« クリーニングでお好み焼コーヒー | トップページ | ビルの壁面に細い階段がこびりついてますけど… »

2021年6月25日 (金)

ビールケースの余生…不本意っぽいなぁ。

 仕事で東天満界隈へ。ふと目に入った路肩のしょぼい緑化が…泣かせますわぁ。
1600  植木鉢も見受けられるもまぁほぼビール用のP箱に根を下ろしてます。色は抜け、商標も見えませんがよく見ると一部のモノにかすかに見える“キリンビール”の文字。ま、劣化してるもこの色合いからすると、サッポロとサントリーのそれではなさそうですな。
 大学のプロレス研究会なんかがリング設営に使ったり、酒屋の立ち呑みでテーブル代わりに使われたり…それなりに便利な存在ながらこういう使われ方はちょっと哀れかも。ま、そう思うもコンクリブロックを枕に置かれていること思うとそれなりに大事にされ幸せなんかもしれませんなぁ。とは言え、流浪の旅がもう二度と来ないであろうこと思うと…やっぱり辛いもんがありますわ。

(於:北区) 1ケース保証金200円…ってことはこれで1,600円ってか。

※関連記事:
牛乳箱の余生 -- 植木鉢として』 2015年9月 記
レアなパン箱70個以上、駒川商店街の片隅に。』 2012年11月 記

|

« クリーニングでお好み焼コーヒー | トップページ | ビルの壁面に細い階段がこびりついてますけど… »

何げな」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クリーニングでお好み焼コーヒー | トップページ | ビルの壁面に細い階段がこびりついてますけど… »