« 梅雨の中やすみ、正午の東中浜八丁目。 | トップページ | “昔ながらの光景が大阪市内にあった。” 、11年半経って。 »

2021年5月30日 (日)

ドンツキの川の向こう、放出下水処理場。

 普段とってもお世話になってる施設ながら、あんまり日々意識してません…こんなんではアカンなぁ。
 昨日探索したあたりは第二寝屋川と平野川分水路が交わるあたり。二本の川が直角に交差。水位調整のためでしょう大きな水門もあっていかにも人工河川って感じ。その東南角にコンクリのタンク。そこが放出下水処理場
Hgs  街中にあってその光景、調和している様なそやない様な。ですけどこういう施設が覆い隠されていない方が健全…ちょっとニュアンス違うなぁと思うもそんなことを思ったり。
 そもそも大阪市内に12も下水処理場があるのを知らなかった上、現在では大阪市全額出資ながらクリアウォーターOSAKAという外部組織に大阪市の下水道事業を移管されているのも知りませんでした。そうか…そうなんか。…以上。

(於:城東区) 放出にないのに“放出”…変や思うも下水処理場にふさわしいなぁ“放出”って。

|

« 梅雨の中やすみ、正午の東中浜八丁目。 | トップページ | “昔ながらの光景が大阪市内にあった。” 、11年半経って。 »

社会」カテゴリの記事

大阪市東部」カテゴリの記事

大阪ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅雨の中やすみ、正午の東中浜八丁目。 | トップページ | “昔ながらの光景が大阪市内にあった。” 、11年半経って。 »