« 車窓に見える色づく鎮守の森と青空と | トップページ | 琺瑯タンクの余生 55 ● 和歌山県紀の川市名手下 »

2020年11月21日 (土)

高安山麓は服部川の秋、午後2時8分。

 茶の湯の稽古やと実家より高安山麓へ向かいますれば…今週休みか稽古場に鍵かかってますやん。あぁ恥ずかしいわとそそくさとその場を離れ一旦戻ってあれこれ済ませて…せっかくやしと昨日使った近鉄全線3日間フリーきっぷ信貴山口へ。単線で山裾を行く近場にしてどっぷり小旅気分を味わえる貴重な路線を数分ながら満喫し、小一時間山里は服部川界隈を探索。ええわぁこの辺昔から全然変わってへんわぁ…ってまぁ、“全然”ってことはないんでしょうけども。
2011211408  青空の下、澄んだ空気も手伝ってどこもかしこも綺麗な秋景色。遠くは阿倍野はハルカスは当然通天閣もはっきり見えます。もちろん日立の広告までも…はウソですけども。
 あれもええなぁこれもええなぁ…と思いつつも写真は一枚。山里の秋もハルカスも写ってるこれにしときましょう。しかしやっぱりええわぁ高安山麓。帰路、服部川駅のベンチに腰掛けながら、親に何度か連れてきてもらった幼少期の数々の思い出に浸るひととき。しみじみしつつも清々しい気持ちになれたのでした。

(於:八尾市) 何で“歩こう会”な人らってあないに大勢で行動しはるんやろ…

|

« 車窓に見える色づく鎮守の森と青空と | トップページ | 琺瑯タンクの余生 55 ● 和歌山県紀の川市名手下 »

写真」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 車窓に見える色づく鎮守の森と青空と | トップページ | 琺瑯タンクの余生 55 ● 和歌山県紀の川市名手下 »