« 雪印アイスクリームの冷凍庫 | トップページ | きっちり剪定、左半分だけ茂る木。 »

2020年5月21日 (木)

銀の卵なくなり、びっくりラーメンあらわる。

 あっ、びっくりラーメン
Bikkuriramen  そやそや、ここにびっくりラーメンありましたけど…何でって感じ。とっくになくなり建物も変わってそこはお好み焼の銀の卵になっていたのに突如建物ごと復活してますやん。まさにびっくり。
 ストリートビューで銀の卵時代のここを見ますと…やっぱり建物ごと違う…と思うも、どうやら全面的に別の建材で覆って新しい建物を装っていただけってことですか。へぇ、そんなことできるんですね。
 で、昔の名前で再登場のこの建物も…どうにもコンビニくさい作りですよね。記憶が定かではないのですがきっとこれ、びっくり以前はコンビニでしょう。
 看板の一部が剥がれてますけど確かここには“180円”文字が記されていたはず。そう、破格の安さである時期どんどん店舗を増やしてそれこそびっくりしてるうちに潰れて、吉野家傘下になったと思うも好転せずになくなりました。一度だけ鶴橋で一杯食しましたけど、全然その価格に味わいに不満ありませんでした。ということはそもそもその値段では無理やったってことでしょうかね。
 で、ですわ。大阪発祥のゲリラ的展開を図っていたこのラーメンチェーンを何でまた吉野家が買収したんやろってずっと思ってましたけど、何となくその謎が解けた気がして。それは創業の一号店あった場所が福島区吉野2-13やったという、ここです。吉野家創業者がこの福島区は吉野出身で、そこから“吉野家”の屋号になったと昔何かで読んだことがあります。それで吉野家が…ってこれはちょっと無茶なこじつけ、かな。
 ま、なんせ急に店舗だけですが復活したびっくりラーメン。きっと期間限定。懐かしさ味わうのは今のうち。お急ぎください。

(於:東大阪市) 店舗前の駐車スペースも舗装剥がして元どおりに…これもびっくり。

|

« 雪印アイスクリームの冷凍庫 | トップページ | きっちり剪定、左半分だけ茂る木。 »

懐かし…」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪印アイスクリームの冷凍庫 | トップページ | きっちり剪定、左半分だけ茂る木。 »