« ソース 68 ▲ カギ印ソース 特製ウスターソース | トップページ | 飛鳥路を行く路線バス、1990年1月。 »

2020年4月25日 (土)

気の毒に思うより何かかっこええ伐られ木

 街路樹…と言っても産創館の敷地内に植えられた木がまぁ、こんな感じ。
Sansoukan1 Sansoukan2  普通、何とも痛々しく思う図なんですけど、妙にかっこよろしいなぁ。伐られるも知らん顔してるその男前な感じは当然のことながら、デザイン的にもなかなかすぐれてるなぁと思いまして。ま、新緑の勢いがそう感じさせるのでしょうかね。
 で、いったいいつ伐られたんかいなといつも通りストリートビューで見ますと2013年末から2014年に伐られた模様。この状態でもう6年ほど経つこと思うとそれなりの風格を備えていて当然とも言えますか。そやなぁ過去を恨むことなく今を生きんとアカンですな…って別に恨むべき過去はありませんけど。

(於:中央区) 幹の芯から腐ってこんかそこが心配。

※関連記事:
切り株から完全復活の木』 2016年3月記
ばっさり斬られるも、知らん顔して復活を遂げる木。』 2015年10月 記
巨木伐られてキノコ風』 2015年10月 記
幹完全に腐るも新芽を出す老木』 2015年5月 記
幹腐って伐られても生き抜く。』 2013年6月 記

|

« ソース 68 ▲ カギ印ソース 特製ウスターソース | トップページ | 飛鳥路を行く路線バス、1990年1月。 »

植物」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ソース 68 ▲ カギ印ソース 特製ウスターソース | トップページ | 飛鳥路を行く路線バス、1990年1月。 »