« 昭和なプラ看板 226 ● 旭化成 ハマナカ手芸糸 | トップページ | 錆びた一角、褪せた看板。 »

2021年4月25日 (日)

木の電柱、錆びた看板、曇りの日。

 これは現役なのか…今となってはただの街灯柱なのか。
Img_0477 Img_0476  懐かしい木の電柱がありました。それだけでも充分ながら、看板がこれまた何とも言えん郷愁を誘っています。何度か書き換えられているのかただの劣化以上に何と書いてあるのか…もはや看板にあらず。ますます沁みる曇り空の夕刻。

(於:東成区) 幼少期、木の電柱に塗ってあったコールタールの匂い大好きやったわぁ。

|

« 昭和なプラ看板 226 ● 旭化成 ハマナカ手芸糸 | トップページ | 錆びた一角、褪せた看板。 »

懐かし…」カテゴリの記事

看板」カテゴリの記事

大阪市東部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昭和なプラ看板 226 ● 旭化成 ハマナカ手芸糸 | トップページ | 錆びた一角、褪せた看板。 »