« 昭和なプラ看板 203 ● 清酒 灘扇 | トップページ | 気の毒に思うより何かかっこええ伐られ木 »

2020年4月24日 (金)

ソース 68 ▲ カギ印ソース 特製ウスターソース

 “ソース 67”のそれ同様、昨夏仕事で訪れた下関で買ったカギ印ソース。今回はウスターを味わいました。
Kjsw1 レッテルは深紅。とんかつソースは黒でしたが、どうもイメージが逆な風に思います…と記しつつ、大手をはじめ概ねウスターのパッケージは赤基調ですからこれでよし。マークに商品名、ほか「大正十年創業 下関 故郷の味!」の文言、下部には「大地の恵みを“ギュッ”ソースは自然がくれた調味料!」とこの社のソースに対する思いがしっかり記されています。
 まずはそのまま。ボトルの底の沈殿物はほとんどありません。一般的な色味。口に含めばソース味の中にだしっぽい旨味(?)とセロリっぽい風味を感じます。スパイシーさはさほど感じない…と思うも、後からピリリ効いてきて、うっすらした苦味が大人な味わいを演出している…ってちとクサイ表現ですね。
Kjsw2Kjsw3 次に今回も焼きそばにして味わってみました。具にイカを使ったというのもあるのかもしれませんが、もひとつソース感にかける仕上がりになりました。「ソース足りなんだんか?」とも思いましたが、旨味や塩味は充分で最後まで美味しいおいしいと食べることができました。「ドヤっ」なソースではない奥ゆかしい旨ソースってところでしょうか。ホッとする…そんなソースでした。ごちそうさん。

品名:ウスターソース 原材料名:野菜・果実(タマネギ、トマト人参、りんご、セロリー、ニンニク、生姜)、砂糖、食塩、醸造酢香辛料、肉エキス(チキン、ポーク、ビーフ)/カラメル色素、酸味料、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア)(一部に鶏肉、豚肉、牛肉を含む)  製造者:株式会社 勝俣商会 山口県下関市長崎新町9-14

  大正10年創業…港町のハイカラな味やったことでしょうな。

※関連記事:
ソース 67 ▲ カギ印ソース 特製とんかつソース
2020年3月 記
錆びボコながら…カギ印ソースの琺瑯看板発見』 2019年8月 記
ソース 22 ▲ 下関ソース とんかつ』 2011年2月 記

|

« 昭和なプラ看板 203 ● 清酒 灘扇 | トップページ | 気の毒に思うより何かかっこええ伐られ木 »

ソース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昭和なプラ看板 203 ● 清酒 灘扇 | トップページ | 気の毒に思うより何かかっこええ伐られ木 »