« 町工場集まる地にそびえる巨大ダクト | トップページ | 木の電柱、錆びた看板、曇りの日。 »

2021年4月24日 (土)

昭和なプラ看板 226 ● 旭化成 ハマナカ手芸糸

 アーケードなき商店街のテントの軒下にそれはありました。
Hamanaka1 Hamanaka2  “旭化成 ♪ ハマナカ手芸糸”。このサウンドロゴは妙に残ってますわ。あれは確か…そう、テレビ番組“スター千一夜”が旭化成グループの一社提供で、そこでよく耳にしたから未だに残っているのでしょう。とは言え番組自体の内容はまぁ覚えてませんけど。
 ハマナカ、HPを見ますれば創業者が「ハマナカは毛糸屋じゃない、手芸屋だ」と言ったとあります。看板に“手芸糸”とあるのもその思いの表れでしょう。時代を先取りしてはったんですね。
 で、てっきりずっと旭化成の製品が“ハマナカ手芸糸”なんやと思ってましたが、ハマナカ(当時は濱中商店)と旭化成が協業してやっていたみたいですね。いつかはわかりませんでしたが今はどうやら協業関係にはない模様です。

(於:城東区) 「既製品買った方が安なって手芸やめた」とかつて親が言ってました。何か沁みるな。

|

« 町工場集まる地にそびえる巨大ダクト | トップページ | 木の電柱、錆びた看板、曇りの日。 »

プラ看板」カテゴリの記事

大阪市東部」カテゴリの記事

コメント

濱中商会は下記サイトに詳細があります。http://hamanaka.co.jp/company/history.html 

投稿: wayan | 2021年5月 1日 (土) 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 町工場集まる地にそびえる巨大ダクト | トップページ | 木の電柱、錆びた看板、曇りの日。 »