べますれば“schlóss”はドイツ語で“城”のこと。また仏語の“château”同様、ワインの醸造所のことを指す言葉とか。あ、皆さんご存知でしたらでしゃばった説明ですいません。
 で、ここ、エントランスにあるローマ字はは“Syurosu Kosichi”の表記。“syu”に“si”と訓令式が来て最後は“chi”のヘボン式。その辺の混ぜこぜ感もまた味わいを深くしてます。で、余談ですけどこの“schlóss”、Googleの検索エンジンにある発音を聞くと“シロぅ(城)”と聞こえるんですけど…ってまぁ、耳が悪いだけのことでしょうかね。あほなことですんません。

(於:滋賀県近江八幡市) 雨の中撮ってると知らんおっさんにいちゃんが自転車で寄ってきて…ちょっと怖かったわ。

|

« 重厚な面格子、なまこ壁風。 | トップページ | 汽車とネコ »

外国語のローマ字表記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 重厚な面格子、なまこ壁風。 | トップページ | 汽車とネコ »