« 琺瑯タンクの余生 50 ● 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字新城 | トップページ | 鈴蘭台西町一丁目1の坂道 »

2020年2月10日 (月)

現KANBIにグラムールのブリキ看板…

 どれもこれも味あるブリキ看板が貼られた木造家屋の壁面ですけど、特に気になるのはこれですな。
Kanbi1 Kanbi2  お嬢ちゃんも僕ちゃんも…ついでにフェンダーミラーのクルマも昭和そのもの。で、どこの看板やねんと見ますと“関西高等 美容/理容 専門学校”と肝心の“美容・理容”の小ささに違和感を覚えます。その割に“フランス国立理美容学校姉妹校”なる文言も書かれていて、絵の持つ世界観と全然統一感がないところが…よろしいなぁ。
 で、電話番号や住所からすると、上の“テンマ校”と記されているのが現・関西美容専門学校で、下の“ナンバ校”は現・グラムール美容専門学校の様です。あれこれ調べてみましたが、どうやら同根の学校ながら、今は別の法人となっているみたいです。
 で、大概古い看板ですけど、関西美容専門学校の沿革を見ると先に触れたフランスの学校の姉妹校になったのが1977年とあるところをみると、たかだか40年ほど前の看板なんですね。いかにも古そうに思うもそんなもんか…って充分古いですか。っていうことは我がもえかげん古い古い人間やってことですな。客観視するとこの看板レベルの老いぼれか…と思うと、しんどなってきました。

(於:和歌山県有田川町) 大阪に何や美容の学校多いなと思ってたら、こんな風に学生集めてたんや。

|

« 琺瑯タンクの余生 50 ● 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字新城 | トップページ | 鈴蘭台西町一丁目1の坂道 »

看板」カテゴリの記事

コメント

東区と天満橋松坂屋、今はどちらもありませんね…(・ω・`)

投稿: サルナ | 2020年2月11日 (火) 18時06分

●サルナさま
おっと、まだアホげを見捨てることなく今に至ってくれてはったんですね。元気にしてはりましたか。毎度ながらまず改めて御礼申し上げます。
はい、なくなりましたよねどっちも。その流れはやがて“大阪市の消滅”にまで…アカンあかん。それは一大事。嫌です(私見です)。
“ナンバ・テンマ”と言えば「高砂殿」も、知らん間に…時代は変わっていくなぁ。ま、それ思うとアホげは何なんと

コメントおおきにです。
また気楽に書き込み頂ければ幸いに存じます。

投稿: 山本龍造 | 2020年2月13日 (木) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 琺瑯タンクの余生 50 ● 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字新城 | トップページ | 鈴蘭台西町一丁目1の坂道 »