« 大阪駅前第一ビル前の植え込み | トップページ | 昭和なプラ看板 196 ● 大協ホーム灯油の店 »

2020年2月 5日 (水)

1ビルの、虚しさ漂う広告枠。

 全体の形状も中央部にあるスイス風写真(?)もかなり前時代的ですなぁ。
Ichibirunaka  電飾看板というよりもはや照明器具としての余生を過ごしているって感じに思うも諦めることなく貼り紙には“広告枠契約者募集”の文字。この状態ももう何十年と続いているに違いないわと思うもストリートビューでチェックしますれば、かろうじて4つの広告が載ってました。でも逆にその方が不憫に見えるってもんです。しかしながら1〜4ビルってのは…微妙でんな。

(於:北区) キタはますますキタへって感じ。

|

« 大阪駅前第一ビル前の植え込み | トップページ | 昭和なプラ看板 196 ● 大協ホーム灯油の店 »

看板」カテゴリの記事

何げな」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

大阪ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪駅前第一ビル前の植え込み | トップページ | 昭和なプラ看板 196 ● 大協ホーム灯油の店 »