« 塀の角窓からニョキッと松 | トップページ | なんとなく懐かしい生野西4丁目20-10 »

2020年11月13日 (金)

面格子に補完勢力

 以前より電車の窓の向こうの景色が気になってまして。途中下車するのもアホらしわとほってましたけど過日、所用でここらを訪れたついでに写真に収めておさめてきました。
Mitotsuru1 Mitotsuru2 これが、近鉄大阪線は弥刀駅のホームから見える光景。何の植物かは知らんのですけど幹と言うか枝と言うか…そや、ツル、蔓が面格子に絡みついて何やかっこええなぁ…な図です。
 ここのお宅が意図的にツルと面格子をコラボさせている様にも見えますし、なんやほっといたらこの様になった様にも思われるしって感じ。ま、無機的な縦線に対して縦横無尽に攻め入る様子がかっこええので何でこうなってるのかと理由をあれこれ考えるっても無粋な行為に思えてきましたんでこの辺で。しかしまぁ…色合いも赤茶けて鉄路脇にふさわしいてよろしいなぁ。

(於:東大阪市) まぁ補完勢力ってとこか面格子の。

 ※関連記事:
ツルに締められ格子歪む』 2017年4月 記

|

« 塀の角窓からニョキッと松 | トップページ | なんとなく懐かしい生野西4丁目20-10 »

何げな」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 塀の角窓からニョキッと松 | トップページ | なんとなく懐かしい生野西4丁目20-10 »