« シュロ一本で密林チック | トップページ | 幹の凹みに宿る草ふたつ »

2021年5月25日 (火)

朽ち家の上に阪神高速

 医者二軒行って、次は区役所やと歩いてますと前より何げに気になる朽ちた建物がそこに。前はこんな風に見えなんだ…そうか、近くの建屋がなくなって丸見えになったってことですね。
Kuchiya  朽ち具合に味わいを感じつつ撮りますと、まるで阪神高速がこの建物を跨ぐかの様に写ってます。この見下された様な位置関係もよろしいなぁ。どことなく“大阪”な景色。青空が深刻さを薄めてる様に思います…って何が深刻なん? いや、わからんのですけど何となく、はい。あ、実際のところは阪神高速は東横堀川の上にあって建屋を跨いでいません。念のため。

(於:中央区) 町医者行けば20秒診療(感覚)…薬欲しかっただけやからそれでええねんけど、ね。

※関連記事:
雨上がり、モルタル家屋湿ってええ感じ。』 2016年1月 記

|

« シュロ一本で密林チック | トップページ | 幹の凹みに宿る草ふたつ »

写真」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シュロ一本で密林チック | トップページ | 幹の凹みに宿る草ふたつ »