« 雨降りそうな空の下に春 | トップページ | 過保護シュロ、目立ちつつ家屋に調和してる図。 »

2020年2月14日 (金)

雨の中塀の向こうに春きたる

 堺は西区某所で仕事して、帰ろと思えば外は雨。ただでさえ温い二月、湿気も手伝って外套いらんやんと思いつつ道いきますれば、塀越しに春が来てまっせ。
Umeshakkei  かなん天気やなと思ってましたけど、このしっとりさ加減は雨ならでは。桜と違ってやっぱり梅はこういう風情が沁みるってもんです。うん、春近しや。

(於:堺市西区) ←写真の世界観と全然ちゃいまんな。

|

« 雨降りそうな空の下に春 | トップページ | 過保護シュロ、目立ちつつ家屋に調和してる図。 »

植物」カテゴリの記事

泉州・堺」カテゴリの記事

コメント

そうですね、梅はしっとり感が似合いますね。
それにしてもこの暖冬で、梅も早い。
そうかと思えば、明日は雪の予報、どうなってるんでしょうね。

投稿: ぽんぽこやま | 2020年2月17日 (月) 01時07分

●ぽんぽこやまさま
いやほんま、暖冬に慣れてしもて今朝は寒いさむい。
どうなってるんでしょう…天気を含めて。いろいろ過渡期なんでしょうか。うまく生き延びなければなりません…って、ちと大袈裟ですかね。

コメントおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2020年2月17日 (月) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨降りそうな空の下に春 | トップページ | 過保護シュロ、目立ちつつ家屋に調和してる図。 »