« 雨の中塀の向こうに春きたる | トップページ | 昭和なプラ看板 197 ● 共進牛乳 »

2020年2月15日 (土)

過保護シュロ、目立ちつつ家屋に調和してる図。

 茶の湯のセンセに紹介頂いて植木屋さんとあれこれ。シュロの木見つけて「これは伐っときましょか、大きなってそのうち家に当たりますわ」と。そう言えば今までにもめちゃ生長したシュロを何度も見ては記事化しましたけど、どの記事やったか思い出せませんわありすぎて。
Ipponshuro2 Ipponshuro1  てなわけで、これ。シュロが一本立派に生長してますわ。伐り倒されることなくナミイタもシュロに合わせてくり抜かれていて、このお宅の象徴として大事にされている感じでよろしいなぁ。孤高の一本シュロ…これはこれでオッケーなるも、うちのシュロはどうしましょうかね。

(於:大阪市中央区) 若くもしっかりしたええ職人さんに出会えて今日はええ一日や。

|

« 雨の中塀の向こうに春きたる | トップページ | 昭和なプラ看板 197 ● 共進牛乳 »

思ったこと」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨の中塀の向こうに春きたる | トップページ | 昭和なプラ看板 197 ● 共進牛乳 »