« 上下分離のマメツゲ | トップページ | 丘の上のトラック荷台はみ出しタイヤきわきわ »

2020年6月30日 (火)

町名も番地も剥奪された一角

 法治外な一角ってことか。
Chome1 Chome2  町名看板が剥がされたであろう跡。微妙に残る“-chome”が看板のみならず町名に番地までもが“剥奪された”という不穏な空気を醸し出しています。何があったのか…って知らんがな。

(於:住吉区) 普通は塗り込んで抹消するかと思うけど、ここはその逆やな。

※関連記事;
無町名無番地』 2019年12月 記

|

« 上下分離のマメツゲ | トップページ | 丘の上のトラック荷台はみ出しタイヤきわきわ »

あほらし」カテゴリの記事

町名看板」カテゴリの記事

大阪市南部」カテゴリの記事

コメント

五月雨の降り残してや光堂 
             芭蕉
住吉の塗り残してや意味ありげ
             mita

投稿: mita | 2020年7月 1日 (水) 12時03分

●mitaさま
白見えるも剥がされ褐色ジャクソンさん
             龍造

投稿: 山本龍造 | 2020年7月 2日 (木) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上下分離のマメツゲ | トップページ | 丘の上のトラック荷台はみ出しタイヤきわきわ »