« 昭和なプラ看板 209 ● Lovely / Ken-L 日清製粉 / 日清ペットフード | トップページ | いきなりキッチン »

2020年10月17日 (土)

“火災通報協力の家”

 過日半時間ほど探索した東大阪市は俊徳道あたりでこんな琺瑯看板を見かけました。
Ktki1 Ktki2  “布施市”の文字に反応して一枚。で、どれどれと見ますれば“火災通報協力の家”。一瞬もひとつわからんなぁと思いましたが、そうか…まだまだ電話っちゅうもんが普及していなかった頃の名残りなんでしょう。そう思って改めてお宅を見れば、いかにもええ味わいの旧家って感じ。早くから電話を引いて…そうそう、昔は“電話を引く”って言いましたけど、もう死語やろと思いますれば今でも使う言葉みたいで何となく意外ですわ。
 話戻して“火災通報協力の家”ですが、調べますれば全国に今も残る看板みたいです。そもそも電話がほとんどなかった頃にはこの看板、誇らしく輝いていたことでしょうなぁ。今はええ味わいを醸し出して街に貢献…優雅な余生をおくってはります。

(於:東大阪市) 思えば“火の見櫓”レベルの古さやな。

※関連記事:
止水栓、布施市と東大阪市の。』 2017年3月 記
むかしもいまも足代北1。』 2012年4月 記

|

« 昭和なプラ看板 209 ● Lovely / Ken-L 日清製粉 / 日清ペットフード | トップページ | いきなりキッチン »

懐かし…」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昭和なプラ看板 209 ● Lovely / Ken-L 日清製粉 / 日清ペットフード | トップページ | いきなりキッチン »