«   清   酒   | トップページ | 看板の支柱に根をおろす幼木 »

2020年9月18日 (金)

末吉橋から北の図、東横堀川午後4時46分。

 長堀橋あたりで仕事して帰路雨上がりの中、東横堀川を渡りますればいつもとちょっと景色が違います。
2009181646  阪神高速の底が足場っぽい金具とコンパネで覆われています。独特のザラツキ…これもよろしいなぁと一枚。調べますればこれ、阪神高速の耐震補強ではなくリニューアル工事でこうなっている様です。そうか…ちょこちょこ補修しつつのことながら半世紀以上激務に耐え続けてるんですもんね。そらもうちゃんととことん工事してから次の代に渡さんとあきません。あんなことこんなこと諸々先送りいっぱいで問題が起こる頃のことなんか知らんわってのが多いもんなぁ。文句言いつつ間接的には我がもその無責任に加担してる訳ですけど。反省…のしようもないな。あかんなそれでは。

(於:中央区) 先方の仕事の段取り悪すぎるも投げんと遂行…オトナになったもんや。

※関連記事:
コンクリに囲まれた都心の自然林』 2019年4月 記

|

«   清   酒   | トップページ | 看板の支柱に根をおろす幼木 »

社会」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

大阪ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



«   清   酒   | トップページ | 看板の支柱に根をおろす幼木 »