« 煮え切らん天気の町角 | トップページ | 令和2年の自動販売機 »

2020年7月12日 (日)

十杯呑み屋

 確かに“一杯”では終わることはまずないこと思うと、これが偽りなき表示やとも思いますけども。
417a 417b  屋号からするとなおのこと十杯は呑まんと帰れんことでしょう。ま、残念ながらもうおやめになってはるみたいですけど。

(於:寝屋川市) 417”は経年変化のチリチリ加わりより独特の…

|

« 煮え切らん天気の町角 | トップページ | 令和2年の自動販売機 »

看板」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

良かれと思って付けた看板が、却って客足遠のかせちゃったかな?(笑)

投稿: ゲートウェイ高輪 | 2020年7月13日 (月) 07時25分

417、チリチリ劣化というよりは、
元々のデザイン?

10杯飲んだら、
からんだり、からまれたり、
覚悟はよいな?

投稿: mita | 2020年7月13日 (月) 12時20分

●ゲートウェイ高輪さま
「10杯くらいは呑むやろ」と何げに思てましたけど…うん、結構な量。冷静に考えると入店にはかなりの覚悟が必要。なるべきしてなった結末でしょうかね。

●mitaさま
そうです、元々薔薇っぽいフォントですね。そこにチリチリが味わい増量…はい。
酒場で絡まれる…あぁそう言えば何度かあるなぁ。他人の話に聞き耳立てて絡んでくるオバハン。ま、気の毒お方なんでしょう。てな訳で覚悟なしです。

お二人ともコメントおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2020年7月13日 (月) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 煮え切らん天気の町角 | トップページ | 令和2年の自動販売機 »