« 3月3日、今年は令和3年。 | トップページ | 電柱の影 »

2021年3月 4日 (木)

難波宮、シュロ11本に諸々。

 やや陰気に見えるのは、夕暮れ時のせい。
Shuro11  都心部にしてこれといった手入れもされていずの何もない原っぱ、難波宮跡。“何もない”は見かけの話。埋蔵文化財が眠るお陰でこの様に地上(地面)から空を楽しむことができる有り難い事実。歴史にまぁ興味ない者としてもいろいろ思いを馳せるってもんです。
 所用で人と会い、長年もやもやしていた諸々の懸案が前に進み…あぁなんかね、沁みるんですよ、こういう場所のこういう光景が。てなこと記してすっかり表題の“シュロ11本”は、おいてけぼりですね。一見10本ながら11本。ヒョロっとしたイデタチと何か意味あって境界線上に植わってるってのも妙に響きまして今日のことと絡めて眺めて。ってもうほとんど全部こじつけ…かも。皆さんにおかれましては何のことかさっぱりわからん文面ではなはだ申し訳ない次第ですがまぁ、今日のところは、こんなこったす。

(於:中央区) “時期”ってもんがあるなぁ日々の積み重ねの中で。

|

« 3月3日、今年は令和3年。 | トップページ | 電柱の影 »

写真」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3月3日、今年は令和3年。 | トップページ | 電柱の影 »