« お茶事で雑感 | トップページ | 駐車違反ー1点、御葬儀は3万5千円より »

2020年1月12日 (日)

竹やぶの中から家屋あらわる

 竹の繁殖力はいかに強いかって思い知らせれます。
Takeyabuya  先日和歌山は有田からの帰路、ふと目にした景色が気になってクルマから降りて改めて見ますと…ワッて感じ。家が竹やぶに飲み込まれつつある最中ですわ。右側の建物はもう既に建物の中まで竹が生えてる様に見受けられます。自然に還ると思えば自然な光景なのかもしれませんけど、ちょっと恐ろしいですなぁ。
 以前はどんな感じやったのかも気になるところ。いつもの様にGoogleのストリートビューで過去を見てみますれば…え?まるまる竹に覆われて建物が見えません。上から見ても全く見えず…そうか、手前が刈られてようやく世間もその存在に気づいたってことなんでしょう。
 むかし、茶の湯の姉弟子から「畳が持ち上がってきて妙やなと思ってたら床下から竹が生えてきた」という話を聞いたことがあります。それ思えばまぁ当然の結果なのかもしれませんけど…いやぁ、すごいわ、竹の生命力って。

(於:和歌山県海南市) そもそもここでどの様な生活が営まれていたんでしょうなぁ。

※関連記事:
これぞバンブーハウスや』 2008年4月 記

|

« お茶事で雑感 | トップページ | 駐車違反ー1点、御葬儀は3万5千円より »

植物」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

コメント

「竹」という萩原朔太郎の詩があります。
その詩情からは、遠いような近いような…

投稿: mita | 2020年1月16日 (木) 10時31分

●mitaさま
読みました。読解力低め故、遠いのか近いのか…
まぁ確かにどっちもかも

コメントおおきにす。

投稿: 山本龍造 | 2020年1月17日 (金) 13時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お茶事で雑感 | トップページ | 駐車違反ー1点、御葬儀は3万5千円より »