« サルスベリの幹にめり込む“さるすべり” | トップページ | 金魚の里の水上家屋 »

2021年6月14日 (月)

石垣に板塀、草いろいろ新緑添え。

 大和郡山市某所で仕事。旧村の細道、脇を見るとまぁいかにもな石垣に焼杉板の塀。
Itaishikusa  雨上がりの湿気も手伝ってでしょう、何か妙に「…ええもんやなぁ」と。もちろん石も板もええのですけどその隙間に根を下ろした諸々の草がこないにええ味わいを醸し出す存在なんやとは。
 ついついね、自分がここに家の人やったとしたら抜いたり刈ったりしてしまうやろなぁって感じ。シダ類はともかく“雑草”とひとくくりにされる草も意外とこの様な景観に貢献してるんですねぇ。まぁそれなりに年老いた結果生じた感情なんかもしれませんわ。

(於:奈良県大和郡山市) 枯れ草もまたええ味わい。

|

« サルスベリの幹にめり込む“さるすべり” | トップページ | 金魚の里の水上家屋 »

思ったこと」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サルスベリの幹にめり込む“さるすべり” | トップページ | 金魚の里の水上家屋 »