« 業界団体の会館 112 ◆ 京都鳶会館 | トップページ | “火災通報協力の家” »

2020年10月16日 (金)

昭和なプラ看板 209 ● Lovely / Ken-L 日清製粉 / 日清ペットフード

 ずっと昔からその存在を知るも、クルマ止めにくいし目の前がお店で何となく撮りづらいし…とほったらかしてましたが、やっぱり撮っとかな…で引きと寄りササッと2枚撮って帰宅後ストリートビュー見ると…表裏別モンですやん。てな訳で昨日京都からの帰りにもう一面撮って、ホイ公開。
Lovely Kenl1 Kenl2 昔ながらな木造建屋の軒下という環境にありながらほとんど劣化せんと輝いてます…って言っても電線が取付金具に巻かれているところを見ると一度も点灯したことないんでしょうなぁ。ま、それでいつまでもピカピカ状態が保たれているのかもしれません。
1922年に きれいな状態で残るもやっぱりイラストのテイストなんかに時代を感じさせるものがあります。よく見ると“Ken-L”の方は下に“日清ペットフード”とあり、“Lovely”の方は“日清製粉”…何ででしょうなぁ。調べるもわかりませんでした。ちなみに“Ken-L”はアメリカにおいて1922年に発売された馬肉主体の缶詰ドッグフードがはじまりとか。きっと日清がその会社と提携して商品化していたものでしょう。もうひとつの“Lovely”は日清のオリジナルで今も犬猫用の“チーズフード”にその名が使われている様です。ですが今年、日清ペットフードは三菱系のペットラインに事業譲渡してペットフードからは撤退したとのことです。
 でなわけでこの看板もきれいではあるものの、もう役目を終えたということですね。あっ、もうひとつ“米”と記された色あせたプラ看板も気になるなぁ…ですよね?。こちらはかつて取り上げたものとまぁ同じヤツですので、“昭和なプラ看板 56 ● 米 大阪第一食糧”の記事へおすすみください。

(於:奈良県生駒市) 犬猫の健康にはペットフードがええらしいけど…飽きへんのかなぁ味や食感に。

|

« 業界団体の会館 112 ◆ 京都鳶会館 | トップページ | “火災通報協力の家” »

プラ看板」カテゴリの記事

コメント

うちは副業で米屋もやってましたからプラッシー置いてたし、ビタワンもお取り寄せできました。
米屋はペットフードの販売ルートの一つだったようです。

投稿: ぽんぽこぽん | 2020年10月19日 (月) 02時00分

●ぽんぽこぽんさま
なるほど。旭ポンズがその昔かしわ屋さんとか豆腐屋さんが販売ルートになっていたのと同じ様なもんでしょうかね。
けど何です、我々が幼少の頃ってネコは知りませんけど、家族の食事の残りもんとか食べさせてましたよね。塩分摂取量的にアカンらしいですけどその方が家族の一員感があって好きですね、ほんまは。

情報おおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2020年10月20日 (火) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 業界団体の会館 112 ◆ 京都鳶会館 | トップページ | “火災通報協力の家” »