« 鈴蘭台西町一丁目1の坂道 | トップページ | 雨降りそうな空の下に春 »

2020年2月12日 (水)

川端宏房 漆芸展、ええなぁ。

 どれもこれも独特の世界観…いや、宇宙があるねんなぁ。
Mohe あれこれ気に入ったのが売れてしもたらアカンと川端宏房漆芸展の初日になんばの高島屋6階美術画廊へ行ってきました。数年前にも京都での個展で見せてもらったことがありますけど、やっぱり先に記した通りの印象でよろしいなぁ。会場に書かれていた言葉通りの世界がそこにありましたわ。どんなことが書いてあったか。要約すると“美しい水の惑星(地球)を漆と鉱物などで表現”…いや、アカンなぁ。氏の持ち味は要約しても伝わりません。お人柄そのものが作品に表れている…なんて言えるほど氏のことは存じ上げませんが。
 てな訳で“◯△□多数蒔絵盃”ともへちゃん(氏の創作キャラクター)付きの“饅頭切り”を入手。「展覧会終わるまでええですよ」と言うも「まだまだ展示できてないのがありますから持ち帰ってください」と氏。まだまだあるっ…それでも早い方がええかと。18日(火)まで。

  天才って感じなんやねんなぁ。お人が。

※関連サイト:
【ご案内】大阪ええモン~漆芸家 川端宏房』 大阪タカシマヤさんのブログ記事

|

« 鈴蘭台西町一丁目1の坂道 | トップページ | 雨降りそうな空の下に春 »

文化・芸術」カテゴリの記事

茶の湯」カテゴリの記事

コメント

〇△□、継続、次回も?

投稿: mita | 2020年2月13日 (木) 10時16分

●mitaさま
まぁ探せばそこここにあるかと、〇△□。

そんなもんでしょう、アホげですから。

投稿: 山本龍造 | 2020年2月14日 (金) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鈴蘭台西町一丁目1の坂道 | トップページ | 雨降りそうな空の下に春 »