« “木が樹を支える”…5年経って。 | トップページ | 枚方は楠葉で淀川越しの夕空、午後5時44分。 »

2020年9月10日 (木)

枚方大橋あたりで淀川越しの夕焼け、午後6時8分。

 今日の空は目まぐるしく変化してどんなタイミングもドラマチック。どれにしよかと悩みつつ、結局は素直に夕焼けの写真を。
2009091808  京都での仕事帰り。ナビは国道171号を勧めるもやっぱり旧の京阪国道やろ…と淀川の土手を走りますれば終盤見晴らしのええところでちょうど夕焼け。窓ガラス開けてちゃちゃっと撮たら印象通りに写真に定着されて嬉しい限りでございます。
 ラジオのマーキーが言うに今日の陽の入りは6時12分やとか。そうか…そう言えば今朝は6時でまだ薄暗かったもんなぁ、しかも涼しいし。陽がみじかくなってこれからもっとみじかなってさみしなって…暑い日々もかなんけど、すっかり夏は知らん間に過ぎ去ってしもてました。

(於:枚方市→高槻市) 間違いはないんやがいつも感覚的に「何で淀川の向こうに陽が沈むんやろ?」って思うねんなぁ。

|

« “木が樹を支える”…5年経って。 | トップページ | 枚方は楠葉で淀川越しの夕空、午後5時44分。 »

写真」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “木が樹を支える”…5年経って。 | トップページ | 枚方は楠葉で淀川越しの夕空、午後5時44分。 »