« 城東区野江二丁目6の角 | トップページ | お茶事の手伝いで雑感 »

2020年1月24日 (金)

ちっちゃい“うだつ”

 地味ながら、にくいヤツ。
Udatsu1 Udatsu2  これを“うだつ”と解釈してええのか否かって問うのは無粋ってもんょ。

(於:城東区) ほんまは何でしょ? 柱が突き出てそれにモルタル塗ってるのかも。

※関連記事:
昭和なモルタル長屋に“うだつ”?』 2018年7月 記

|

« 城東区野江二丁目6の角 | トップページ | お茶事の手伝いで雑感 »

建造物」カテゴリの記事

大阪市東部」カテゴリの記事

コメント

ほんとに元が何か気になりますねー

角地、
店舗だったようなたたずまい。
看板が塗りこめられているような気もしますが。
それとも、部屋の中からは、秘密の空間、
宝物がはいっているかも。
なんてことないか~

投稿: mita | 2020年1月26日 (日) 10時08分

●mitaさま
確かにここは元和菓子屋さんの店舗です。ここに宝物でも入っているとすると…畳まなんで済んだんやろうにと思うと、なんとも言えん気分になってきました。

コメントおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2020年2月 2日 (日) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 城東区野江二丁目6の角 | トップページ | お茶事の手伝いで雑感 »