« 電柱にこびりついた錆びた看板 | トップページ | 午後のねこ二匹ひなたぼっこ »

2021年5月13日 (木)

三階建のビルにある人差し指っぽい出っ張りは…

 三階建のビル、見上げればそこに人差し指っぽい出っ張り。
Bearing1  ま、それだけのこと。ですけど何の出っ張りなんでしょうなぁ…で、一応ストリートビューで過去を見とこと調べるも、過去にはこの建物と隣り合わせに雑居ビルが…そうそう、そやったわとそのビルの名見れば“昭和ビル”…ん、記事にしたことある名前ですわ。
 かつての記事はその昭和ビルがなくなって隣のビルの外壁があらわになっているって内容。そうか…これは過去の写真にヒントがあるかもってことで6年前の写真を改めて見てみますれば…あぁ、これですな。
Bearing2  ちょっと判りにくいでしょうか。いま“人差し指”になっている部分はコンクリの塊みたいなもんがありますわ。この状態を見るとどうやら元々は二階建でそれをコンクリブロックを使って増築したみたいです。素人には「こんなコンクリの塊、砕いたらええのに」と思いますけど、それをすると建屋にダメージが生じるんでしょう。それで人差し指に…かな。
 しかしまぁこんな状態やったとは思えん美しい仕上がり。世の中にはいっぱいこんなのがあるんでしょうなぁ。もちろん建物だけではなくて、ね。

(於:中央区) 屋号なし“ベアリング”だけの潔さ!

※関連記事:
昭和ビルなくなり両隣の壁面あらわに。』 2015年4月 記

|

« 電柱にこびりついた錆びた看板 | トップページ | 午後のねこ二匹ひなたぼっこ »

何げな」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 電柱にこびりついた錆びた看板 | トップページ | 午後のねこ二匹ひなたぼっこ »