« 南住吉三丁目10の錆サビ | トップページ | ナミイタにフェラーリ »

2020年10月31日 (土)

笑うカボチャ、畑の隅から。

 畑の隅から道ゆくクルマに向いて笑うカボチャ。
Halloween  よく見るとタマネギほどの子分カボチャがまわりを固めています。さて問題、大きいのと小さいの、いわゆる“どてかぼちゃ”とは、どっちを指す言葉でしょうか。
 「“どてっでっかいからどてかぼちゃ”で大きい方!」やろと思いますれば否々。正解は小さい方。どてかぼちゃは“土手かぼちゃ”で、(畑ではなく)土手で育った小さかったり中身スカスカのもんのことを指し、役立たずの実=使い物にならんってことでそういう言葉が生まれたのやそうです。しかしまぁ“ボケなす”同様、けなし言葉に使われて何や気の毒なことですな。
 そうそう、ところでハロウイン…自分には全く馴染みありませんけど若い衆は…何なんでしょうか。TDLにUSJの誕生以来、日本でもハロウインが普及したと言われているそうで…あぁなるほど。それで、なおのこと我には縁がないってことね…って、ちいとは順応せぇやとも思う…ことありません。

(於:和歌山県有田川町) 「戦時中飽くほど食べた」と幼少期の食卓にかぼちゃはのらなんだなぁ。

※関連記事:
“なんきん”と“かぼちゃ”は』 2011年3月 記

|

« 南住吉三丁目10の錆サビ | トップページ | ナミイタにフェラーリ »

社会」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南住吉三丁目10の錆サビ | トップページ | ナミイタにフェラーリ »